ライフスタイル

何でも楽しむ人はある素晴らしい効果を生む?!




現代のストレス社会の中、日常で少しでも自分の思ったことと反対のことが起きると機嫌が悪くなったり、イライラしたりする人が多いのではないでしょうか。

例えば、楽しみにしていた外出予定日に雨が降ってしまった時。
仕事終わり、早く帰りたいのに電車が遅延している時。
特別な日にいつも行くレストランの予約がいっぱいだった時。

あなたはこのような、思っていたことと反することが起こった時、イライラしてしまっていませんか?

イライラしてしまう気持ちもわかりますが、何一ついいことはありません。
わかってはいるけど、イライラしてしまうんだからしょうがない…という方もいるでしょう。

そこで慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、日々起こることを「良い」、「悪い」で判断することをやめてみませんか?
そうすることにより、心も穏やかになり、さらにある素晴らしい効果を生むことになります。

その、ある素晴らしい効果とは…
詳しくみていきましょう。




Sponsored Links

何でも楽しむ人はある素晴らしい効果を生む?!


日々に起こることを「良い」、「悪い」で判断して見ていると、起こることによって気分が上下しすぎることがあります。
そこで思い切って、判断するものの見方をしばらくやめてみるのです。

判断するのをやめたら、どうするかというと……「経験を楽しむ」のです。

例えば、山にピクニックに行こうと思っていたのに、天気予報が外れて、雨が降ってしまった時…

良い悪いで判断していたら、「今日はツイてない。予報は晴れだったのに、ウソじゃないか。最悪だ…」などと不満になってしまいますよね。

けれど、経験を楽しもうとしたら、「雨かぁ。雨の山も緑がきれいでなかなかいいかも。それとも、せっかくだし予定を変更して気になっていた映画でも観に行こうかな!」と、不満を感じることなく、楽しめるのです。

起こることを判断するのをやめて、どんなことも「面白い経験だなぁ」と思うようにすると、イヤな気分になることが確実に減っていきます。

イヤな気分になるのが減ると、今度はうれしい効果が生まれます。

それは、「感動しやすくなる」ということです。

不満がないぶん心がピュアになるので、感動を深く味わえるようになるのです。

映画や音楽を、前よりもずっと楽しめるようになります。
そして小さなことにも感激しやすくなります。

小さなことにも感激しやすくなると、些細なことにまで感謝をする気持ちが生まれ、とても幸せな気持ちになります。

経験の中でしか、感動は得られません。
たくさんの経験と感動を積み重ねて、毎日をより豊かにしていき、あなたの人生をよりハッピーなものにしていきましょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. 「行雲流水」の意味を知って心を雲のように
  2. 「男らしさ」にこだわる人の心理とはどんなものなのか?
  3. キリスト教の三大宗派の違いについて
  4. 男性がよく喋る…その心理にはこんな意味があった!?
  5. ファッションなどの流行を追い求めてしまう心理とは?
  6. お守りって本当に効果あるの?
  7. 第一印象で「性格悪そうな人」は本当に悪いのか?
  8. 奈良になぜ鹿があんなにいるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

男性の方が女性より繊細で傷つきやすい意外な理由とは?

一般的に女性の方が男性よりも力が弱いことから、女性の方が男性よりも傷つきやすいような気がしてしまいま…

「いじめ」がなくならない理由とは何か?

文部科学省の調査によると、小・中・高・特別支援学校における「いじめの認知件数」は32万3,808件と…

「ちょっと」が口癖の人の心理ってどんなもの?

「ちょっと〇〇して」、「ちょっと悪いんだけど…」あなたの周りに、こんな口癖の人はいませんか?…

パワーストーン「アズライト」の効果や浄化方法

アズライト(azurite)はペルシャ語のアズル(青)が語源で、「青い石」を意味しています。神聖…

相手の嫌なところは実は自分の嫌なところ?

人間は比較的、自分は相手にどう思われているのかが気になる生き物です。それと同時に相手の事も気…

月別アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 人生に疲れないための魂の休息方法
  2. あがり症を克服するためのリラックスの法則
  3. 職場の「しつこい男」…その特徴からわかる対処法とは?
  4. キリスト教の三大宗派の違いについて
  5. 奈良になぜ鹿があんなにいるのか?
Sponsored Links
PAGE TOP