ライフスタイル

土用の丑の日とは平賀源内が言い出したことだった?!

土用(どよう)とは、五行に由来する暦(こよみ)の雑節のことです。
一般的には、「夏の土用の丑の日」には鰻を食べる習慣があることでも知られています。

今回はそんな「土用の丑の日」の由来について、お話したいと思います。




Sponsored Links
 

土用の丑の日とは平賀源内が言い出したことだった?!


立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前の十八日間を、「土用」といいます。
現在では主に、立秋の前の土用のことを指し、夏の盛りに夏バテしないように、丑(うし)の日にウナギを食べたり、海水浴をしたりする風習があります。

「土用丑の日といえばウナギ」となったのは、静電気の発生装置・エレキテルの発明で知られる江戸時代の学者・平賀源内の名キャッチコピーによるもの…
お客が入らなくて困っていたウナギ屋から、平賀源内が相談を受けて、「本日、土用丑の日」と書いて店先に貼り出したのが、江戸で大変な評判になったためだといわれています。

もともと、土用には「う」のつく食べ物を食べて、厳しい暑さを乗り切るための精をつける風習があったので、それをうまく宣伝に活かしたというわけですね。
ウナギ以外の「う」のつく食べ物では、「梅干し」、「瓜(うり・キュウリやスイカなど)」を食べるのも良いでしょう。

また、土用の初日である「土用の入り」には、あんころ餅をつくる風習があり、その餅のことを「土用餅」と呼んでいます。
小豆には厄除け効果があるので、夏の暑い時期にも無病息災で過ごせるとされています。
さらに、その頃、旬を迎える「土用しじみ」を食べる習慣もあります。

その他にも「土用丑の日」には、天から薬が流れてくるので、海や川で水浴びしたり、入湯したリすると病気にならないというジンクスがあります。
お風呂に菖蒲(しょうぶ)や薬草を入れて入ることを「丑湯(うしゆ)」と呼んでいます。

埼玉県川越市の妙昌寺では、この日、「ほうろく灸」が行なわれます。
これは「ほうろく」という素焼きのお皿のようなものを頭に乗せ、そのお皿の上に大きな「もぐさ」をのせて火をつけ、もぐさが燃えつきるまでの間、無病息災を祈るというものです。

実際、暑気あたりや頭痛に効能があるのだそうですが、この「ほうろく灸」はその昔、炎天下で暑さ負けした武将が兜(かぶと)の上から灸をすえたところ、たちまち元気になったことから、明治時代から毎年の恒例行事になったのだそうです。

愛知県豊橋市の普門寺(ふもんじ)他、さまざまなお寺でも、同様の「ほうろく灸」が行なわれています。
また江戸時代、お灸は土用の日に限らず用いられ、庶民たちの「健康アイテム」として大変なブームになっていたものです。
試してみると面白いでしょう。

一方で近畿地方には、「朝、あじさいの花をその家の人に知られないように取ってきて、家の入口に飾っておくと小金がたまる」という言い伝えもあるそうです。
さすがに、知られないように取ってくるというのは泥棒ですから、現代ではやめておいた方がいいでしょうね。

福井県には、「あじさいの花を軒下(のきした)に吊るしておくとお金ができる」という言い伝えがあるそうですから、やるのであればこちらを試した方が良いでしょう。



関連記事

  1. 東方正教会と偶像崇拝について…
  2. お金を貯めるために必要な心理(マインド)
  3. 自宅を「パワースポット化」するにはどうしたらいいの?
  4. 後の祭りの由来は「祇園祭」だった?!
  5. 男女・友達関係でベストな距離感とは?
  6. 自分の話ばかりする人の心理と自慢話が多い人の心理
  7. 聖書の「天地創造」を解説する
  8. 宝くじの歴史や賞金はどのようなものだったのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

好かれる人の特徴とは「正直な心」にある

正直に、真摯に自分の気持ちを伝えてくれたら、否定的な言葉だとしても、悪い気持ちにはなりません。む…

爪が汚れている人は仕事ができない人?!

仕事をしていて感じることがありませんか?…世の中には仕事のできる人とできない人がいるということを…

キリスト教の三大宗派の違いについて

キリスト教には、大別すると3つの宗派があります。それは「カトリック」、「プロテスタント」、そして…

ストレスが溜まると病気になってしまう?!

ストレスを感じない人はいないのではないでしょうか?…ストレスとは、心身に負荷がかかった状態です。…

「AB型で兄弟姉妹が一人の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。そし…

月別アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. みずがめ座は自転車事故に注意!12星座中で1番のその理由とは…
  2. 2018年の復活祭(イースター)は「4月1日(日曜日)」
  3. なぜ人は「自分の臭い」がわからないのか?
  4. 「笑い方」でわかる男性の性格とは?
  5. 京都府亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」
Sponsored Links
PAGE TOP