ライフスタイル

自分の感情を無視してはいけない理由

私たちはこれまで、役に立たない無駄な情報を学ぶことに膨大な時間を割いてきました。
ですから、
「どのように生きたらよいか」
「どのように自分を愛したらいいか」
「どのように他人とつきあうか」
「どのように自分の感情に触れ、自分が望み、必要としているものを認識するか」
といったことを知るための時間など、ほとんど残っていないはずです。

言い換えれば、私たちは自分の感情を抑え、本当の自分から逃れる方法を学ぶのに時間を費やしてきたので、自分の気持ちとか感情は「よそものの領域」になっていることが多いのです。

自分の意識を閉じこめ、感情を閉じこめ、自分でない自分になろうとして数年を過ごしたあとで、自分がまだ存在しているというのは奇跡に近いことです。
ですから、本当の自分を見つけだすためには、これまで学んできたことを忘れることも必要なのです。

自分の感情をうまく扱えるように訓練を受けた人など、ほとんどいません。
人は、文学、数学、ビジネス、料理などについては学ぶことがあります。
しかし、感情に関心をもつ人はほとんどいないようですし、また感情について教えることができる人もあまりいません。

私たちは感情とは危険なものであり、一歩間違えると爆発して、大変なトラブルを引き起こすものだと、たびたび感じることがあります。
つまるところ、感情は合理的なものでも論理的なものでもないと思いこんでいるのです。
安全なものこそ、論理的で合理的なものと、とらえているのです。

なんと悲しいことでしょう。
そんなに感情が悪いものならば、なぜ神様はそんなものを私たちに与えたのでしょうか?
感情はそれほど悪いものだとは思いません。

感情があるからこそ、自分がどんな人間かがわかるからです。
感情があるからこそ、危険を感じたり、誰かがウソをついているときに察知できたりするのです。
感情があるからこそ、幸せや愛情、孤独や恐怖が体験できるのです。
感情があるからこそ、今のままでいいのか、それとも何かした方がいいのかがわかるのです。

自分の感情を避けることは、自分自身から逃げることにほかなりません。
「気づくこと」は、生きていくためにもっとも必要な技術のひとつです。

それは自分で訓練することができます。
わたしたちは自分が疲れているとき、あるいはひとりになりたいとき、それに気づく必要があります。

また、自分が何を感じていて、それをどうしたいと思っているのかにも気づく必要があります。
自分が気づいたことは、あとで戻ってくるための「標識」になります。

この「標識」によって、自分が学んだことを覚えておくことができるのです。
そのときは人生でそれほど大切な経験だとは思えないことでも、のちにそれが、まさに重要な経験であったことがわかることがあるはずです。

もし、私たちがそれに気づき、「標識」を立てておけば、あとで考える時間がなくてただ行動するしかないときに、そこに戻ってこられるというわけです。
「知識」というものは、結局、自分が気づいたことを糸を通してつなげたようなものなのです。

あなたの道を歩く人は、あなた以外にはいません。
でも、同じような道を歩んだ人がいるかもしれません。

もし、わたしたち一人ひとりが自分の歩んだ道に十分気がつけば、気づいたことを分かちあうことができるのです。
論理的だと思えなくてもいいのです。合理的だと思えなくてもいいのです。

とにかく、自分は本当はどう感じているのか、それに気づくことです。
そうすれば、色々なことがわかってくるはずです。



関連記事

  1. 洗心(せんしん)の意味を学んで心を清らかに…
  2. 2018年「やすらい祭り(今宮神社)」日程との起源
  3. 今この瞬間の「時間」は神様からの贈り物だと考えてみる
  4. 大人になれない大人が増えている?
  5. 道教とは何か?…道教の教えとその歴史
  6. 上司とコミュニケーションが取れないと感じたとき…
  7. 心の狭い人の悲しさ・豊かな心を持つ事の素晴らしさ
  8. 旧約聖書と新約聖書の違いと神について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

玄関における風水9つのポイント

あなたの望む運の流れを手に入れるためには、自宅の「玄関」はとても大事な場所なのです。すべてのエネ…

野菜の夢占い…キュウリ・ナス・タマネギの夢を見たら?

キュウリやナスにタマネギ、カボチャやジャガイモ…そんな野菜の夢を見たことはありませんか?…

自分をコントロールするのは自分だけだと知る…

「自分の反応は選ぶことができます。しかし、その結果起こることはコントロールできません。」と、言っ…

ファッションなどの流行を追い求めてしまう心理とは?

テレビや雑誌・新聞、ネットなどでは、毎日たくさんの情報が流されています。あらゆるものが「これがお…

つまらない話しかできない…と思うならこんな工夫が効果的!?

あなたの周りの方で、これといってなんでもない話を不思議とおもしろおかしく、人に関心を持たせるような話…

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. つい「現実逃避したい」と考えてしまう人は…
  2. 「衝動買い」や「浪費」する人の心理状態とは?
  3. 身振り手振りでわかるその人の深層心理とは?
  4. パワースポット恐山で悪縁を断ち切る
  5. 「3月29日」生まれの人の性格や適職とは?
Sponsored Links
PAGE TOP