ライフスタイル

神・イエス・聖霊の「三位一体論」について

キリスト教は、神と信徒との間にイエスという人間をおいたことが特徴です。
とはいえ、一神教で、唯一神の他に崇拝の対象があってはおかしいことになります。
この点は、古代には神学論争の大きなテーマになっていました。

また、聖晝にはイエスの他に、聖霊という概念が登場します。
これはいわば、神の意志を受けた生命の息吹のようなもので、聖母マリアの身体に聖霊が宿ったことでイエスは神の子として生まれたと語られているのです。

さて、イエスも聖霊も神と同一のものなのか、別の存在なのか?…
初期のキリスト教神学者たちは、この問題にさんざん頭を悩ませました。

最終的に、4世紀の神学者アウグスティヌスらが「三位一体論」という概念を唱えて体系化し、これがカトリック教会などで正統の解釈とされています。
三位一体論とは、父たる神、子たるイエス、そして聖霊は、別々の姿をとりつつも、その本質においては同一の存在だとする考え方を指します。

この三位一体論の考え方は、325年のニカイア公会議で正統とされた、神とイエスを同一視するアタナシウス派の考え方を踏まえています。
たとえて言えば、水という物質は、固体の氷、液体の水、気体の水蒸気と形を変えても、その構成元素は変わらないということに近いかもしれませんね。

こうした問題は、多神教ではあまり深刻には考えられません。
異なる時代、異なる地域で信仰されていたものが同一視されるのはよくある話だからです。

たとえば、ヒンドゥー教では破壊神のシヴァと嵐の神ルドラが同一視されたり、仏教の祖ブッダが世界を維持する神ヴィシュヌの別の姿と見なされたりします。

しかし、一神教では、神と同格の存在が複数あっては矛盾が生じてしまい、ひいては一元的な教会組織への帰属が保てなくなります。
そこで、三位一体論が確立されるまで、キリスト教会では真剣に神学論争がくり返されたのです。

ちなみに、それではキリスト教の天使の位置づけはどうなるかというと、天使はあくまで神の従属物、神より下の存在とみなされています。
つまり、地上で生まれたイエスは、天上で生まれた天使よりも格上の存在となるのです。



関連記事

  1. 整形手術にはどのような意味合いがあるのか?
  2. つい「現実逃避したい」と考えてしまう人は…
  3. 「奈良の大仏」の作り方とは?
  4. 世界遺産「平泉(中尊寺)」というパワースポット
  5. 自分に自信がない…と劣等感を抱いている人が勘違いしていることとは…
  6. デートの「待ち合わせ場所」でわかる相手の心理と性格
  7. キリスト教の安息日とはどんな意味を持つのか?
  8. どうして日本には「八幡神社」がこんなにも多いのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

パワーストーン「ジンカイト」の効果や浄化方法

「ジンカイト」は赤色、オレンジ色、濃い黄色、無色など、様々な色の結晶が見られますが、中でも赤色のジン…

四大宗教の「金持ち」や「お金儲け」の考え方

お金は生活をする上でとても大切です。お金は人をダメにする、という言葉もありますが、多くの方ができ…

どんなに鈍い男でも「結婚できない女」は一瞬で見分けられるらしい件

たとえば男友達に「オレ、女の子にモテないんだけどなんでかな?見た目とかも普通なのに…」と言われた…

自分に自信がない…と劣等感を抱いている人が勘違いしていることとは?!

自分に自信が持てない…どうやったら自分に自信を持つことができるのか…と悩んで…

幸せを呼ぶ笑顔を作るためには?

あなたは笑顔で毎日を送っていますか?できれば、毎日がウキウキするような笑顔が作れていれば人生はと…

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 第一印象がいかに大切か…その理由とは?!
  2. 「なんでモテないんだろう…?」という男に優しくその答えをわからせてあげる方法
  3. 夢占い…「走るけど進まない」夢を見たら?
  4. お坊さんはなぜ髪を剃るのか?
  5. キリスト教が日本に伝来したのは奈良時代?!
Sponsored Links
PAGE TOP