ライフスタイル

実は危険が潜む人の強い意見に同調しやすい傾向について

「出る杭は打たれる」という諺もあるように、みんなが同調する中で、一人だけ違う意見を持っていたとしても、なかなか言い出しづらいもの。
そして結局、他人の意見に同調してしまう….。本当は別の意見があったのにもかかわらず….。

そしてそれは一部の人のみならず、多くの人間がそのような行動をとってしまいがちです。

同調行動をとってしまう性質を変えることはなかなか難しいですが、実はこれには危険なことあり得ます。

同調行動による危険なこととは、一体どのようなことなのでしょうか。




Sponsored Links
 

実は危険が潜む人の強い意見に同調しやすい傾向について


他人の意見に対して「NO」を言うのはなかなか勇気のいるものです。
少しくらいひっかかることがあっても、まあいいや、できれば同じ意見ということで目立たずにいたい….そんな心理が働いて、足並みをそろえてしまったことは、誰にでも経験があるのではないでしょうか。

このように、自分の意見や信念を曲げて、他人と合わせてしまうことを同調行動といいます。
ポーランド生まれの社会心理学者アッシュは、次のような実験で、同調行動について証明しています。

被験者にA、B、C、Dの4本の線があり、AとDが同じ長さで、B、Cの長さがばらばらとなっている図を見せ、Aと同じ長さの線がどれか、B、C、Dの中から選んでもらいました。
このとき、被験者を一人にした状態で答えを選択させると、正解率は99%でした。
ところが、わざと誤答をするサクラと一緒に選択させた場合、正解率は24%しかなかったのです。
そのサクラが顔見知りの人間の場合、正解率はもっと低くなったそうです。
「長いものには巻かれろ」ということわざがありますが、多くの人は自ら進んで、誰かと合わせていたい、と考えているようです。
このような、他人と同調行動をとりやすい性質を同調性といいます。

もし、周囲の支持を得たいのなら、この同調性に訴えると効果があります。
周囲の様子をじっとうかがっているよりも、先に大きな声で意見を言えば、あなたを中心とした同調行動を誘うことができるでしょう。

ただし、どんな集団や組織の中にも、同調性の低い、いわゆる一匹狼タイプはいるものです。
予想外の反対意見が出る場合もあることを、お忘れなく。

また、同調行動は、度が過ぎると危険なこともあります。

誰かに対する同調行動があまりに強いと、考えや意見が全員一致、つまり集団思考となりやすいのです。
ひとたびこの集団思考に陥ると、それに対して誰かが反対の立場を表明しようとしても、なかなか反対しにくくなってしまいます。
すると、過ちや問題があっても見逃しやすく、そのまま突き進んでしまいがちです。

つまり、ブレーキの効かない車に全員一緒に乗り込んでいるようなもので、失敗するときも全員一緒ということになりかねません。
そこに、集団思考の恐ろしさがあります。

アメリカの心理学者ジャニスは集団思考に陥りやすい傾向として、次のような特徴を挙げました。

1、優秀で団結力のあるグループには楽観論が生じやすい。
2、団結力が強いと、その場の雰囲気を否定しにくく、同調しやすくなる。
3、1のような集団は、危険性が高いにもかかわらず、成果が期待できるというリスキーシフト現象を招きやすい。
4、その一方、大きな成果よりも確実な路線を選ぶコーシャスシフト現象に陥る場合もある。

ジャニスによれば、集団思考の危険にさらされやすいのは、決してあさはかだからではなく、むしろ優秀がゆえの過信が、盲信に変わりやすいのだということです。
この失敗を回避するには、やはり一人ひとりがしっかりと意見を言えるような空気を意識して作っておくことが必要です。




Sponsored Links

関連記事

  1. 自分に似合う服がわからないと思っているあなたへ
  2. なぜ男性42歳・女性33歳が「厄年」なのか?
  3. 男女の友情にはどんな違いがあるのか?
  4. あの世は本当にあるの?…それは一体どんな世界なの?
  5. 夢を叶えるために必要なことは何か?
  6. バチカン市国の歴史と成り立ち
  7. キリスト教における終末観とは?
  8. 意外とやっている「お金に対する4つの誤解」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「ライフパスナンバー7」はどんな人なの?

ライフ・パス・ナンバーに「7」を持つあなたは、神秘的な雰囲気を持っています。>>…

A型の性格や特徴あるある…年齢によって価値観が変わることがない?!

血液型が「A型」の人って、どんなイメージを思い浮かべますか?「几帳面」、「真面目」、「理性的」な…

「B型✖山羊座」の性格や芸能人と言えばコレ?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。ここでは「B型✖山羊座(…

ラマ教(チベット仏教)とはどんな宗教なのか?

チベット仏教圏で大切にされているお経が書かれた五色の旗を「タルチョ」と呼びます。別名を「ルンタ」…

「いじめ」がなくならない理由とは何か?

文部科学省の調査によると、小・中・高・特別支援学校における「いじめの認知件数」は32万3,808件と…

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 香川県金刀比羅宮で行われる桜花祭(おうかさい)
  2. 早口の人ってどんな人?話し方や口癖でわかる人の心理
  3. 別れた彼氏と復縁を望むなら…その前に考えるべきこと
  4. 把手共行の意味を学んで信じる人と手をつなごう!
  5. 「まいった」「キツイ」などが口癖の人ってどんな人?
Sponsored Links
PAGE TOP