ライフスタイル

キリスト教における「異端」とは何か?

異端とは「正統から外れたもの」となりますが、これはキリスト教が成立した初期から存在していました。
まず、ユダヤ教の要素が色濃い教派や、古代ギリシアの神秘思想と結びついたグノーシス派などが異端と見なされたのです。

4世紀にローマ帝国でキリスト教が公認されると、イエスと神を同一視するアタナシウス派と、イエスはあくまで神の被造物とするアリウス派の神学論争が起きました。
そこで325年にニケーア公会議が開かれて、アタナシウス派が皇帝に公認されたカトリック教会の「正統」に定められます。

以後、キリスト教会では、教義の解釈や信仰生活のルールなどをめぐって数え切れないほどの神学論争がくり返され、そのたびに、教皇庁や東方正教会の中枢に認められなかった派閥が「異端」と見なされてきました。

中世期の西欧の異端としては、12世紀のフランスからイタリアで広まったカタリ派(アルビジョワ派)と、ワルドー派が有名です。
いずれも枢端な清貧主義を唱え、質素で厳格な信仰生活を徹底したのが特徴です。

やがて、貧しい庶民階層の間でも、教皇領からの収入で裕福な生活を送る正統派の聖職者よりカタリ派やワルドー派を支持する者が増えていきます…
教皇庁はこれを脅威と見なし、たびたび異端撲滅のための「アルビジョワ十字軍」を派遣して、血なまぐさい戦いがくり広げられました。

1231年には教皇グレゴリウス9世によって、異端審問裁判所が設置され、ヨーロッパにはきびしい異端審問の嵐が吹き荒れることになります。
異端と見なされた人々のほとんどは、弁護人なしの裁判で自白するまで激い拷問を受け、多くの場合は罪を認めなくても火刑となりました。




Sponsored Links

14世紀には、もともと十字軍の騎士修道会だったテンプル騎士団が、異端と見なされて弾圧を受けたのです。
テンプル騎士団は、長らく聖地エルサレム守護のため西欧を離れて活動し、外部からはあやしげな秘密結社のように見えていました。
しかし、弾圧の真の理由は、彼らが信徒の寄付などによって多額の金融資産を持ち、フランス国王を脅かす財力をもっていたためだといます。

スペインでは、15世紀までイスラム教徒が国土の南部を占領しており、ユダヤ教徒も多く住んでいたため、イスラム教やユダヤ教の影響を受けたと見なされる異端がいくつか存在していました。
その例がアルンブラドス派で、神秘主義的な傾向を持ち、16世紀に厳しい弾圧を受けて壊滅したのです。

ロシアの異端では、フルイストゥイ派(鞭打派)が知られています。
一説によれば救済を得るためにわざと罪を犯すという特異な教義を持ち、ロシア皇帝家に取り入ったラスプーチンはこの教派の出身だったといわれています。

なお、一部では「異端=悪魔崇拝」という偏見があるが、これはほとんど異端を批判した側の一方的なレッテル貼りです。
異端とされた派閥の多くは、主観的には正しく神とイエスを信仰しているつもりの人々でした。

異端審問が激化した中世末期から近世には「魔女狩り」も多く行なわれました。
魔女と見なされたのは本来、キリスト教以前からのケルト族やゲルマン族の古代宗教にもとづく占いやまじないを行なっている者…
しかし、近隣の住民に好かれていない一人暮らしの女性などが一方的に魔女と見なされて、数多く処刑されたのです。
英仏百年戦争時代のジャンヌ・ダルクも、男の服を着たことが異端にあたると見なされて火刑となった一人です。

実は、プロテスタントの諸派も当初はカトリック教会から異端とされました。
しかし、1648年にウェストファリア条約で新教と旧教の平等が認められています。

また近代以降も、異端と見なされる教派は少なくありません。
現在のカトリック教会では、モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)、エホバの証人(ものみの塔)、統一教会(世界基督教統一神霊協会)を異端と公式に定義しています。

異端の定義はあくまで正統を主張する側からのものだが、明らかに反社会的な教義解釈を唱える教派もあり、異端がなくなることはないともいえそうです。



関連記事

  1. 「運気が悪い…」と感じた時に運気を上げる方法とは?
  2. 「和光同塵」の意味を知ればみんなが幸せになれる?!
  3. ネガティブなニュースを見るのをやめてみるススメとは?
  4. 見栄を張ることは必ずしもマイナスではない?
  5. 極度の緊張やあがり症は病気なの?!克服するいい方法について
  6. 玄関に“鏡”を置くときは要注意!あなたは運気ダウンする置き方して…
  7. 幸せを呼ぶ笑顔を作るためには?
  8. 「てゆうか」が口癖の人ってどんな性格してるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「絶対に」「要するに」が口癖の人の心理とは?

あなたの周りにもいませんか?「絶対に〇〇だ!」…「要するに〇〇でしょ?」…が口癖の人が。…

ローマ教皇とはどのような存在なのか?

ご存知のように、ローマ・カトリック教会の最高位聖職者を「ローマ教皇」といいます。日本語で「ローマ…

仕事の楽しみ方は自分で決める!そのコツとは?!

仕事はどうしても嫌なもの、楽しくないもの、というイメージがありますよね。…

あの世は本当にあるの?…それは一体どんな世界なの?

私たちは今、この世に生きています。でも、死んだら一体どうなってしまうのか?あの世の世…

運気を維持するための日々の習慣

運気が良いな…と感じるときは、そのときを少しでも長くしたいと思うものです。運気はどうしても変動し…

月別アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 12日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  2. 2018年「初午」は2月7日…東京では王子稲荷神社や小網神社がおすすめ
  3. イスラム教の「旧約聖書」「新約聖書」「コーラン」の関係
  4. キリスト教の三大宗派の違いについて
  5. 「A型✖獅子座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
Sponsored Links
PAGE TOP