ライフスタイル

夜に口笛を吹いてはいけない理由とはなにか?

日本には様々な言い伝えや伝承があります。

特に子どもの頃に大人から言われていたもので、自分が大人になってみると「なんでそんな言い伝えや伝承があったのだろう?」…
と思うことも多々あります。

今回はその中でも「夜に口笛を吹いてはいけない」…という言い伝えについて…
意味はよく分かっていなかったが、そう言われていたので、なんとなく怖くて吹きそうになっても我慢していた…という方もいるかもしれません。

さっさく、そう言われた理由について探っていきたいと思います。




Sponsored Links
 

夜に口笛を吹いてはいけない理由とはなにか?



夜、口笛を吹いて、「やめなさい。夜に口笛を吹くと蛇が出るよ。」とたしなめられた経験のある人は、案外多いのではないでしょうか。

ちなみに「蛇が出る」という他に、「お化けが来る」、「泥棒に入られる」といったパターンもあり、中には「寝てからミミズが口をなめる。」という、なんとも気持ち悪いものもあります。
理由は様々ですが、どうやら夜に口笛を吹いてはいけないという言い伝えは全国的に存在するようです。

では、なぜ夜に口笛を吹くと蛇が出てくるのか?…
インドの蛇使いがコブラを笛で操るように、蛇は聴覚が優れているから、口笛に反応して出てくるのかもしれないという人がいますが、実は蛇に耳はありません。

空気の振動を皮膚で感じ取ることはできますが、音に鋭く反応することはないでしょう。
よって本当に口笛を吹くと蛇が寄ってくるとは考えられません。

理由は異なりますが、この言い伝えは、夜と口笛を警戒するものです。
要するに、夜になって外をほっつき歩いて口笛を吹くような目立つ行動をしてはいけませんよ…といっているのです。

では、なぜ夜の外出と目立つ行動が危険と考えられたのでしょうか?…
今とは違い、昔は街灯もありませんし、深夜まで明かりを灯している家の窓もありません。

日が暮れると、あたりは漆黒の闇に包まれたはずです。
昔の人は、その危険を百鬼夜行や物の怪にたとえましたが、その他にも、追いはぎ、強盗、辻斬りなど物騒な人間も潜んでいました。

中でも、子供を狙った人さらいが横行し、彼らは暗闇の中で口笛を使って合図を送っていたといいます。
夜に口笛を吹いていると、そうした悪者どもを呼びこむことになってしまいかねません。

だから、あえて蛇やらお化けやらミミズやらに託して子供たちに注意をうながしたのではないでしょうか。
物の怪なんかより、よほど人間の方がタチが悪いと知っていたのです。


関連記事

  1. 「運気が悪い…」と感じた時に運気を上げる方法とは?
  2. 「見返りの法則」で心にご馳走を…
  3. 男性の髪型からわかるその心理とは?
  4. 2018年鏡開き…愛知県名古屋では日にちはいつ?
  5. 聖書に登場した「三賢者」とは一体何者なのか?
  6. あなたのどこに注目したかで相手の心理を読むことができる?!
  7. タフな心の作り方は「あの動物」から学ぶべし?!
  8. 凶悪犯罪者の理解できない行動や心理は生い立ちが関係してる?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

28日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命

スピリチュアルの世界において誕生日…特に「生まれた日」の数字は大きな…

「3月25日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

ご利益のある産土神社・鎮守神社の参拝方法とは?

産土神様とは、神道において、その者が生まれた土地の守護神を指します…また鎮守神様とは特定の建造物…

シク教とは?シク教の特徴と歴史について

16世紀にグル・ナーナクがインドで始めた宗教…シク教をご存知でしょうか?ご存知の方も聞い…

笑顔で相槌を打つ人・丁寧な言葉遣いの人の心理

あなたの周りにこんな人はいませんか?笑顔で相槌を打つ人や丁寧な言葉遣いの人…そういう人た…

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. キリスト教における「聖杯」が持つ意味とは?
  2. 自分が正しいと思っている人は一旦思考を停止させる必要がある?
  3. 「髪をさわる」・「頭に触れる」自己親密行動と心理的な意味
  4. 京都府亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」
  5. 「AB型×水瓶(みずがめ)座」男性の取り扱い説明書
Sponsored Links
PAGE TOP