ライフスタイル

コミュニケーション能力を高める為に必要な考え方とは?!




あなたが人とコミュニケーションを取る時、自分の考えや、自分の話ばかりをしていませんか?

生きている上で、人とのコミュニケーションは欠かせず、特に人との付き合いが不可欠であるビジネスにおいては、当然コミュニケーション能力が問われます。

仕事上、人前で話す機会が多い人もいますし、営業マンはコミュニケーション能力がないと、仕事になりません。

そこで、どうしたらコミュニケーションがうまく取れるようになるのか…という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、コミュニケーション能力を高めるために絶対的に必要な考え方のお話をしたいと思います。




Sponsored Links

コミュニケーション能力を高める為に必要な考え方とは?!


コミュニケーションには、とりあえずツボのようなものがあります。
そのツボを意識するだけでも、コミュニケーション能力は向上します。

では、まずは誰かに話をする場合について。

大勢の人の前で話す時や、個人的にうまくコミュニケーションを取らなければならない場合…

そのような場面ではっきりしているのは、「自分のいいたいことなど、相手は聞きたくない」ということです。

これがコミュニケーションの基本です。

たいていの人は、つい「自分のいいたいこと」を話してしまいがちです。
しかしそれでは、話すほうは気持ちがよくても、聞かされる相手は大概、苦痛です。

逆の立場に立ってみれば、あきらかでしょう。

自分が話したい話など、自分の話ばかりを、自分本位で話す人とつき合いたいと思いますか。

きっと多くの人は、そんな人とは付き合いたくない…と思うのではないでしょうか。

「あなたの言いたいことになんて、あまり興味ありませんよ」と言いたくなりますよね。

つまり、その反対がコミュニケーションの極意です。

「どうしたら相手が喜ぶか」、「何を聞きたがっているか」を考え、工夫することです。

コミュニケーションとは「相手に喜びを与えること」だからです。

よくありがちなのが、営業マンが何かの商品を売ろうとするとき、「なんとかして売りたい」、「とにかく買って欲しい」とばかり考えてしまい、すると、その気持ちが会話にも現れてしまいます。
そうなると、コミュニケーションは成り立ちません。
相手は退屈するだけで、喜びなど微塵(みじん)も感じないからです。

相手が商品の説明を聞きたがっているのか、自分が困っていることを話したがっているのか、あるいは「さっさと帰って欲しい」と思っているのかなど、相手の思いをつかまなければ、コミュニケーションは成立しません。
コミュニケーションが成立しないで、いい仕事などできるはずがありません。

ミーティングや会議だって同じこと。

自分が発言するときは、「自分の意見をいう場面」だと思っている人も多いようですが、それは自分勝手な考えです。

話をするとは、相手に喜びを与えること。
自分本位の押しつけなど、まったく意味がありません。

だからこそ、「何を」、「どんなふうに」、「どんな言葉で」、「どんなトーンで話すのか」を徹底的に考えるのです。

「自分の意見は自由にいっていい」というのは傲慢で、独善的な考えです。

自分の意見だろうが何だろうが、「相手に届きやすいもの」、「相手が受け取って喜ぶもの」を口にすることが、コミュニケーションの大前提です。

その意識さえ持っていれば、コミュニケーションは以前よりずっとスムーズに、快適になるはずです。

また、夢中で話す人ほど、自己統制がきかなくなり、思いのままに話してしまうものですが、それでは聞き手はたまりません。

ですから、話をするときにもっとも大事なのは、自分をセーブすることです。

自分の話したいことを話すなど、もってのほか。

まして、感情の赴(おもむ)くままに話すなど、聞かされる相手にとっては苦痛以外の何ものでもありません。

自分の話したいことを話したい!という気持ちを持ってしまうこともよくわかります。

しかし、その気持ちを持ったままでは、決してコミュニケーション能力は向上しません。

繰り返しになってしまいますが、あなたの言いたいことなど、相手は聞きたがっていませんから。

自分の思っていることを話したい気持ちをグッと抑えて、とにかく冷静になり、状況を把握し、自己をセーブして「何を、どう話すべきか」、「相手は何を聞きたがっているか」を考えてください。

話し方がうまい、下手という前に、その段階をクリアしないことには、コミュニケーションは成立しないのです。

コミュニケーション能力の向上を望むのであれば、このことを決して忘れないでください。




Sponsored Links


関連記事

  1. 京都府亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」
  2. 上司の「指示の出し方」でわかるその人の性格とは?
  3. 熱海のパワースポット「伊豆山神社」のご利益
  4. 仏教における出家者の修行の種類
  5. お坊さんはなぜ髪を剃るのか?
  6. 人々に愛される物の怪「河童(カッパ)」
  7. 「年賀状」の起源や歴史について…
  8. あなたはまだ「本当の失敗」をしていない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

神社にはなぜ「杉の木」が植えられることが多いのか?

最近、神社に行くことはありましたか?もし時間があれば行ってみてください。日常とは違う空間に気…

ユダヤ教とは?…ユダヤ教の教えと歴史を簡単に説明

ユダヤ教に関して、どのようなイメージをお持ちですか?唯一神ヤハウェを神とするユダヤ教…私…

人が人を「いじめる」心理とは何なのか?

いじめ問題は、子どもの世界だけにあるわけではありません。大人の世界にも、広く蔓延(まんえん)して…

ジャイナ教の創始者とその歴史

ジャイナ教をご存知でしょうか?日本国内には兵庫県神戸市中央区に寺院があるインドの宗教です。…

「3月19日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

月別アーカイブ

2020年1月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 別れたい女、別れたくない女について
  2. 人々に愛される物の怪「河童(カッパ)」
  3. 誰でも簡単にできる運が良くなるおまじない(ポーズ)
  4. 「3月4日」生まれの人の性格や適職とは?
  5. 「別に…」「だから…」などが口癖の人の心理
Sponsored Links
PAGE TOP