ライフスタイル

恋愛をしてオーラを高める「愛」の学習

恋愛は時に辛く悲しい思いをしなければならないこともありますが、様々なことを学ばせてくれます。

恋愛を通して傷つくことを知り人に優しくなれたり….
一人ではないという暖かさを感じたり….
自分のためではなく、相手のために何かしてあげようと思えたり….
また恋をすると人は美しくなりたい、と向上心を持つようになったり….。

恋愛は経験によってきっとあなたを強くし、人一倍大きな人間にさせてくれたりするものです。

そこで今回は、恋愛の学習についてお話ししたいと思います。

恋愛をしてオーラを高める「愛」の学習


恋愛はその人のオーラを輝かせます。
そもそも恋愛や仕事、結婚…
等々、人生で経験することのすべては自分を成長させるチャンスですが、中でも恋愛や結婚は、人が学ぶべき大切なものの一つ「愛(大きな意味での愛)」について学習するよい機会になります。

「愛」はとても広範囲で、とらえ難いものだけれど、恋愛や結婚、子育て、介護といった体験を通じて、「愛」と向き合い、深く知ることができるのです。
ですから人気運があるとは、「愛」を学ぶチャンスに恵まれること…

よい恋愛や結婚は、たとえ別れが訪れても、あなたを磨いてくれます。
一口に恋愛と言っても、恋と愛(大きな意味での愛ではなく、異性への愛情)では求めるものが全く違います。

恋は自分にはないエネルギーを相互に与え合うもの…
双方が同じ強さでエネルギーを出し合っているときはよいですが、やがてバランスが崩れると、初めは相手を愛することでわくわくし、輝いていたのに、愛されることばかり求め、「愛」の学習から外れます。
不満や不安でいっぱいになった人は、欲の塊りとなり、自分で自分のオーラを陰らせてしまいます。

恋は自分を磨き、楽しむ機会と考えて…
ネガティブになったら未練を断ち、新しい恋へ羽ばたくか、恋が充実しているうちに、愛(性別を超えた友情や結婚などに至る、異性への愛情)へ発展させていく努力が必要です。
愛に発展させてこそ、「愛」の学習はステップアップするのですから。

とくに20代の女性に意識してほしいのは、若さは永遠ではないので、「限られた時間を輝かせる恋をする」ということ…
苦しい恋で有限の時間を使ってしまうのはもったいないではありませんか?

いい恋は、いい思い出になり、年齢を重ねた後も味わえるものです。
そんな思い出がないと、年齢を重ねるほどに寂しくなってしまいます。
ぜひ、いい思い出になる恋をして、いずれ愛へ育てましょう。



関連記事

  1. 日本最古の夏祭りは聖徳太子が始めたの?!
  2. 禅語の「莫妄想(まくもうぞう)」とは?過去や未来を思い悩まずに生…
  3. 福島県「信夫三山暁まいり」の歴史
  4. 「色即是空」の意味を簡単に学ぶ
  5. ご利益のある産土神社・鎮守神社の参拝方法とは?
  6. ヒンドゥー教(バラモン教)の歴史と神々
  7. 相手の会話や表情から読み解ける心理とは?
  8. 「なるほど」が口癖の人の性格や心理とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

パワーストーン「ブルーレースアゲート」の効果や浄化方法

アゲート(めのう)の中でも淡い青色で、美しいレース模様を持つ結晶です。感情が高ぶり、冷静さを失っ…

「イエスの弟子」たちの名前や人物像について…

イエスの死後に、その教えを伝え広め、キリスト教へと発展させていったのは「使徒」と呼ばれる彼の弟子たち…

「猫を殺すと七代祟る」と言われる理由とは?

「猫を殺すと七代祟(たた)る」という言い伝えがあります。昔から、猫は執念深い生き物と考えられてい…

老後で独り身になりやすい女性はA型が多い?その驚愕の理由とは…

老後で独り身…とても望ましい人生だと感じる女性は少ないでしょう。その理由は生活に余裕があった…

聖書に登場した「三賢者」とは一体何者なのか?

新約聖書の「マタイによる福音書」では、イエスが生まれたとき、東方から3人の賢者(マギ)がエルサレムを…

月別アーカイブ

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 神社での「おみくじの読み方」・「絵馬のつづり方」・「お札・お守りの扱い方」
  2. 「価値観の合わない人との付き合い方」はこう考えるべし
  3. ストーカー心理と「5つのタイプ」
  4. 伝えたいことをうまく伝えられない!どうしたらいいの?!
  5. 姓名判断から占う「榮倉奈々」と「賀来賢人」の相性と結婚
Sponsored Links
PAGE TOP