占い

おまじない…いつも彼氏に振られる女性のために

告白しても振られてしまう…
彼氏ができても、すぐに振られてしまう…
もし、あなたがこんな悩みを抱えているのであれば、ご紹介したいおまじないがあります。

たかが「おまじない」されど「おまじない」です…
ご興味のある方は試されてはいかがでしょうか。




Sponsored Links
 

おまじない…いつも彼氏に振られる女性のために



さて、それではいつも彼氏に振られる女性のための「おまじない」の方法に関してご紹介しましょう。

用意するもの
活魚のはらわた
フライパン
アルミホイル
オリーブオイル
ワインビネガー
白檀の香

白い紙
箸(割り箸でも良い)

このおまじないは、生きた魚をさばいてはらわたを出し、それを焼く時に出る煙で、悪い男運をいぶし出すという術です。
魚をさばくのはなかなか難しい…という方は、ここはひとつ奮発して、魚屋さんでお刺身を作ってもらいましょう。

いけすがある魚屋さんに行き、活魚の刺身を注文すればいいでしょう。
この時、主役の「はらわた」を必ずもらうことを忘れずに。
「飼い猫の餌にする」とでも言えば、特に変な風には思われません。

お刺身を目の前で作ってもらったら、即、家に帰って作業にとりかかります。
生きた魚のはらわたを取り出すところから、もうこの術は始まっているので、寄り道はしないようにしましょう。

まずフライパンにアルミホイルを敷いて、はらわたを置きます。
その上に、オリーブオイルとワインビネガーを振りかけ、白檀の香を少し乗せます。

そのまま火にかけて強火で焦がし、煙をもうもうと上げさせるのです。
この煙を、体中に浴びましょう。

お寺の大香炉で、線香の煙を浴びる要領で行うと良い(よく参拝者が行っているポーズ)でしょう。
十分に浴びたら、火を止めます。

焦げたはらわたは、感謝の気持ちと共に酒をかけ、白い紙に包んで川に流します。
作ってもらった刺身は、残さず食べるようにしましょう。

このとき誰かと一緒に食べても構いません。
食べ終わったら、箸を2本ともポキンと折ります。
この橋は割り箸で代用しても構いません。

これは、「2度あることは3度ある」のジンクスを断ち切ったという意味になります。
箸が、3度目の凶事の代わりになってくれるのです。

以上、ここまでが、いつも彼氏に振られる女性のための「おまじない」の方法になります。

なぜかいつも振られてしまう….と悩んでいる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。



関連記事

  1. グループ内で一番モテる強力なおまじない
  2. 「3月2日」生まれの人の性格や適職とは?
  3. 夢占い…「魚」の夢が出てきた時の意味とは?
  4. 4日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命…
  5. 元彼と「よりを戻す」強力なおまじない
  6. 「3月6日」生まれの人の性格や適職とは?
  7. 前世が動物だった人は“運が悪い”って本当?前世からわかるあなたの…
  8. 夢占い「目を洗う」、「目が見えない」etcの夢を見たときの意味と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

風水で「思い通りの人生」を送ることはできるのか?

タイトルを見てすぐに、「思い通りになる人生なんて絶対にない!」…「そんな簡単…

夢や目標には絶対的に期限を設定した方がいい理由とは?!

あなたは夢や目標を持った時、期限を決めずに「いつかきっと叶えるぞ」という気持ちで…

どうやら彼は「マザコン男」…そんなマザコン男の心理と付き合い方

付き合っている時には気付かなかったけれど、どうやら彼が「マザコン男」っぽい…そう感じたのであれば…

そんな方位に旅行に行ってはいけない?2016年開運方位に衝撃!?

夏休みの旅行先は決まりましたか?旅行は日ごろの人間関係やストレスなどから、あなたを解放してくれる…

初デートの場所はどこだった?男性心理から読み解くあなたの評価

好きな男性との初デート。とても緊張しますよね。好きな人とだったら、初デートの場所がどこであっても…

月別アーカイブ

2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 変調に過敏に反応する人は「病気恐怖症」の症状が出てる?!
  2. 「B型×獅子(しし)座」男性の取り扱い説明書
  3. 不倫の恋はやっぱり悪いことなの?不倫の心境とは…
  4. 禅の言葉「行住坐臥」の使い方を知り心を育てる
  5. 時間の無駄遣いをしている人が意外と多い件
Sponsored Links
PAGE TOP