ライフスタイル

エデンの園のアダムとイブそしてノアの方舟について

旧約聖書「創世記」に記された最初の人間…
天地創造の終わりにヤハウェによって創造されたとされています。

ここでは、そんなエデンの園のアダムとイブ…
そしてノアの方舟についてお話したいと思います。




Sponsored Links
 

エデンの園のアダムとイブについて



天地創造でこの世ができたあと、神はアダムという男をつくりました。
そして、死の存在しない楽園をエデンの地にもうけ、アダムを住まわせました。

神は、彼に管理人としての役割を与えたとされています。
何不自由なく生活していたアダムだが、やはり1人でいるのは寂しかったのです。

そこで、神は彼のあばら骨を1本とり出し、それで女性をつくります。
彼女はエバ(英語読みするとイブ)と名づけられ、アダムの妻となりました。

2人は仲むつまじい生活を送っていたが、ある日とんでもない事件が起こります。
エデンの園の中央には、「善悪の知識の木」と呼ばれる樹木があり、神はアダムに「その実だけは絶対に食べてはならない」と厳しく言い渡していました。

ところが、イブのもとに蛇がやってきて、禁断の果実を食べるよう言葉巧みにそそのかしたのです。
誘惑に負けたイブは、ついに禁断の果実を口にします。

そして、その半分をアダムにも分け与えました。
神との約束を守るべく、はじめは拒んでいたアダムも結局はこの実を食べてしまいます。

その瞬間、ふたりは全裸でいることが恥ずかしくなり、イチジクの葉で腰をおおったと言います。
ふたりが禁忌を犯したことは、たちまち神の知るところとなりました。

神にそむくことが、どれほどの大罪か…
罰としてイブには出産の苦しみが、アダムには労働の苦しみが与えられました。

もちろん、2人はエデンの園からも追放され、永遠の命をも奪われることになります。
キリスト教の教えによると、人類はみなアダムとイブの子孫にあたります。
ですので、私たちは、今だに2人の罪を背負わされ、同じ罰を科せられ続けているということになるのです。




Sponsored Links
 

ノアの方舟について



アダムとイブは、エデンの園を追放されたあとに、子どもをもうけました。
遥かのち、その子孫たちが地上でおおいに繁栄します。

ただし、人口が増加すれば、悪事を働く者も増えます…
悪の氾濫は、神の失望を招く結果となりました。

すべてのものを地上からぬぐい去ってしまえ!…
人間をつくったことをひどく後悔した神は、ついに大洪水による人類の消滅を決意します。

しかし、善人で信心深いノアだけは例外でした。
ノアとその家族を助けることにした神は、彼に方舟(はこぶね)をつくるよう命じたのです。

神はさらに、すべての動物のつがいを方舟に乗せなさいと言いました。
ノアは、その言葉を素直に信じて、木造3階建ての巨大な方舟を建造します。

それはまさに、タンカーを思わせるほどの大きさでした。
必要なものをすべて方舟に乗せ、ノアは最後に入り口をしっかりと閉じます。

しばらくすると、神の予告したとおり雷鳴が鳴りひびき、地上に大雨が降りそそぎます。
それは40日間も続き、世界を完全に水没させました。

地上の生物はことごとく溺死…
生き残ったのは、ノアと彼の家族、そして方舟に乗せた動物たちだけでした。

ノアの方舟は150日ものあいだ漂い続け、アルメニア地方にそびえるアララト山に乗りあげます。
そこでノアは、水が引いたかどうかを確かめるために鳩を放ちます。

2回目の試みで鳩がオリーブの若葉をくわえてきたことから、すでに地上から水が引き、新たな植物が芽生えていることを彼は知ったのでした。
ですので今日もなお、オリーブをくわえた鳩は、平和の象徴とされている。
それは、このノアの方舟の物語に由来しているのです。

そして、最後に神は空に虹をかけました。
それは、もう2度と生きものを絶滅させめようなことはしないというメッセージだったのです。



関連記事

  1. 禅語の明珠在掌(みょうじゅたなごころにあり)を知る
  2. 座る場所でわかるその人の心理とは?
  3. 「苦労は買ってでもしろ」と言われる本当の意味とは?
  4. 「友引」に葬式ができない理由はない?!
  5. 21日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  6. 初大師…西新井や川崎大師は混雑するのはいつ?
  7. 不安や恐怖をポジティブなエネルギーに変えよう
  8. 正夢や予知夢って本当にあるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

名前にはそれぞれの使命や目的があった?!

おそらくこの世に名前がない人はいないでしょう。誰しもが当たり前に…

気になる男性が同性愛者だったときに取るべき3つの選択

世の中には予想だにしないことが起きることがあります。恋愛においても、それは例外ではありません。…

負け惜しみを言う心理…「合理化」

職場のエリート候補生を女性同士で取り合ったが敗れ、意中の彼はライバルの女性と結婚することになった……

彼を好きすぎると破局が近くなる?!

心理学者のエドガー・ルビンは、交際している男女を2年間にわたって追跡するというユニークな調査をしまし…

2018年の初夢が悪夢…その意味(暗示)と対処法

2018年の初夢で縁起が良いのは「一富士二鷹三茄子」…それなら問題はないでしょう。しかし…

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 雑煮の餅…丸や四角がある理由とは?
  2. 北海道のコロポックルは埼玉にもいた?!
  3. 2017年幼児虐待の件数と連鎖を生む恐ろしさとは?!
  4. 電車でカバンを抱えて寝る姿勢にどんな意味があるの?
  5. 家族に潜むコンプレックスが結婚に大きく影響するって!?
Sponsored Links
PAGE TOP