ビューティー

魅力的になるためにはまず自分を研究すべし!

あなたの身近な人に、いつ見ても魅力的な人だな、と思う人はいませんか?

また街を歩いていてすれ違った瞬間、笑顔がとても素敵でなんだか魅力がある人だな、と思った経験はありませんか?

そして多くの人は、自分自身も魅力のある人間になりたいという欲求があると思います。

魅力的な人間になるには、まず自分自身をとことん研究することです。
そして、自分を知り、少しずつでも自信を持っていくことが第一歩となります。

それでは、あなたも魅力的な人間になるべく、さっそく詳しく見ていきましょう!




Sponsored Links
 

魅力的になるためにはまず自分を研究すべし!


まずは精神論からお話ししましょう。
自分を魅力的に見せるには、まず自分の得意なことをひとつでも見つけて、それに自信を持つことです。
細かい作業が得意だとか、掃除が上手だとか、何でもいいのです。

そのとき、決して人と比較して得意なもの、という考え方をしないでください。
自分の中で得意なもの。それに対して自信を持つのです。
最初は小さな自信でも、自分はこれが得意なのだと意識していると、いつの日かそれが大きな自信となっていくのです。
すると、ほかのことに対しても自信が生まれてきます。
その自信があなたの個性を強調し、魅力的に育てあげてくれるのです。

そしてもうひとつは、他人のことを悪く思ったり、憎んだり恨んだり、悪口を言ったりしないよう常に心がけることです。
もちろん、愚痴なんか言ってはいけません。

他人の悪口を言ったりすると、それだけであなたの表情は崩れるでしょう。
また、他人を恨んだりすると、あなたの口元は歪んでしまうでしょう。

一方、優しくおおらかな気持ちを持った人の表情には、人から愛されるゆったりとした魅力があります。

魅力というのは、まず自分自身で感じるものだといいました。
それと同時に、魅力とは内面から育っていくものだと思います。
魅力の素は、あなたの心の内部で芽を出し、それが育っていくにつれ、外面にも表われてくるのです。
ですから、普段から心や気持ちがゆったりしていることが大切なのです。

そして技術論です。
鏡に向かって、自分のいちばん素敵だと思う表情を研究してください。
ナルシストだなんて思わないで、まず自分を知ることから始めるのです。
そうして自分のいちばん魅力的な表情がわかったら、それをいつも意識するのです。

他人の魅力的な表情にはすぐ気がついても、自分の魅力的な表情って自分ではなかなか気がつかないものです。
それを自分で見つけるのです。

そして意識するのです。
とにかく自分を知ることこそが、魅力的になるいちばんの近道なのです。



関連記事

  1. 相手の会話や表情から読み解ける心理とは?
  2. 神道とは何か?…神と仏の日本史を簡単に知る
  3. 日本の「お年玉」の起源はお餅だった?!
  4. 海水を舐めると浄化作用があるって本当?
  5. なぜ人は「自分の臭い」がわからないのか?
  6. 「秋ナスは嫁に食わすな」の由来と意味とは?
  7. 過去の辛い記憶のせい「今を楽しめない」と感じる人へ
  8. 親しくなればなるほどケンカも多くなるワケがあった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

手を使って食事をすると眠っていた感覚が目覚める?!

このストレス社会で毎日生活をしていると、だんだんと心も体も疲れ、擦り減っていきます。カラオケ…

明るい服を着ると運気が高まるのはなぜ?

皆さんは「色の明るさ」に関して、普段から意識していますか?明るいもの、明るい色というのは、マイナ…

「髪をさわる」・「頭に触れる」自己親密行動と心理的な意味

無くて七癖という言葉があります。無いように思っていても、人には7つくらいは癖(クセ)があるという…

パワースポット住吉大社の属性は「水」

大阪府大阪市住吉区住吉二丁目にある神社である住吉大社(すみよしたいしゃ)をご存知でしょうか。住吉…

聖骸布は本物か偽物か?…

イタリアのトリノにある聖ヨハネ大聖堂に、一枚の古い布が保存されているはご存知でしょうか。「トリノ…

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 奈良「大神神社」のパワースポットとご利益
  2. 「運がいい人」や「幸せな人」が毎日必ずやってることって?!
  3. 男性の「脈ありサイン」はこんなところに現れる?!
  4. 夢占い…「走るけど進まない」夢を見たら?
  5. 「色の好み」からわかる性格分類
Sponsored Links
PAGE TOP