ライフスタイル

今日やるべきことを今日やろうとする時間の考え方とは?!




今日やろうとしていたことを明日でいいや、今日やっても明日やっても同じだし…と思ったことはありませんか?

今日やろうとしていたことがどんどん後にずれていく…そんなことがあるかもしれません。

もちろん手帳や携帯電話などで時間管理をしている、という人もいるかもしれませんが、実際は時間の使い方に関して悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

時間をうまく使いたい、そう思っていても時間への根本的な考え方を知らないと、そう簡単にうまくいくはずがありません。
時間をうまく使おう、とする前に、時間に対する考え方を改めて考えてみませんか?




Sponsored Links

今日やるべきことを今日やろうとする時間の考え方とは?!


時間管理がしっかりできるようになりたい…
ビジネスマンでも主婦の方でも、毎日を忙しく過ごしている方は特にそう思うのではないでしょうか。

世間では時間管理についてたくさんの本が出ていることからも、「時間の使い方」に悩んでいる方が多いのがわかります。

では、そもそも時間とは何なのか…

物事の根本を知らずにして「とにかく時間をうまく使いたい」というのでは、決してうまくいきません。
まずは、「時間とは何か」という部分について考えてみましょう。

まさに時間は「命そのもの」です。

私たちは時間を生きています。
時間とは私たちの内側にあるものです。
この考えが出発点となります。

ところが残念なことに、多くの人は「時間は自分の外側にある」と思っています。

例えば、会社で働く人は「朝9時に会社へ行って、夕方の5時まで働かなければならない」と考えています。
これではまるで時間が外側にあって、拘束されているような印象を受けます。

午後2時から会議で、3時半からは外で打ち合わせをする、などもそうです。

外側にある時間という代物に、自分自身が管理されている…
知らず知らずのうちにそれが当たり前になってしまっているのです。

もっとわかりやすい例を挙げてみましょう。

日本ではやりませんが、世界にはサマータイム、ウィンタータイムなど一日の時間をずらして生活する習慣があります。
制度の是非はこの際どうでもいいのですが、これも「時間は私たちの外側にある」という発想のもとに成り立っていますね。

しかし実際のところ、そんなふうに時計の針を動かしたところで、私たち自身の時間は変わるでしょうか。
そんなことは絶対にありません。

時間というのは私たち自身の中にあるもので、機械をいじったからといって、長くなったり短くなったりするものでは決してありません。
スケジュール帳を、あれやこれやと書き換えたところで、私たちの時間が根本的に変化したりすることはないのです。

まずはその考えを改めることから、時間管理をスタートさせるべきなのではないかと思うのです。

本来、時間とは命そのもの。
そして、どんな時間も一回しかない。

これが大前提です。

「今」という時間は、未来永劫(えいごう)、二度と訪れません。
たった一回限りです。
時間とは、それほどシビアで、貴重なものなのです。

つまり、「今という一度しかない時間を、どう使うか」が時間管理の基本となります。

だから「今日やるべきことは今日やらなければいけない」のです。
今やらなければならないことは、今しかチャンスはありません。
次の機会など絶対に訪れないのです。

当然ながら「今年はできなかったけど、来年はやるぞ」なんてことも人生では成り立ちません。

それが時間というものです。

食事だってそうです。

例えば、今朝時間がなくて朝ご飯を食べられなかったとしましょう。
お腹は空いているけれど、仕事が忙しくて食事をする暇がない。
やっと食事ができる状態になったのが、夕方4時だったとします。
その時刻になって「さあ、朝ご飯を食べよう」という人はいるでしょうか。

そんなバカげた人はいません。
せいぜい「遅い昼ご飯」です。

まして、次の日になってから「昨日の朝ご飯を食べよう」などということは、絶対無理です。
「昨日の朝」という時間はたった一回きり…
次のチャンスなどあり得ませんよね。

本来、時間とはそういうもので、朝できなかったことを昼にやるとか、今日できなかったことを明日やるとかは、根本的に不可能なのです。

時間とは「あなたの内側に存在しているもの」であり、「絶えず消え去っていくもの」です。

まずはそのことを理解して初めて、時間を管理することが可能となるのではないでしょうか。




Sponsored Links


関連記事

  1. 自分が正しいと思っている人は一旦思考を停止させる必要がある?
  2. カトリックの「ミサ(聖餐)」の大まかな流れとは?
  3. 「ペットロス症候群」の克服の方法とサポート
  4. 禅語「百尺竿頭に一歩を進む」の意味を学ぶ
  5. 名前の存在理由について考えてみよう!
  6. 高御産巣日神のご利益と神話における役割
  7. 幸せになる女性がこっそり続けている3つの習慣
  8. お坊さんはなぜ髪を剃るのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

女性はなぜ陰湿ないじめをするのか?

小学生くらいの男の子は、カッとなるとすぐに手をあげたりしますよね。そのため、殴り合いをすることも…

子供の性格のタイプが野球のポジション取りでわかる?!

あなたの子供は少年野球チームに入っていますか?男の子の場合だと、まずは王…

宝くじの歴史や賞金はどのようなものだったのか?

正確には当せん金付証票法に基づき発行される富くじ…「宝くじ(たからくじ)」を知らない人はいないで…

マイナスエネルギーを生んでしまう人は「所作」や「動作」に問題あり?!

ご存知でしょうか。実は普段の「所作」や「動作」にも、エネルギーの良し悪しがあります。エネルギ…

野菜の夢占い…キュウリ・ナス・タマネギの夢を見たら?

キュウリやナスにタマネギ、カボチャやジャガイモ…そんな野菜の夢を見たことはありませんか?…

月別アーカイブ

2020年11月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 夢で同性の友達にキスされたら?…キスの夢占い
  2. 悩みを相談してもいつも解決しない人へ…
  3. 「AB型✖蟹座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  4. 玄関における風水9つのポイント
  5. 結婚しないけど子供は欲しい?
Sponsored Links
PAGE TOP