ライフスタイル

皇居(東御苑)というパワースポットでランニングをする意味

1868年(明治元年)、天皇の東京行幸により、江戸時代に将軍が居城としていた江戸城が東京城と称され、東京の皇居となりました。
その皇居もまた強力なパワースポットであり、特別な場所のひとつです。

気の流れと人の運勢は非常に密接に関連していて、生命力を拡大していくには、天の気と地の気と人としての自分の気を共鳴させることが大事になります。
それらをバランスよく使うことが大切なのですが、まさに皇居の気というのは、天の気と地の気を結んだものが大地から吹き出ています。

皇居の中心にある一番気の流れの強いスポットに一般の人は足を踏み入れることはできませんが、皇居の周りを散策するだけでも元気になります。
これほど強力な場所というのは、いくつもあるわけではなく非常に特殊な場所です。

また、いろいろ意見はありますが、天皇家というのは日本の象徴として、国民の気持ちの中心になっています。
さらに生命力の中心にある存在です。
それらをひとつに結んでいるということでもとても大事な場所です。

ここの功徳をひとことでいうなら、張り広がる生命力、広がる魂の力を受け取ることができるということです。
それからとくに無垢な気持ちで訪れると、日本や世界のために貢献したいという気持ちが自然に湧いてくる場所だと思います。

そんな皇居の周りをランニングコースとして、走っている人の話をよく聞きますよね。
そこで皇居(東御苑)というパワースポットでランニングをする意味とは何か?をご紹介したいと思います。



Sponsored Links
 

皇居(東御苑)というパワースポットでランニングをする意味


3315
皇居一帯は東京の中央部に位置しながら、非常に緑の豊かなところで、お濠の周りはとくにランニングコースとして人気が高いスポットになっています。
一般の人はもちろん、マラソン選手や有名なアスリートたちまでもが皇居の周りでトレーニングをしているという話をよく耳にします。

それから海外からサイキックパワーを持つ人たちも、オフの時間になると皇居の周りに行ってエネルギーをもらっているという逸話もあるほど、それだけ皇居は、世界の中でも有数の力を持つパワースポットのひとつです。

そのパワーを最大限に受け取れる場所としてあげられるのが、千鳥ヶ淵付近。
訪れるのに最適な時間帯はいつでもよく、いつ訪れても氣持ちのよい気を受け取ることができます。

ある意味、伊勢神宮と似ているところがありますので、日本のため、世界のためになることをしたいという気持ちをもって訪れるのが、功徳を最大限に受け取るためのポイントです。



関連記事

  1. 「奈良の大仏」の作り方とは?
  2. 十八番を「おはこ」となぜ呼ぶのか?
  3. 職場にいる「容姿をバカにする人」の深層心理とは?対処法はあるの?…
  4. 「最近の若者はダメだ…」と語るオヤジの心理
  5. 仏教における「四苦」の意味とは?
  6. 今日やるべきことを今日やろうとする時間の考え方とは?!
  7. 0型は蚊に刺されやすいって本当なの?
  8. なぜメールが返ってこないとイライラするのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

彼に「当て馬」にされた理由は何だったのか?!

以前からあなたが思いを寄せていたA君からデートに誘われたとしましょう。当然、答えは「イエス」です…

自分に自信がなく劣等感を感じてしまうのはなぜ?

あなたは「自分に自信が持てない」と悩んだことはありますか?もしかしたら、そんなの常に思ってるよ!…

B型男性とA型女性の相性は?2人の付き合い方に秘密があった!?

B型男性とA型女性…あまり相性が良くないと聞いたことはありませんか?けれども好きになって…

お風呂の掃除してる?風水で絶対やってはいけない7つのNG!

あなたは毎日、もしくは週に一回など、お風呂の掃除をしていますか?毎日、汗を流すお風呂場は“水…

一人の時はなぜ寂しいと感じてしまうのか?!

一人でいるのが辛い、寂しい…常に誰かといないと不安になる…という人は意外…

月別アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 椅子の座り方でわかるその人の性格や心理
  2. 鵺払い祭りの歴史と伝統(静岡県伊豆の国市)
  3. 男が結婚を決意しない理由とは?
  4. 「そこをなんとか…」が口癖の人は要注意?!
  5. 心や体の浄化に効果的な朝夜にすべきこととは?
Sponsored Links
PAGE TOP