ライフスタイル

インド人がみんなターバンを巻いているわけではない件

日本では鶴岡八幡宮の戦いが起きていた1526年…
当時、中央アジアを追われたバーブル(ティムール朝を建てたティムール直系の子孫)により、インド亜大陸のデリーを拠点とするムガール帝国が樹立されました。

政権は当初は不安定でありましたが、3代目のアクバルの時に中央集権化が強化され、インド亜大陸北部全域を掌握したのです。
アクバル自身はイスラム教徒でしたが、統治の必要上から寛容な宗教政策を推進する一方、インドで絶対多数を占めるヒンドゥー教徒から将軍や高官を迎えました。

こうした動きの中で、イスラム教とヒンドゥー教の融合が進み、インド=イスラム文化として発展…
宗教の分野ではカビールがイスラム教とヒンドゥー教の調和を目指し、このカビールの影響を受けたナーナクによって、シク教が創始されました。

その後、偶像崇拝を否定し、一神教的な信仰を説いたこの教えは、パンジャブ地方を中心として信徒を増やしていきます。
今日、インド共和国の人口の約2%、2500万人がシク教徒といわれているのです。

シク教徒の男性は、宗教的に頭髪を切ることが許されていないため、頭にターバンを巻くことで頭髪をまとめています。
シク教徒だからターバンを巻くのであって、インド人すべてがターバンを巻くわけではないのです。
他にイスラム教でターバンは宗教的敬虔さを表すものとみなされています。



関連記事

  1. 「相づち」でわかるその人の性格や心理
  2. 「当然」「絶対」「要するに」「つまり」が口癖の人の心理や性格とは…
  3. コンプレックスをプラスにできる人の生き方とは?
  4. 心の距離とは相手との接近距離と関係している
  5. 磐梯山(ばんだいさん)の自然エネルギー
  6. 「苦労は買ってでもしろ」と言われる本当の意味とは?
  7. 「~なんて無駄だ!」が口癖の人の心理とはどんなもの?
  8. 秋保大滝不動尊春例大祭の見どころとアクセス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

男女の友情は脳科学的にも心理学的にもあり得ない!?

男女の友情はあり得るのか?…あなたはあり得ると思う派ですか?それとも男女の友情なんて絶対にありえ…

運命の人と出会いが生まれるおまじない

運命とは人智を超えて、人間に幸福や不幸を与える力…あるいは、そうした力によってやってくる幸・不幸…

グループ内で一番モテる強力なおまじない

いつも仲良しの同性のグループ…しかし、合コンや恋愛ではライバルにもなります。この子には負…

中森明菜の2016年現在の状況を四柱推命から占ってみる

歌手で俳優の中森明菜さん(52歳)…数々の事務所を経て、2014年の紅白では4年3か月振りに芸能…

食べ物にも風水を取り入れ良い運気を呼び込もう!

運気をアップさせたい、という思いから日常に風水を取り入れている人も多いのではない…

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 玄関における風水9つのポイント
  2. 「遠距離恋愛」がうまくいかない理由とは?
  3. 恋愛とは執着心を捨てること?
  4. 「3月12日」生まれの人の性格や適職とは?
  5. 2018年・米沢上杉まつりの概要とアクセス(駐車場)
Sponsored Links
PAGE TOP