ライフスタイル

祟りじゃ〜とかよく言うけど祟りは本当にあるの?

ある家庭では代々、身体の似たような部分が病気になり、遺伝をはるかに超えた不思議な現象が起こっている、と聞いたことがあります。

それはまさに因縁や祟りというものでは?

昔ばなしにも「祟りじゃ〜」というセリフが出てくるのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

では実際に祟りというものは本当にあるのかどうか・・・・。

ある方のお話を元に見ていきましょう。




Sponsored Links

 

祟りじゃ〜とかよく言うけど祟りは本当にあるの?


ある方のお話です。

その家では代々、なぜか男の子は十九歳になると亡くなってしまうというのです。
その方のお子さんも男の子で、それが心配でしかたがない。
これは何かの祟り、ではないかと案じていました。

話を進めていくと、そのご相談者のご先祖様の中に、十九歳で舌を噛み切って亡くなった男性がいらっしゃるということです。
おそらく時は明治。
その男性は自分の命をまっとうできなかったことを、どうやら後悔しているようです。
その為、その家に代々生まれる男の子のことをうらやんで、十九歳になると自分と同じように命を奪っていたのでした。

これが、いわゆる「因縁」というものです。
これを昔の人は「祟り」と言って恐れてきたわけです。

では、そんな因縁を断つにはどうしたらいいのでしょうか。
それには、何はともあれ、ご先祖様を気遣い、慰め、励ますことが先決です。

十九歳で亡くなったご先祖様に向かって、「あなたの口惜しい気持ちはよくわかります。さぞ無念だったことでしょう。たいへんでしたね。つらかったでしょう。もう二度と同じような悲劇が起きないよう、現世の私たちがこの家を守っていきますから、あなたはあなたであの世をまっとうしてください」。
そう語りかけて、お気持ちを鎮めてさしあげることです。

それが、真っ先にすべきことなのです。
特別な祈祷や御祓いをするより、そんなふうに言い聞かせてあげてください。

このように、もし何か因縁や祟りのようなものを感じることがあったなら、まず、ふすま一枚のあの世と交流し、ご先祖様に心の中で語りかけてみてほしいのです。

何か嫌なことがあったのではないか、この世に思いを残すことがあったのではないかと、毎日相手を思って、話しかけてあげてください。
それが「供養する」ということなのです。

仏壇に手を合わせなくても、お経をあげなくても、「供養」はいつでも心がけしだいでできるもの。
それを続ければ、きっと因縁は断ち切れます。



関連記事

  1. 男の本音は全然違う!?どうして男は反対のことを言ってしまうの?
  2. 「相づち」でわかるその人の性格や心理
  3. 十八番を「おはこ」となぜ呼ぶのか?
  4. 禅語「百尺竿頭に一歩を進む」の意味を学ぶ
  5. 貯金は幸せな目的を持って行うべし!
  6. 願望実現のために必要なものとは?
  7. 曹洞宗とは?…お経「南無釈迦牟尼仏」とその歴史
  8. 人間関係は「変化する」ということを知る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

理想高すぎ…女子力の高い男子が求める女子の理想像

草食系男子という言葉が一般的になってきた昨今…今では女性以上に「女子力」の高い男性が増えてきてい…

本当にやりたいことを見つけるにはどうしたらイイか?

仕事に行くのがとても憂鬱・・・・。なぜなら自分のやりたい仕事ではないから・・・・、と思っていませんか…

願い事が叶う神社での正しい参拝方法とは?!

新年など気持ちを一新する時や、お願い事がある時、お礼をする時などに、神社に足を運…

「学歴コンプレックス」を持つ親ほどお受験に熱をあげる?!

わが子を一流私立小学校へ入学させようと、幼稚園時代から進学塾へ通わせる親御さんたちがたくさんいるそう…

「O型✖山羊座」の性格や芸能人と言えばコレ?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。ここでは「O型✖山羊座(…

月別アーカイブ

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 九星から占う「中山エミリ」と「飯沼誠司」の結婚と離婚
  2. 法隆寺小会式・四天王寺聖霊会の歴史とアクセス(駐車場)
  3. 「髪をさわる」・「頭に触れる」自己親密行動と心理的な意味
  4. 家事や仕事をきちんと両立すると恋愛もうまくいく!?
  5. 「自己陶酔度」がわかる心理テスト
Sponsored Links
PAGE TOP