ライフスタイル

皇居(東御苑)というパワースポットでランニングをする意味

1868年(明治元年)、天皇の東京行幸により、江戸時代に将軍が居城としていた江戸城が東京城と称され、東京の皇居となりました。
その皇居もまた強力なパワースポットであり、特別な場所のひとつです。

気の流れと人の運勢は非常に密接に関連していて、生命力を拡大していくには、天の気と地の気と人としての自分の気を共鳴させることが大事になります。
それらをバランスよく使うことが大切なのですが、まさに皇居の気というのは、天の気と地の気を結んだものが大地から吹き出ています。

皇居の中心にある一番気の流れの強いスポットに一般の人は足を踏み入れることはできませんが、皇居の周りを散策するだけでも元気になります。
これほど強力な場所というのは、いくつもあるわけではなく非常に特殊な場所です。

また、いろいろ意見はありますが、天皇家というのは日本の象徴として、国民の気持ちの中心になっています。
さらに生命力の中心にある存在です。
それらをひとつに結んでいるということでもとても大事な場所です。

ここの功徳をひとことでいうなら、張り広がる生命力、広がる魂の力を受け取ることができるということです。
それからとくに無垢な気持ちで訪れると、日本や世界のために貢献したいという気持ちが自然に湧いてくる場所だと思います。

そんな皇居の周りをランニングコースとして、走っている人の話をよく聞きますよね。
そこで皇居(東御苑)というパワースポットでランニングをする意味とは何か?をご紹介したいと思います。



Sponsored Links
 

皇居(東御苑)というパワースポットでランニングをする意味


3315
皇居一帯は東京の中央部に位置しながら、非常に緑の豊かなところで、お濠の周りはとくにランニングコースとして人気が高いスポットになっています。
一般の人はもちろん、マラソン選手や有名なアスリートたちまでもが皇居の周りでトレーニングをしているという話をよく耳にします。

それから海外からサイキックパワーを持つ人たちも、オフの時間になると皇居の周りに行ってエネルギーをもらっているという逸話もあるほど、それだけ皇居は、世界の中でも有数の力を持つパワースポットのひとつです。

そのパワーを最大限に受け取れる場所としてあげられるのが、千鳥ヶ淵付近。
訪れるのに最適な時間帯はいつでもよく、いつ訪れても氣持ちのよい気を受け取ることができます。

ある意味、伊勢神宮と似ているところがありますので、日本のため、世界のためになることをしたいという気持ちをもって訪れるのが、功徳を最大限に受け取るためのポイントです。



関連記事

  1. 金運を上げる食べ物が「根野菜(こんやさい)」がいい?!
  2. 20日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  3. エスカレーターの乗り方でわかるその人の性格とは?
  4. 「桐だんす」が日本で重宝されるわけとは?
  5. お坊さんはなぜ髪を剃るのか?
  6. 2018年の小正月(こしょうがつ)は「1月15日」のワケとは?
  7. 自分を幸せにするハッピーな考え方
  8. 節分に豆を食べるのは大晦日だった?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

日本最古の夏祭りは聖徳太子が始めたの?!

西暦593年、聖徳太子が建立した四天王寺は、施薬院(せやくいん)を併せ持っていました。施薬院は様…

ポジティブな人や言葉からパワーをもらいましょう

あなたの周りの友達や職場の人に、会うと常に人の悪口や文句ばかり言っている人はいませんか?会うたび…

七夕の「2つの由来」と短冊の意味

7月7日と言えば、ご存知の通り「七夕(たなばた、しちせき)」です。ただ、こちらは意外と知られてい…

2018年湯沢「犬っこまつり」の由来やアクセス(駐車場)

約400年もの長い間続いたといわれる湯沢地方の民俗行事「犬っこまつり」…毎年20万人ほどが訪れる…

宮中歌会始2018年(平成30年)今年のお題は「語」!

2018年(平成30年)の今年の宮中歌会始(歌会始の儀)、お題は「語」だということはご存知でしたでし…

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 占星術から占う「ビビる大木」と「AKINA」の結婚と離婚
  2. 「嫌なこと」の裏側には「嬉しいこと」が隠されている?!
  3. 弘前公園「雪灯籠祭り」と開催時間について
  4. 10日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  5. 聖母マリアとはどのような人物なのか?
Sponsored Links
PAGE TOP