ライフスタイル

自分に自信がない…と劣等感を抱いている人が勘違いしていることとは?!




自分に自信が持てない…
どうやったら自分に自信を持つことができるのか…と悩んでいる人がけっこういます。

そのような人は、大抵、全てに対して自信を持てなければダメだと勘違いしているところがあります。

そんなことは不可能ですから、一生、自信が持てない…と悩み続けて終ってしまいます。

まずはその勘違いを改めて、本当の意味で「自信を持つ」ことを考え直してみませんか?




Sponsored Links

自分に自信がない…と劣等感を抱いている人が勘違いしていることとは?!


よく、上司に「もっと自信を持って仕事をしろ!」といわれるけれど、そもそも「どうしたら自信が持てるのか」がわからない、という人も多いでしょう。

はっきりいって、自信なんてそうそう持てるものではありません。
それどころか、「私は何に対しても自信満々です」などという人は、この世でもっとも信頼できない人でしょう。

世の中のほとんどのことについては自信がない…
これは当たり前の話です。

なぜなら、自分が知っていることに比べ、世の中には「知らないこと」のほうが圧倒的に多いからです。

そんなわずかなことしか知らないのに、どうして「自信満々です」なんていえるのでしょうか。
そんなことを臆面もなくいえるとしたら、逆に不思議でなりません。

だから、自信がない、と悩んでいる人はまず安心してください。

自信がないのは当たり前です。
「自信が持てない」と悩むほうが、むしろおかしいのです。

そんなことに悩むより「自信満々なんておこがましい」という普通の感覚を身につけてください。
それが大前提です。

しかし、私たちは世の中すべての事柄に関して「自信がない」といって、無責任でいていいわけではありませんよね。

せめて自分が仕事として担っている範囲、専門として関わっている分野においては「小さな自信」を持たなければなりません。
ここが本来の「自信を持つ」上で、大切なことです。

誰しも仕事として担える範囲などほんのわずかでしかありません。

総理大臣だろうが、大企業の社長だろうが、巨大プロジェクトのリーダーだろうが、その人個人が担っている範囲は実に些細なもの。
「オレはこの会社全体を支えているんだ」、「オレの力でこのプロジェクトを成功させてやる」なんていうのは、完全な思いあがりです。

一人ひとりが担えるのは、ほんのわずかな部分です。

ただし、そのわずかな部分においては自信を持って完璧にこなす。
これが仕事の基本です。

仕事に関してまったく自信が持てない人は、「分不相応なくらい、幅広い自信」を持とうとしているのではないでしょうか。
「あれも、これもできなければいけない」と思えば、自信なんてなくなります。

「あれも、これも」やろうとしても忙しくなるばかりで、心が壊れてしまうだけです。
あらゆることに対して「やらなければいけない」、「このくらいできなければダメだ」と考えるのではなく、自分の手に負える幅を考えてみてください。

あなたが担えるのは、ほんのわずか。
そのわずかな部分とはどこでしょうか。
あなたに仕事を依頼した人が、本当にあなたに期待しているのはどこでしょうか。

その小さなポイントを見つけて、その部分だけは完璧にこなせるように精進する。
自信をつけるとしたら、これしかありません。

逆にいうなら、自分が「できること」と「できないこと」を明確に区別するのも、自信をつけるコツです。

どんな人にも「できること」と「できないこと」があります。
そして、社会というのは、あなたに「できること」を依頼してくるもので、「できないこと」は依頼してきません。

その人にできる範囲のことを、求めてやってくるのです。

「自信が持てない」と悩む人は、まず「自分に何ができるのか」、「何ができないのか」を考えてみてください。

きちんと自分を見つめれば、きっと何か「できること」があるはずです。
そして、その「できること」を完璧にこなすことこそ、仕事をするということ、自信を持つということです。

仕事として自分が担っている部分を理解する。
「相手が何を求めているのか」を考える。

自信のタネはそこにあります。
それでもし「自分にはできないことを相手(たとえば上司など)が要求している」としたら、それは相手の責任です。
そんなものを気に病む必要はありません。

あなたにできる範囲のことを自信を持ってこなすだけです。




Sponsored Links


関連記事

  1. 真言宗とは?…真言宗の歴史や宗派ができるまで
  2. ことわざ「人を呪わば…」の「穴二つ」の意味とは?
  3. 仏教における「四苦」の意味とは?
  4. ルルドの泉からあふれる奇跡の水のご利益とは?
  5. ムハンマドの妻・ハディージャが初のイスラム教徒?!
  6. パワースポット「小笠原諸島」と「大神山神社」
  7. 磐梯山(ばんだいさん)の自然エネルギー
  8. キリスト教における「原罪」の意味とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

イスラム教徒の法「シャリーア」とは?

イスラム教徒の法である「シャリーア」という言葉を聞いたことがありますか?「シャリーア」とは一…

パワースポット「熊野本宮大社」と大斎原について

熊野の神々は自然信仰に根ざしていました神社…それが和歌山県田辺市本宮町本宮にある「熊野本宮大社(…

パーソナリティーナンバーに「6」を持つ人の印象とは?

パーソナリティーナンバーに「6」を持つ人は、周囲にいる人々を一段上から包み込む、母親のような雰囲気を…

針供養するなら2018年は東京都内のどこに行けばいい?

2018年2月8日(木)は「針供養」の日ですね。針供養では、1年間使った針を供養する…また縫…

「AB型×牡牛(おうし)座」男性の取り扱い説明書

「AB型×牡牛(おうし)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、ど…

月別アーカイブ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. なぜイエスは弟子のユダに裏切りにあったのか?
  2. 女性らしさとは何か…女性らしさを高めるためにはどうすれば?
  3. 自分は必要とされてないと思ってしまうのはなぜ?
  4. 「チョコレート」で疲れを取ることなんかできない?!
  5. 「女の服の中しか見ない男」と「男の財布の中しか見ない女」の恋愛観
Sponsored Links
PAGE TOP