ライフスタイル

「指切りげんまん嘘ついたら…」の歌詞の意味とは?

「指切りげんまん嘘ついたら…」のわらべ歌は覚えている人も多いでしょう。
さて、この続きと言えば「嘘ついたら針千本飲ます…」になりました。

小さい頃に友達や両親と約束をする時、よくこのわらべ歌を歌っていた…という方も多いのではないでしょうか。
意味が少し分かってきた頃は、なんだか歌詞の意味が怖いように感じたこともありましたが…

さて、この「指切りげんまん嘘ついたら…」のわらべ歌の歌詞にはどんな意味があるのでしょうか?




Sponsored Links
 

指切りげんまん嘘ついたら…の歌詞の意味とは?



「指切りげんまん、嘘ついたら針千本飲ます」…
子供の頃、誰もが歌ったわらべ歌です。

小指と小指をからませて、2人で同じわらべうたを口ずさみながら、誓いの約束を立てました。
一見、微笑ましい子供の遊びのように思えますが、実はこの指切りげんまん、ちょっと怖い由来があることを知っていますか?

指切りは、その昔、遊女が客に愛を誓うことを証明するために、小指を第一関節から切り落として渡していたことからきています。
げんまんは「拳万」と書き、約束を破ったら、げんこつで1万回なぐりつけることを意味しています。
それに加えて、針を千本飲ますわけですから、約束破りの罰としては、ずいぶん過酷というものです。

実は、この後にまだ続きがあります。
「死んだら御免」というオチがあるのです。

つまり、死なない限り、この約束は絶対に守ります…
という悲壮な覚悟までも、この指切りげんまんには込められているというわけです。

こうした遊女たちの風習が庶民にも伝わり、ちょっと怖い約束の儀式が一般に広がっていきました。
しかし、大人の世界の約束は、しばしば紙っぺらのように簡単に破られてしまいます。

遊女と客の「いつか一緒になろうね」という約束も、どれほど実現したことでしょう?
そう考えると、約束破りの罰がこれほど過酷な理由もなんとなくわかるような気がします。

本当に好きなお客さんに身請けしてもらえる遊女は、ほんの一握りであったことでしょう。
遊女と客の約束は、まず叶いません。

叶わないのがわかっているからこそ、ひどい罰を列挙して「これほどの約束をしたのだから」と一縷(いちる)の望みに夢をはせる…
そんな遊女の切ない気持ちが伝わってきます。

ただなんとなく歌っていたわらべ歌にはこんな意味があったのですね!




Sponsored Links

関連記事

  1. こんな事もうつ病のきっかけになることがあるの?
  2. 2018年の小正月(こしょうがつ)は「1月15日」のワケとは?
  3. 27日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  4. 2018年に「開運」を授かるための大晦日の過ごし方
  5. 人生に奇跡を起こすための心のあり方
  6. 人の心を動かす心理学による「美味しいもの」の効果
  7. 幸せを呼ぶ笑顔を作るためには?
  8. 赤飯がお祝いで出される由来や意味とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「英国国教会」はカトリック?それともプロテスタント?

数あるプロテスタント諸派の中でも、やや特異な地位を占めるのが「英国国教会」です。成立したのは16…

O型男性とB型女性の相性は?2人の付き合い方に秘密が発覚した件

彼氏や旦那さんがO型の男性…そして、あなたがB型の女性の場合、相性は果たして良いのでしょうか?…

「浮気する男性」と「浮気を繰り返す男性」の特徴には大きな違いがあった!?

彼氏や旦那に対して、浮気をする人なのかどうなのかは、とても気になることの一つですよね。周りの…

「ありがとう」の言葉で幸せな毎日をつくる

あなたは「ありがとう」という言葉を毎日使っていますか?これは日々の出来事や人への感謝の気持ちを持…

代々木八幡宮(出世稲荷神社)のパワースポットと属性

東京という大都会にありながら縄文文化の聖地としても有名な「代々木八幡宮(よよぎはちまんぐう)」……

月別アーカイブ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 土用の丑の日とは平賀源内が言い出したことだった?!
  2. 「一目惚れ」や「片想い」をする心理とは?
  3. 嫉妬深い女を診断!嫉妬深い女がわかる心理テスト
  4. パーソナリティーナンバーに「7」を持つ人の印象とは?
  5. なぜ人は「自分の臭い」がわからないのか?
Sponsored Links
PAGE TOP