ライフスタイル

見栄を張ることは必ずしもマイナスではない?

ここぞとばかりに自分を良く見せようと、見栄を張ってしまう人は多いのではないでしょうか。
特に男性はプライドを傷つけられたくないと、ついつい見栄を張ってしまう人が多いです。

もはや意識していなくても見栄を張ることが癖になってしまっている・・・・そんな癖をできれば直したい・・・そう思っている人も多いのかと思います。

見栄を張ることは、マイナスのイメージが強いですが、必ずしも悪いことなのでしょうか。

そしてなぜ人は見栄を張るのか?見ていきましょう。




Sponsored Links

 

見栄を張ることは必ずしもマイナスではない?


「みえ」も、「みばえ」も、同じく「見栄」という漢字をあてます。
そう考えると、見栄をはるというのは、もう一枚、余計な服を着るようなこと…

つまり、そのときどきの状況に合わせて見栄えを考え、気持ちの服を着ることといえるのではないでしょうか。
ですから見栄は、まったく有害なものではないと思います。

ただ、見栄をはりすぎると苦労します。
見栄をはってつい言ってしまった一言に、あとから苦しむことはよくあります。

とんでもない散財をすることにもなりかねません。
自分を犠牲にすることのないよう、見栄をはるのもほどほどにしておきましょう。

けれど、自分自身がパリッとして気持ちよくなれるのなら、少々の見栄はいいと思います。
いえ、むしろ大切なものかもしれません。
それは、男の場合はダンディズムとなり、女性の場合はエレガンスとなることもあるからです。
そういう意味での見栄はどちらもとても素敵だと思います。

見栄という一枚の余計な服が、知識、教養としての服なのか、財産としての服なのか、交友関係をよくするための服なのか、人気を集めるための服なのかということは、人それぞれ、そのときどきによってさまざまでしょう。

たいそう見栄をはってしまったので、そのために努力した、というのならよいことです。
しかし、そのために夜逃げをした、というのでは目もあてられません。

また、見栄をはってしまうのは、それだけエネルギーがあり余っている証拠でもあります。
ダンディであろうとするため、エレガントであろうとするためのエネルギーだと思います。

そのエネルギーが、あなた自身を粋に演出したり、あなた自身のおしゃれを表現したりするのでしょう。

見栄を粋に上手に着こなして、あなたなりの生き方を表現してください。
ただし、後悔しないためには、ちょっと背伸びするくらいに留めておくことが大切です。



関連記事

  1. 「奈良の大仏」の作り方とは?
  2. 日本仏教における戒律とは?
  3. 素直な心は人を魅力的にする意味
  4. あなたのどこに注目したかで相手の心理を読むことができる?!
  5. イメージするだけでいいの?ポジティブシンキングの力
  6. 気の使い方がうまい人と気の使い方がわからない人の大きな違い
  7. 2017年「初地蔵」…東京は巣鴨がおすすめな理由
  8. 感情をストレートに表現するのはどうしたらいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

武田舞香(振付師)と中居正広の結婚を「姓名判断」から占う

誰もが知る元SMAPのリーダー中居正広(なかいまさひろ)さん(45歳)…そして、かねてよりお付き…

「~なんて無駄だ!」が口癖の人の心理とはどんなもの?

みんなで相談したり、会議をする中で「~なんて無駄だ!」という人はいませんか?それを言っちゃお…

夢占い「手を洗う」・「手をケガする」・「握手する」などの夢の意味

夢で「手」が出てきた…「手」を印象的に覚えている夢だった…そんな時、夢占いにはこのような意味…

パワーストーン「オパール」の効果や浄化方法

オパール(opal)はサンスクリット語で「宝の石」を意味し、ウパーラが名称の語源です。たっぷりと…

24日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命

スピリチュアルの世界において誕生日…特に「生まれた日」の数字は大きな意味を持っています。…

月別アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. パワースポット「霧島神宮」の属性と効果
  2. 奇跡は1ヵ月に1度起きている…リトルウッドの法則
  3. プロポーズできない男の背中を押す「とっておきの言葉」
  4. ヒンドゥー教のドーティーとサリー
  5. なぜ人は元旦に「初日の出」を見たがるのか?
Sponsored Links
PAGE TOP