風水・開運

風水の効果はあるのか?実感するためには…

風水(ふうすい)とは元々、古代中国の思想で、都市や住居、建物などの位置の吉凶禍福を決定するために生み出されたものです。
主に気の流れを物の位置で制御する思想で、別名を「堪輿(かんよ)」と言ったりもします。

さて、そんな風水は日本に渡り、その後発展してきました。
特に住居における風水を取り入れている人は多いのではないでしょうか。
風水関係の本も多く出版されていますし、TVにもよく取り上げられています。

ただ、そもそもそんな風水の効果はあるのか?
また風水の効果を実感するためにはどうしたら良いのか?…
と疑問を感じている方もいらっしゃるかもしれません。
そこでここでは、その点についてお話しておきましょう。




Sponsored Links
 

風水の効果はあるのか?実感するためには…



さて、それでは風水的に完璧な住居は作れるのでしょうか?…
この答えを考えてみたいと思います。

そして、答えは「作れます」。

では、そこに住めば必ず幸せになれるのでしょうか?…
その答えを知りたいと思ったときから、「風水ライフ」は始まるのです。

ところで、風水といえば「幸運グッズ」、「運気を上げるカラー」などを連想する人も多いでしょう。
そもそも風水は、特別なグッズを身につけたり、家の中にグッズを置いて、おまじない効果を期待するものだけではありません。

人間関係、仕事、恋愛、お金、どんなことにも確実に成果が出る…
風水はあくまでも、実践すれば確実に作動する「システム」でもあるのです。

「風水って決まった方角に決まった色を使わなきゃいけないんですよね?」と考えている人がいるかと思います。
でも、そこで「ここに黄色を使わなくてはいけない…」という考えが「ここに黄色を使うと風水の効果が高まる」に変わったらどうでしょうか?

「風水カラーを使う」という行動自体は同じですが、行動を起こすときの感情は確実に「焦り」ではなく「楽しさ」になっていきます。
人の感じる「楽しさ」という感情には、驚異的な潜在能力が秘められています。
人間の持つワクワク感は、素晴らしいエネルギーを秘めているのです。

「運が良ければ…」という言葉自体、使う必要がなくなるからです。
なぜなら、世界最強の幸運グッズ、ラッキーチャームは、自分そのものだという素晴らしい事実を楽しめるようになるからです。

幸運グッズがない風水なんて効くの?、効果あるのかな?と感じてしまう人もいるかもしれませんが、「幸運を手に入れるにはグッズ(特別なおまじない)が必要」という考え方を少し進化させるだけのことなのです。

すると、これまでは「コレさえあれば運に恵まれるかもしれない」という神頼みの道具だった幸運グッズや風水カラーも、「毎日の生活をより楽しくしてくれるもの」に変わっていきます。

風水的に完璧な家があったとして、そこに住む人が「自分自身がラッキーチャームなのだ」ということに気づいていなかったら、完璧(なはず)な住居が作り出すエネルギーを活かすことはできません。

幸せな生活とはどういうものなのかを実感することすら難しくなってしまいます。
「風水的に完璧な家」は「ラッキーチャーム(住人)」がともにエネルギーを与え合ってこそ、幸せのエネルギーが継続するものなのです。



関連記事

  1. 好きな人ができない30代女子は下着が悪い!?
  2. パワーストーン「バイオレットフローライト」の効果や浄化方法
  3. 教えて!風水の「気」の流れや良い気・悪い気
  4. パワーストーン「クリソプレーズ」の効果や浄化方法
  5. 「O型✖牡羊座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  6. 開運アップの方法…「グラウンディング」
  7. パワーストーン「サファイア」の効果や浄化方法
  8. パワーストーン「ブラックトルマリン」の効果や浄化方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「英国国教会」はカトリック?それともプロテスタント?

数あるプロテスタント諸派の中でも、やや特異な地位を占めるのが「英国国教会」です。成立したのは16…

夢占い…「飛行機」が夢に出てきたら?

夢に「飛行機」が出てきたら?…ただ単に飛行機が空を飛んでいる夢や、飛行機を操縦している夢などを見…

妬みの心理テスト…あなたのココロの中に巣食う「ねたみ度」をチェック

あなたの心の中に人を妬(ねた)むココロはありませんか?…「あの人だけが幸せになって…」「…

金運と商売繁盛の恵比寿様と十日戎

どんな人にとってもお金は大切で、できれば多くのお金を手に入れたいと思っているはずです。そこで…

2017年「初地蔵」…東京は巣鴨がおすすめな理由

毎月24日は「お地蔵さま」こと地蔵菩薩の縁日です。特に2017年1月24日は「初地蔵」ともなり、…

月別アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 男性の方が女性より繊細で傷つきやすい意外な理由とは?
  2. パワーストーン「クリソコラ」の効果や浄化方法
  3. 「B型✖水瓶座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  4. 仕事がうまくいかないときに女が考えるべき風水とお祓い
  5. ヒンドゥー教の教えと基本思想を簡単に理解する
Sponsored Links
PAGE TOP