ライフスタイル

「輪廻転生」は本当にあるのか?

あなたは、輪廻転生は本当にあると思いますか?
輪廻転生とは、転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言います。

小さい頃からよく、もし死んで生まれ変わったらまた人間になりたいなとか、蟻にはなりたくないなあ、など言っていませんでしたか?
大人になってからも、自分の人生を不幸なものだと感じた時、死んで新しく生まれ変わり、今度は幸せな人生を送りたい・・・などと思う時はありますよね。

では、輪廻転生とは本当にあるのかどうか、見ていきましょう。




Sponsored Links
 

輪廻転生は本当にあるのか?


輪廻転生は、確かにあるといえるでしょう。
ただ、輪廻転生の本来の意味を勘違いしている人が、意外と多いと思います。
その誤解を解いていきましょう。

この世(現世)は「苦の娑婆(しゃば)」と言って、苦労を課せられ、魂の修行をする場です。
なぜなら、この世というのは、親にさえ殺されてしまうことがあるような、とても危険な場所なのです。
生まれることは、死ぬことよりもずっと怖い。
だから「苦の娑婆」なのです。

では、なぜ、この世で修行をするのでしょうか。
それは「あの世」、つまり亡くなったあとの世界で神の審判を受けるときのために、現世で苦しい修行を積むわけです。

現世で一生懸命努力し、心を清め、善を積んだ人は、あの世では魂のレベルが高いと評価されます。
そして、ここが肝心なのですが、魂のレベルが高くなればなるほど、「苦の娑婆」である現世には生まれ変わらなくなります。
なぜなら、あの世は楽園だからです。

現世より、あの世のほうがずっと素晴らしく、楽しい。
魂のレベルが高くなれば、その楽園である天国に長く留まり、安らかな暮らしを送ることができるのです。

ところが、生まれ変わる人というのは、あの世の入り口で、魂の修行がまだまだ足りないと判断された人。
もう一度、現世に戻って修行を積んできなさいと、神様から審判を下されて、生まれ変わってくるのです。

このように、現世で魂の修行を怠けた人は、何度でも生まれ変わり、「苦の娑婆」を経験することになります。
ですから、この世で行いが悪い人は、楽園である天国を体験することなどできません。
すぐさま現世に生まれ変わって、またつらい修行を積まなければならないのです。

こう考えると、生まれ変わることが決して幸福なことではないということが、おわかりになると思います。
今の人生が不幸なことばかりで、ちっともいい人生ではないからといって、生まれ変わって来世に期待するというのは、ちょっと違いますよね。
でも、そう考えている人が、とても多いような気がします。
生まれ変わったらもっとハッピーな人生が待っているかもしれない…
そう思うのは、一種の「逃げ」です。

「早く生まれ変わりたい」と思うのは、それだけ今の人生を精一杯生きていない証拠です。
現世で与えられた試練を、真正面から受け止め、努力して精神を磨く。

それができなければ、生まれ変わったとしても同じこと…
必ず募はついてまわるのです。

生まれ変わらなくてもすむように、今生で精進し、しっかりと魂を磨く。
そして楽園の天国で、自由に楽しく暮らす。
それが魂の理想的な終着点です。

ぜひそこを目指し、努力し、今の人生を存分に最後まで生ききってください。
それが最大の幸せなのです。



関連記事

  1. 運が悪くなる「キラキラネーム」で親が後悔している割合が5割?!
  2. 時宗とは?…時宗の開祖「一遍」の踊り念仏
  3. 雛祭りと出される料理…その由来や起源について
  4. 縁起のいい夢…「三なすび」の意味や由来とは?
  5. 聖書に登場した「三賢者」とは一体何者なのか?
  6. 干支の意味や由来について…
  7. 北海道のコロポックルは埼玉にもいた?!
  8. 腕時計を外すと本当に大切なことを取り戻せる!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

キリスト教の聖人「ゲオルギウス」とは?

キリスト教には様々な聖人がいるが、勇敢にもドラゴンを退治したという伝説を持つ聖人がいます。それは…

トラウマ理論は実は存在しない?!

トラウマ....という言葉。口にしたことがある人も多いのではないでしょうか。例えば猫が苦…

色や花瓶…トイレ風水でやってはいけない9つのNG

トイレは「不浄の場所」とも言われ、実はどの方位にあっても吉相にはなりません。だからこそ、風水を取…

如来・菩薩・明王・天部衆の違いと仏としての地位

仏教における最高の存在で…悟りを開いた者とされるのが仏陀(如来)です。つまりは「仏様」という…

「秋ナスは嫁に食わすな」の由来と意味とは?

わが国にはいろいろな言い伝えが残っています。たとえば、「夜に口笛を吹いてはいけない」とか「合わせ…

月別アーカイブ

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 「心配性な人」への対応はこうすればOK?!
  2. なぜ菅原道真は「天神様(てんじんさま)」と呼ばれるのか?
  3. 婚活パーティーにおける成功の秘訣は「マッチング仮説」?!
  4. 姓名判断から占う「西脇綾香」と「高橋茂雄」の相性と結婚
  5. 寿司を一貫、ニ貫と数えるようになった由来とは?
Sponsored Links
PAGE TOP