ライフスタイル

明るい服を着ると運気が高まるのはなぜ?

皆さんは「色の明るさ」に関して、普段から意識していますか?
明るいもの、明るい色というのは、マイナスエネルギーを受けにくい性質を持っています。
エネルギーの流れを良くするためにも、この性質を利用しない手はありません。

まず、家の灯りです。
暮れかかる頃には、外套や室内の灯りを点けるようにしましょう。

灯りは蝋燭(ろうそく)の炎など、自然の火の色に近い電球色が理想的です。
外から見ただけで、あったかそうだな、幸せそうだな、という気がしてきます。
ということは、そういう幸せエネルギーが、そこに存在しているのです。

蛍光灯などの青白い光は、オフィスにはいいかもしれませんが、家にとっては寒々しい感じがして、あまり幸せそうではありません。
家では電気代もかからず環境にもやさしいLED電球を使うことをおすすめします。
これなら終夜、点けたままにしておいても安心で気兼ねすることもありません。

車のライトも薄暗くなってきたら点けるようにしましょう。
歩行者へのやさしい気づかいにもなる、運転の作法の一つなのです。

服もできるだけ明るいものがおすすめです。
看護師さんは、なぜ白い看護服を着ているのか考えてみるとわかります。
病気の方々の看護をしているのですから、マイナスエネルギーの影響を受けて当たり前なのに、意外とそうでもありません。

これは白という最も明るい色の力です。
患者さんのマイナスエネルギーを受け流しているんですね。
近ごろはピンクや淡いミント色などもあるようですが、いずれにしても、かなり明るい色というわけです。

明るい色の服を着ると、なぜか気持ちが明るくなるのは、こういうわけなんですね。
気持ちが沈むときに、家を明るくしたり、明るい服でエネルギーバランスを整えるというのも良い手段ですよ。



関連記事

  1. 好きな人ができない30代女子は下着が悪い!?
  2. イスラム教の喜捨とは何か?
  3. 自分の話ばかりする人の特徴や心理とは?
  4. なぜ男の趣味は理解できないものが多いのか?
  5. パワーストーン「パール」の効果や浄化方法
  6. キリスト教における「ヤハウェの神」とは?
  7. 2018年「春の藤原まつり」日程・時間や概要について
  8. 会議や話し合いの場で無言の人は切れ者?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

日本にもカトリック公認の「聖母出現地」がある?!

スペインのサラゴサには西暦40年、不況していたヤコブの前に聖母マリアが現れ、この地に聖堂を建てるよう…

新しい出会いが欲しい…など願いを叶える風水テクニックとは?!

運気を良くしたいと思い、今までに風水を試された方も多いのではないでしょうか。…

気(良い気・悪い気)と浄化について

すごく調子が良い時があるのに、あるときを境にとても調子が悪くなってしまう…そのようなこと、あなた…

大物芸能人の命日に「土・日が多い」ワケとは?

観客の前で芸を披露することをなりわいとする人々…また伝統芸能を披露する人々のことを芸能人といいま…

「AB型×天秤(てんびん)座」男性の取り扱い説明書

「AB型×天秤(てんびん)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、…

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 人間関係は「変化する」ということを知る…
  2. ジューンブライドの由来や意味について
  3. キリストを貫いたとされる「ロンギヌスの槍」とは?
  4. 青森県「黒石よされ祭り」の歴史とアクセス(駐車場)
  5. 如来・菩薩・明王・天部衆の違いと仏としての地位
Sponsored Links
PAGE TOP