ライフスタイル

自分の感情を無視してはいけない理由

私たちはこれまで、役に立たない無駄な情報を学ぶことに膨大な時間を割いてきました。
ですから、
「どのように生きたらよいか」
「どのように自分を愛したらいいか」
「どのように他人とつきあうか」
「どのように自分の感情に触れ、自分が望み、必要としているものを認識するか」
といったことを知るための時間など、ほとんど残っていないはずです。

言い換えれば、私たちは自分の感情を抑え、本当の自分から逃れる方法を学ぶのに時間を費やしてきたので、自分の気持ちとか感情は「よそものの領域」になっていることが多いのです。

自分の意識を閉じこめ、感情を閉じこめ、自分でない自分になろうとして数年を過ごしたあとで、自分がまだ存在しているというのは奇跡に近いことです。
ですから、本当の自分を見つけだすためには、これまで学んできたことを忘れることも必要なのです。

自分の感情をうまく扱えるように訓練を受けた人など、ほとんどいません。
人は、文学、数学、ビジネス、料理などについては学ぶことがあります。
しかし、感情に関心をもつ人はほとんどいないようですし、また感情について教えることができる人もあまりいません。

私たちは感情とは危険なものであり、一歩間違えると爆発して、大変なトラブルを引き起こすものだと、たびたび感じることがあります。
つまるところ、感情は合理的なものでも論理的なものでもないと思いこんでいるのです。
安全なものこそ、論理的で合理的なものと、とらえているのです。

なんと悲しいことでしょう。
そんなに感情が悪いものならば、なぜ神様はそんなものを私たちに与えたのでしょうか?
感情はそれほど悪いものだとは思いません。

感情があるからこそ、自分がどんな人間かがわかるからです。
感情があるからこそ、危険を感じたり、誰かがウソをついているときに察知できたりするのです。
感情があるからこそ、幸せや愛情、孤独や恐怖が体験できるのです。
感情があるからこそ、今のままでいいのか、それとも何かした方がいいのかがわかるのです。

自分の感情を避けることは、自分自身から逃げることにほかなりません。
「気づくこと」は、生きていくためにもっとも必要な技術のひとつです。

それは自分で訓練することができます。
わたしたちは自分が疲れているとき、あるいはひとりになりたいとき、それに気づく必要があります。

また、自分が何を感じていて、それをどうしたいと思っているのかにも気づく必要があります。
自分が気づいたことは、あとで戻ってくるための「標識」になります。

この「標識」によって、自分が学んだことを覚えておくことができるのです。
そのときは人生でそれほど大切な経験だとは思えないことでも、のちにそれが、まさに重要な経験であったことがわかることがあるはずです。

もし、私たちがそれに気づき、「標識」を立てておけば、あとで考える時間がなくてただ行動するしかないときに、そこに戻ってこられるというわけです。
「知識」というものは、結局、自分が気づいたことを糸を通してつなげたようなものなのです。

あなたの道を歩く人は、あなた以外にはいません。
でも、同じような道を歩んだ人がいるかもしれません。

もし、わたしたち一人ひとりが自分の歩んだ道に十分気がつけば、気づいたことを分かちあうことができるのです。
論理的だと思えなくてもいいのです。合理的だと思えなくてもいいのです。

とにかく、自分は本当はどう感じているのか、それに気づくことです。
そうすれば、色々なことがわかってくるはずです。



関連記事

  1. イエス・キリストは「ユダヤ教」だった?!
  2. 自然の音のCDを聴くことは浄化にとても効果あり?
  3. 家を買う時に気を付けることとは?
  4. 「トイレの神様」は実際するかもしれない?!
  5. 禅語「百尺竿頭に一歩を進む」の意味を学ぶ
  6. 「年賀状」の起源や歴史について…
  7. 把手共行の意味を学んで信じる人と手をつなごう!
  8. 運気を維持するための日々の習慣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

腕時計を外すと本当に大切なことを取り戻せる!?

現代人、特にビジネスマンは常に時間を気にしている人が多いのではないでしょうか。社会で生きてい…

実はオジサンの親父ギャグは「愛されたい」のサインだった件

親父ギャグ…あなたの周りに親父ギャグを言う人はいませんか?父親だったり、もしくは飲み会などで会社…

不可能を可能にする力はどうやってつくるのか?

あなたは何かを始める時、また目標ができた時、それらを始める前にきっと無理だろうなあ、と思ったことはあ…

今のままのあなたで幸せになれるのです

あなたは今幸せですか?この問いに、迷わず「はい!」と答えられる方は、今のあなた自身にとても満…

青森県「黒石よされ祭り」の歴史とアクセス(駐車場)

3000人の踊り子が流し踊りを繰り広げる青森県は黒石市で行われる…「黒石よされ祭り」についてご紹…

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 誰とつき合うかでわかる…「野心家タイプ」と「お気楽タイプ」
  2. 「そこをなんとか…」が口癖の人は要注意?!
  3. 職場や友達など…苦手な人との付き合い方はどうすればいいのか?!
  4. 「ライフパスナンバー7」はどんな人なの?
  5. 宗教法人とは何なのか?宗教法人法から探ってみる
Sponsored Links
PAGE TOP