ライフスタイル

2018年の小正月(こしょうがつ)は「1月15日」のワケとは?

地方によっては、小年(こどし)、二番正月、女正月(おんなしょうがつ)、戻り正月と呼ぶこともある「小正月(こしょうがつ)」。
2018年の今年も小正月は「1月15日」となっています。

ところで、この1月15日の小正月にはどのような意味があるのでしょうか?



Sponsored Links
 

2018年の小正月は「1月15日」のワケとは?


3326
さて、そもそも2018年の小正月(こしょうがつ)が「1月15日」となったのはなぜでしょうか?

実は小正月が明確に1月15日となった理由は定かではありません。
そのため14日から16日までの3日間、14日の日没から15日の日没まで、満月の日など、様々な定義があるのです。

ただ一般的には、古くから1月1日を中心とする正月を「大正月」、1月15日を中心とする正月を「小正月」と呼んでいます。
小正月は月の満ち欠けをもとに生活していた頃、その年の初めての満月の日に正月行事をしていた名残りだそうです。

ちなみに、かつては元服(男子の成人を示すものとして行われる儀式)の儀を小正月に行っていました。
そのため1月15日は成人の日という国民の祝日となっていたのです。
しかし高度経済成長期などの影響で、小正月自体がなじみが薄いものとなり、2000年から成人の日は1月第2月曜日に変更されたのです。

今では、その辺りの文化や意味も変わり、大正月を男正月、小正月を女正月とも呼ぶところがあります。
小正月には、女性が休める日があったり、女性を中心とした祭事を行なったりしていました。

小正月の夜には、若者たちが仮装して家々をまわり、新しい年の祝福を与えて、食べ物や金銭をもらいます。
何軒もの家からもらった食べ物は、特別な力があると考えられていることから、厄除けの意味もあります。



Sponsored Links
 

小正月の行事だった「なまはげ」


3327
秋田県男鹿半島の小正月に、各家にやってきたのが「なまはげ」…
おそろしい形相の鬼の面をつけて、「泣く子はいねがー 、親の言うこときがね子はいねがー」と大声で叫びながら、子供たちを追いまわします。

なまはげは怠け心をいましめて、豊穣をもたらす神様なので、家の人は丁重にもてなします。
ちなみに、男鹿半島のなまはげは、かつては小正月に行なわれていましたが、現在では大晦日にやっています。

この「なまはげ」も本来は、小正月の伝統的な民俗行事だったのです。
ちなみに「なまはげ」は、「男鹿(おが)のナマハゲ」として、国の重要無形民俗文化財に指定されています。



関連記事

  1. イスラム教のイエスの扱いから見えてくるもの…
  2. 大勢の前でも緊張しないよう自分に暗示をかける方法とは?!
  3. 「春のお彼岸」2018年はいつからいつまでなの?
  4. あなたはまだ「本当の失敗」をしていない
  5. キリストを貫いたとされる「ロンギヌスの槍」とは?
  6. 「貧乏ゆすり」をする人の心理状態とは?
  7. 日本にもカトリック公認の「聖母出現地」がある?!
  8. 「初物を食べると75日長生きする」と言われる所以とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「運がいい人」と「悪い人」の違いとは何か?

みなさんは自分自身のことを運がいい方だと思いますか?それとも運が悪い人間だと思っていますか?…

パワーストーン「アクアマリン」の効果や浄化方法

青色のベリル(緑柱石)である「アクアマリン」…透き通った海を連想させるこの石には、「海の精の宝物…

女の恋愛トラウマを克服する3つの方法

過去に付き合った男性からDVを受けていた。家に帰ると、まさかの彼と浮気相手との現場を目撃してしま…

2018年鏡開き…愛知県名古屋では日にちはいつ?

三が日も過ぎて、飾っていた餅をいつ食べようか?…そんな日…「鏡開き」が近づいて来ました。…

なかなか物を「捨てられない」人が思い切って捨てるには?!

なかなか物を捨てられない人がいます。部屋を片付けたい、スッキリさせたい、とい…

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 結婚のタイミングがわからない…ベストなタイミングの決め手とは?!
  2. 人気者?嫌われ者?・・・職場での印象が一瞬で分かる心理テスト
  3. 「神社神道」と「教派神道」の違いとは?
  4. 気(良い気・悪い気)と浄化について
  5. 体のツボを刺激して健康になろう!
Sponsored Links
PAGE TOP