恋愛・結婚

男性にとって結婚とはどんな意味を持つのか?

男性と女性の恋愛観や結婚観は違います…
そこで結婚観でいうと、男性の気持ちがよく分からない・・・・と思っている女性も多いのではないでしょうか。

長く付き合っているカップルだと、女性にとっては適齢期も逃したくないしこの人となら!と意気込んでいても、男性の方は全く興味を示していないような・・・・。
女性にとって、男性は何を考えているのか全くよく分からない、と思われても仕方ありません。

果たしてそんな男性にとって結婚とはどんな意味を持つのでしょうか?

今回は「男性にとって恋愛と結婚は別ものなのか?」…
「女性が本気になったとき、なぜ男性は結婚をためらうのか?」…
この点に関してお話しておきましょう。



Sponsored Links
 

男性にとって恋愛と結婚は別ものなのか?


1621
恋愛と結婚の境界線は曖昧です。
男性は「まだ結婚したくない、一人でいたい」と仮に思っていても、目の前に心を動かされる女性が現われれば「結婚したい」と思います。

ストレートな表現をすると、相手によりけりということです。
独身主義を貫いていた男性が、ある日突然結婚するのは珍しくありません。

独身時代は多くの女性とつきあい、遊び感覚で女性を捨てて恨まれるようなことをしていても、意外にも結婚すると家庭的になるのです。
はじめて逢った瞬間に「この人と結婚したい」と恋愛が始まるのも、おつきあいをしながら「この人と結婚したい」と思うようになるのも、実はその人が読めたかどうかに関わってきます。

一見派手な生活を送っているように見えても実は倹約家だったり、軽そうに見えてもガードがかたかったり…
意外な面に触れたとき、結婚という可能性が生まれます。

逆に質素で清潔で純粋で、結婚したいと思っていた女性が、たった1度の過ちで二度と逢いたくない対象になることもあります。
境界が曖昧なだけに、いつどちらに転ぶのかがわからないのです。

見た目は、その第一歩というわけなのです。
外見を見たのか、人間の内面を見たのか、とにかく「見る」という行為から恋愛と結婚が分かれてくると思います。

ずっとおつきあいをしていて、なかなか結婚の話が出てこない女性にお教えしましょう。
いつもと違うあなたを彼に見せてください。

たとえば、爽やかな日曜日の昼下がり。
キッチンには木漏れ日が落ち、リビングにはゆったりとした音楽が流れている中、あなたは彼のためにサンドイッチをつくっている。
そしてコーヒーの香り…

そんなささやかな幸せを感じた瞬間、「結婚したい」という気持ちに針が動きます。
昔も今も、家庭的な女性に男性は弱いのです。

要は、恋愛と結婚は、本人の意識次第です。
「彼は遊ぶのが好きだから」といつも一緒にクラブで踊っていては、結婚にはたどり着かないでしょう。

結婚とは二人が生活をすることです。
それをイメージさせるような場面がない限り、彼は結婚したいと実感するようにはなりません。



Sponsored Links
 

女性が本気になったとき、なぜ男性は結婚をためらうのか?


1647
男性が女性に惚れてつきあいはじめる際には、さまざまなことを想像します。
その女性の住んでいる部屋とか、日曜日はどうしているのか、過去にはどんな男性とつきあったのか、その女性と一夜を過ごすときの姿、そして一緒に暮らす素敵な日々…

すっかり想像の世界に入り込んでいるのです。
当然、結婚も想像しています。

大好きな彼女と毎日一緒にいられたら、と願わずにはいられません。
きっと、女性より男性のほうがイメージをふくらませることが得意なのではないでしょうか。

結婚したらマンションにするか一戸建てにするか、子供は何人欲しいかと、かなり具体的に想像しています。
つきあいはじめた頃は、男性のほうが先走っています。

女性ははじめのうちはかなり冷静で、未来を思い描くよりは、今この瞬間を楽しむことで満足しているはずです。
それが逆転する時期が訪れるのです。

つきあいが長くなるにつれ女性の良いところだけではなく悪いところを知るようになり、男は冷静になっていきますの現実に目覚めると、思い描いていた空想は遠ざかっていきます。
結婚をまったく意識しなくなるのです。

感情を映せるレントゲンがあったら、どんなに幸せな家庭が増えているでしょう。
彼が結婚の想像をふくらませている様子が映し出されていたら、彼女も迷わずゴールインするのを選ぶはずです。

そのときに結婚をしていれば、女性が悲しむことはないでしょう。
それが、半年経ち、一年経ち…
そうこうするうちにお互いのボルテージがズレはじめます。

その頃仕事で大きなプロジェクトを任されたりすると、そちらが結婚より優先事項になります。
ただし、結婚したい気持ちが完全に消えたわけではなく、いずれしたいとは考えています。

彼女がそばにいるだけで満足という次の段階に入ったのです。
女性にはそれが理解できないかもしれません。

「そろそろ結婚でも」と思っているときに、男は待って欲しいと言い出すのですから…
最初から結婚する気持ちはなかったのでしょう、と問い詰めてしまいます。

でも違うのです。
最初はとても結婚したかったのです。
ただ、時間が過ぎてピークを迎える時期が逆転してしまっただけなのです。



関連記事

  1. 年下の彼を思い通りの男に育てる3つのポイント
  2. 「B型×乙女(おとめ)座」男性の取り扱い説明書
  3. 彼氏を「○○ちゃん」と呼ぶ女がフラれる可能性が高いってホント?!…
  4. A型の彼が結婚に煮え切らない…そんなときには?
  5. 「B型×蠍(さそり)座」男性の取り扱い説明書
  6. 「嫌われ女子」の特徴とあるある…彼女たちから学べること
  7. 気をつけるべし…「不倫する男性」の3つの特徴とは?
  8. バレンタインデーとホワイトデーの由来とおまじない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

妬みの心理テスト…あなたのココロの中に巣食う「ねたみ度」をチェック

あなたの心の中に人を妬(ねた)むココロはありませんか?…「あの人だけが幸せになって…」「…

お正月にはどんな意味があるのか?

2018年のお正月がやってきます。毎年、お正月では鏡餅や門松などを用意しますが、果たしてお正月に…

男性に多いピーターパンシンドロームとは?

あなたの周りに清潔感があり、とても好印象な雰囲気なのに、控えめでいつも遠慮がちな男性はいませんか?…

七夕の「2つの由来」と短冊の意味

7月7日と言えば、ご存知の通り「七夕(たなばた、しちせき)」です。ただ、こちらは意外と知られてい…

土用の丑の日とは平賀源内が言い出したことだった?!

土用(どよう)とは、五行に由来する暦(こよみ)の雑節のことです。一般的には、「夏の土用の丑の日」…

月別アーカイブ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 「ライフパスナンバー5」はどんな人なの?
  2. 仏教における「四苦」の意味とは?
  3. 美人じゃない…でも、すぐ彼氏ができる人の特徴とおまじない
  4. 仕事が出来るようになるにはまず先輩からアドバイスを受けるべき?!
  5. 占星術から占う「市村正親」と「篠原涼子」の結婚と離婚
Sponsored Links
PAGE TOP