ライフスタイル

2017年幼児虐待の件数と連鎖を生む恐ろしさとは?!




昨今、ニュースを見ていると様々な暗く悲しいニュースが目に飛び込んできます。

そして幼児虐待のニュースもその一つ…
近年、幼児虐待に関するニュースをよく目にするようになりました。
目にした瞬間、辛く悲しくいたたまれない気持ちになります。

未来をたくさん背負った子供たちが、ましてや自分の親に虐待を受けるとは…決してあってはならないことです。

しかし、それが現実に起こっているのです。

平成29年度の児童虐待の件数と共に、幼児虐待による恐ろしさを考えていきたいと思います。




Sponsored Links

2017年幼児虐待の件数と連鎖を生む恐ろしさとは?!


平成30年8月30日厚生労働省の公表により、全国の児童相談所(児相)が平成29年度に対応した児童虐待の件数は、13万3778件(速報値)で、前年度より1万1203件(9.1%)増え、過去最多を更新したことがわかりました。

調査を開始した2年度から27年連続で増加。
28年度中に虐待で死亡した子供が77人いたとの死亡事例(心中の28人含む)の検証結果も公表されました。

この結果によると、減少するどころか、年々増加しています。

増加傾向にある理由の一つに、虐待を受けた子どもは無意識のうちにまた子どもを虐待する…ということがあると思います。
そこで悲劇の連鎖方程式を止めるのは、親の忍耐と愛情です。
子どもに負の遺産を残さないように注意が必要です。

暴力的な両親の手から救い出され、施設に保護される子どもの数は年々増加の一途をたどっています。

しかし、保護されたからといって安心するわけにはいきません。
親から虐待を受けた経験を持つ子どもたちは心に大きな傷を負い、歪んだ人間関係を持つことがあるからです。

家の中で接する唯一の相手から虐待を受け続けた子どもは、成人してからも自分を傷つける人を愛しがちな傾向にあります。
傷つけられたことしかないため、そのような相手に安心感を抱いてしまうのです。

ほかにも幼児虐待を受けた人たちは、自殺願望、過食、対人恐怖症などに悩まされることがわかっています。

しかし最も深刻なのは、幼児虐待を受けた人たちのなかには、無意識のうちに自分が受けたのと同じような接し方を子どもにしてしまう人が多いということです。
つまり自分がされたように、自分の子どもも虐待してしまうのです。

このように幼児虐待は無限の連鎖を生むことを知っておいてください。




Sponsored Links


関連記事

  1. 2018年「日高火防祭」日程とアクセス(駐車場)
  2. 男はなぜ女に暴力 をふるってしまうのか?…
  3. 身振り手振りでわかるその人の深層心理とは?
  4. 男が持つ「カバン」から性格がわかるってホント?!
  5. 悲しみから立ち直るための「三段階」とは?
  6. 青森県「黒石よされ祭り」の歴史とアクセス(駐車場)
  7. 運命は変えられるのか?…その答えを探る
  8. 電車でメイクするとなぜ運気が悪くなるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

縁結びだけではない…パワースポット「出雲大社」の効果とご利益とは?

「いずもたいしゃ」と呼ばれることが多いのですが、正式名称は「いずもおおやしろ」…島根県出雲市大社…

「B型で兄弟姉妹が一人の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。そし…

夢占い…溺れて助けられる・溺れる人を助ける夢を見たら?

溺れて助けられる夢を見た…溺れる人を助ける夢を見た…夢占いでは、このような夢にも意味があるの…

終末観の意味や思想とは何なのか?

宗教上における終末観の意味をご存知でしょうか。終末観とは、世界の最後や人類の最終的運命に関す…

「不幸自慢」する人の心理って一体…?!

あなたの周りにいませんか?…自分の「不幸自慢」する人が。前にこんなことがあって…実は…

月別アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 2016年関東圏で最高の「開運パワースポット」ならこの場所しかない!?
  2. 世界中の人が信仰する「宗教」とは何なのか?
  3. 自分自身への破壊願望を持ってしまう原因とは?
  4. 女は臭い方がイイ?臭い女が好きな男性の秘められた心理
  5. 「A型✖山羊座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
Sponsored Links
PAGE TOP