キャリア

仕事を楽しんでいる人は自ら楽しみを見つけられる人




仕事は辛いもの…と思っている人は世の中にたくさんいるでしょう。

辛くてやりたくないけど、仕事をしないわけにはいかないから頑張るしかない…
毎日嫌々仕事に行ってるけど、もっと楽しい仕事がしたい…

このように、辛くても頑張ってる、という人は多いのではないでしょうか。

さらに、辛くても毎日頑張っている私は偉い、立派だ、と勘違いしてしまっている人もいます。

そうでも思わないとやっていけない…と思うかもしれませんが、辛くても頑張る事は、決して立派とは言えません。

仕事でも、人生でも、何でも楽しみながら、喜びを感じながらやるのが大事です。

でも辛いのは辛いんだから、仕方がない…

では人間の心が支配されやすい根本的な考え方を変えていきましょう。
その上で楽しく仕事をするにはどうすれば良いか…

それではさっそくみていきましょう。




Sponsored Links

仕事を楽しんでいる人は自ら楽しみを見つけられる人


まず冒頭でもお話しした人間の心が支配されやすい考え方とは一体何なのでしょうか。

人は悲しいかな、「いかに苦しみをつくるか」という思考に支配されがちな生き物なのです。
楽しいことを見つけるよりも、苦しいことを見つけるほうが、はるかに得意な生き物です。

会社でこんな嫌なことがあった…
こんなにも大変だ…
こんな苦しいことを、なぜ自分がやらなければいけないんだ…
と、考えない方がいいとわかっていても、苦しみばかり考えてしまう。

人間には、そういう癖がついているのです。

何か一つ体験したら、「それがいかに苦痛だったか」をせっせと探し始めるのです。

ところが、子どもは正反対。

例えば、ボールが一つあったとしましょう。
まだボールを握ることもできない小さい子供がボールを与えられたとき、
「こんなモノじゃ遊べないし、楽しめないじゃないか!」
と文句をいうでしょうか。

そんなことは絶対にありません。
ボールが握れないなら、それを蹴って遊びますし、蹴るのがおもしろくなければ、踏んづけて遊ぶでしょう。

そうやって、子どもは与えられたものに対して、自ら楽しみを見つけていくのです。

苦しみばかりを見つけようとする大人とは大違いですね。

本当なら、大人のほうが「ボールの楽しみ方」をたくさん知っているはずなのに、「ボールなんてつまらない」「それが、どれほど役に立たないか」という思考に支配されてしまうのです。

このように、大人になると「与えられた状況から楽しみを見つける」という発想がどんどん失われていってしまいます。

不思議な話です。
みんな必死になって、競うように「苦しみ」を探し求め、自分から苦しみを求めては、「苦しい、苦しい」と文句をいう…

大人たちがそんなふうにしか考えられないのは、精神は弱り、心が病気になっている証拠です。

意識と視点さえ変えることができれば、楽しみなんていくらでも見つかるのです。

精神を鍛え、心が病気にならないようにするというのは、まさにそういうことです。

つらく、苦しい状況に耐えるために心を鍛えるのではなく、その状況で楽しみを見つけられるように、健全な精神を鍛える。
それが大事なのです。

「辛くても頑張る」ということが美徳のように感じている人もいるかもしれませんが、決してそんな事はありません。

蛇口をひねれば際限なく水が出て、お風呂でも、台所でも、好きなだけ水が使えるのはたしかに快適です。
浴槽いっぱいにお湯を張って、ゆっくり入浴するのは気持ちがいいでしょう。

それに比べれば、ペットボトルに水を汲んで、わずかな量で顔を洗うのは不便に違いありません。
たしかに過酷な状況かもしれません。

しかし、その生活の中にだって「ああ、こうすれば顔全体をきれいに洗えるのか」とか、「ペットボトルをちょっと加工すれば、ものすごく使いやすくなったぞ」などと、楽しみや喜びを見つけることは可能です。

どんなに厳しい仕事の中にも、必ず「楽しみのタネ」はあります。
「工夫することによって前よりうまくできた」というだけでも、けっこう楽しいものです。

その楽しさを感じられず、「大変だ、辛い、苦しい」とネガティブなことばかりいうのは、あなた自身の精神が悲惨な状態にある証拠です。

環境は自分の外にあるものなので、管理することも、操作することもできません。

しかし、自分の心は管理できます。
そのことを忘れずに、いつでも自分の心を健康にして、どんな状況からでも楽しみを見つけられる人になってください。

大事なのは「楽しい仕事をする」ことでなく、「仕事から自ら楽しさを見つける」ことなのです。
そのことを忘れないでいると、きっと充実した素晴らしい人生が待っているでしょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. 「まいった」「キツイ」などが口癖の人ってどんな人?
  2. 職場にいる「セクハラ発言をする人」は2つのタイプがある?その対処…
  3. 価値観が違う人と仕事をするときの正しい考え方
  4. ビジネスにおいての目の動きでわかる相手の心理とは?!
  5. 職場の女同士の付き合いがめんどくさいと感じたなら…
  6. 時間管理ができない人はどうしたらそのルーズな習慣が直るのか?
  7. B型が仕事で成功するには?B型の仕事と特徴
  8. 職場での苦手な人への対処方法を知ろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

コンプレックスをプラスにできる人の生き方とは?

コンプレックスは、大なり小なり、誰しもが抱えているものではないでしょうか。おそらく多くの人が、コ…

実は整形したいと思ってない?心理テストでわかるあなたの美容整形願望

今や日本人女性の10人に1人が美容整形をしていると言われる時代です・・・・。自分の顔のパーツが嫌…

「演技性人格障害」の人が有名人の名前を出す理由

「演技性人格障害」または「演技性パーソナリティ障害」という言葉をご存知でしょうか?演劇的あるいは…

時間の無駄遣いをしている人が意外と多い件

さて、ここに野球が好きな少年がいて1万回の素振りをするとしましょう。10000回バットを振れば、…

8日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命

スピリチュアルの世界において誕生日…特に「生まれた日」の数字は大きな…

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. やっぱり幽霊は怖い!克服する方法はあるの?
  2. 性格を簡単に変える方法はあるのか?
  3. 結婚生活を長続きさせる秘訣とは?!このポイントを抑えよう!
  4. 人の性格を変えるには柔軟な発想が大切
  5. 女性は恋愛で男性を追いかけるようではダメ?!
Sponsored Links
PAGE TOP