ライフスタイル

「ジャメ・ビュ」と「デジャ・ビュ」とは?

初めて来た場所のはずなのに、「あ、以前ここにきたことがある」と感じる…
いわゆるジャメ・ビュ(既視感)を経験したことがある人は多いはずです。

これとは反対に、知っているはずの場面が、あたかもはじめて見る場面であるかのように感じるのが、ジャメ・ビュ(未視感)…
ジャメ・ビュは、デジャ・ビュとまったく反対のことが起こっていると考えればよいのです。

人間は、自分が経験したことのすべてはっきりと記憶していることは少ないのです…
幼い頃は特に、強く印象に残った場面だけを覚えていたり、映像的な記憶と切り離された感覚の記憶としてのみ、頭の中に残っていたりすることが多いのです。

デジャ・ビュは、断片的な映像や感覚の記憶が、何かのきっかけで引き出されて起こるのです。
目の前のできごとと、引きだされた記憶の中の映像が偶然一致した、あるいは一致したような気がして、「あ、前にも同じ体験をした」と感じるのです。

デジャ・ビュ体験のときに一致した過去の記憶は、実は夢の記憶であることも多いもの…
「わたしは予知夢 を見たことがある」という人のほとんどは、夢の記憶と目の前のできごとの映像が、たまたま似ていたか一致したにすぎないのです。

ジャメ・ビュは、頭の中の記憶をとっさに参照することができず、未経験のできごとのように感じてしまうのです。
デジャ・ビュもジャメ・ビュも、心的緊張がゆるんでいるときに起こりやすいといわれています。



関連記事

  1. 2018年湯沢「犬っこまつり」の由来やアクセス(駐車場)
  2. 体の浄化には「水」と「フルーツ断食」が効果的?!
  3. ストレスが溜まると病気になってしまう?!
  4. 心臓疾患にかかりやすいタイプは性質でわかるってホント?
  5. 職場に合わない服装をしてくる人は注意すべき?!
  6. 人の顔を覚えるのが得意な人は固有情報に注目している?
  7. 自分自身への破壊願望を持ってしまう原因とは?
  8. パワースポット恐山で悪縁を断ち切る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

女性はなぜ「年齢」を気にするのか?

あなたは恋愛対象となる方の年齢を気にしますか?絶対に年上じゃないとダメという方や、そこまで年齢が…

「桐だんす」が日本で重宝されるわけとは?

箪笥(たんす)は、衣類や道具を収納するための、引き出しや扉を備えた家具です。中でも「桐箪笥(きり…

苦しい時こそ笑顔でいる効果とは?

苦しい時は、何事もプラスに物事を考えられなくなってどんどん落ち込み、悪循環に陥るばかり・・・。…

「運気が悪い…」と感じた時に運気を上げる方法とは?

最近あまりいいことがない…大好きだった彼に振られて立ち直れない…毎日同じことの繰り返しの日々…

男性の方が女性より繊細で傷つきやすい意外な理由とは?

一般的に女性の方が男性よりも力が弱いことから、女性の方が男性よりも傷つきやすいような気がしてしまいま…

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. あなたはズバリ浮気願望のある女性ですね?!浮気願望がわかる心理テスト
  2. 2018年京都市左京区「貴船神社」で行われる雨乞(あまごい)祭
  3. 財布はピンク色が1番?!2018年「金運の上がる」財布の使い方
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とはなにか?
  5. 整形手術にはどのような意味合いがあるのか?
Sponsored Links
PAGE TOP