ライフスタイル

運命は変えられるのか?…その答えを探る

運命は変えられるのでしょうか?…
そんな疑問を抱いている人もいるでしょう。
ひょっとすると、変えられないと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし運命は変えられます。
運命を変えられるとしたら、誰しもプラスの方向に変えたいと思いますよね?
むしろ悪いほうに運命を変えたいと思う人はいないでしょう。

では、運命が悪い方向に進んでしまうのは、どういう状態のときなのでしょうか?…
実は、運命が悪い方向に進んでしまうときには、ある法則があります。




Sponsored Links

 

それは次の三つの条件が重なったときなのです。

➀何かを引きずっている
➁誰か、あるいは何かのせいにしている
➂自分ができることをしていない

一つ一つ説明していきましょう。
まず➀ですが、これはたとえば失恋したとか試験に落ちたとか、何かトラウマになるような嫌な体験や、自分の欠点やコンプレックスを引きずっている状態を指します。
仕事で失敗したり、人間関係でうまくいかないことがあったり、いわゆる「悩み」を抱えている状態もこれに該当します。
そうしたことに心がとらわれていては、吹っ切ることができないわけですね。

➁は、うまくいかないことの言い訳を誰かあるいは何かのせいにしている場合です。
たとえば、仕事がうまく進まないのは無能な上司(後輩)のせいだとか、異性を素直に愛せないのは子供のころの親の愛情が足りなかったからだとか、そういうことです。
もっと美人に生まれていれば、もっといい学校を出ていれば、もっと社会がよければ、もっと環境がよければ…
どれも根本は同じで、自分以外の要因のせいにした言い訳です。

➂は平たく言ってしまうと、何の努力もしていないということです。
仕事を成功させたい、好きな職業につきたい、素敵な恋をしたい…と希望は山のようにあるけれど、じゃあ実際にそれらの願いを叶えるために、あなたは毎日何をしていますかと訊ねると、まだ何もしていない。
「こういう努力をしています」と堂々と言えることは何一つしていない。
そういうことです。




Sponsored Links

 

これら三つの条件が重なったとき、人は「ネガティブな考え方」にとらわれてしまいます。
この「ネガティブな考え方」が不幸の運命サイクルを呼び込んでしまうのです。

よくネガティブ思考はいけない、ポジティブ思考が大事だと言われるのは、実は「ネガティブ思考 不幸を呼び込む」という運命ルールがあり、それをみんなが無意識のうちに感じ取っているからです。

ネガティブな負のパワーというのは、ものすごく強いエネルギーを持っています。
それはまるで台風のように、周りのすべてを吹き飛ばし破壊してしまうような巨大なパワーなのです。

ですのでネガティブなエネルギーを持っている人と対峙するときには、たいへんなエネルギーを要します。
気を緩めると、その負のパワーにこちらの力が負けて引きずり込まれそうになることすらあるからです。

このネガティブ思考の元となる前述した3つの条件は、人間なら誰もが陥る可能性があります。
どんな人でも、コンプレックスや嫌な体験はあるものです。

自分を正当化する心理も人間固有のものですから、何かのせいにすることだってあるでしょう。
努力が必要なのはわかっているけれど、それができないことも人間らしい行為なのです。

それだけに運命を悪い方向に進ませてしまう恐れは誰にでもあるということ…
では、どうすれば運命を好転させられるのか?

もうおわかりかと思いますが、先の3つの条件を極力そろえないようにすることです。
➀に関しては、自分が心の奥で引きずっていることが何かないか、よく考えてみましょう。
誰にでも1つや2つ、引きずっていることはあるものですが、それを自覚することが大事なのです。

「私はあのときの失恋から、まだ立ち直れていないな。だから恋に臆病になっているんだ。」などと意識してみるのです。
そして何のために引きずってきたのかを考えてみる…
そうすると引きずらないですむ理由も見えてきます。

引きずっていたことがバカらしく思えることもあるでしょう。
そして「もう引きずるのは終わりにしよう」と自分に言いきかせ完了すれば、点数はグンと跳ね上がり、その人のネガティブパワーは確実に減ります。

➁も同じです。
うまくいかない原因を何かのせいにしていないか、考えてみてください。

そして「もう何かのせいにしない」と強く心に言い聞かせましょう。
何かのせいにしても、何の解決にもならないのですからね。
このことに気付き、自分を強く奮い立たせることが大事なのです。

➂は、とにかく自分ができることをすぐに始めることです。
小さなことでかまいません。

たとえば、仕事を成功させたい人は、毎日必ず新聞を隅々まで読むとか人間関係をうまくいかせたい人は、人と話すときに必ず微笑むとか、そんなことで十分です。
願をかけて、トイレ掃除を毎日するというのでもいいのです。

自分なりの決まり事をつくり、それを毎日確実に実行する…
この「毎日」というのが大事なのです。

それが日々の努力、積み重ねとなり、実は目には見えませんが、知らず知らずのうちに何かを動かす大きなエネルギーに変わっていってくれます。
それが幸運をグッと引き寄せるのです。

この法則を知っていれば、誰でも自分の手で運命をプラスに変えることができます。
「そんなバカな」などと思わずにやってみましょう。
きっとプラスの方向に運命が少しずつ動き始めるはずですよ。

グズグズしないで思い切って切り替える…
その瞬間にこそ強いエネルギーが出て、負のパワーをはねつけることができるのです。


関連記事

  1. 子供の性格タイプをどのトイレに入るかで知ることができる?!
  2. 夢占いで「蛇」が縁起が良いとされるワケとは?
  3. 土用の丑の日とは平賀源内が言い出したことだった?!
  4. 意外とやっている「お金に対する4つの誤解」とは?
  5. 「蕪嶋まつり」2018年4月14日(土)~4月15日(日)
  6. 三嶋大社(パワースポット)のご利益
  7. バラモン教とヒンドゥー教の成り立ち
  8. 聖書にある「最後の審判」のラッパとの関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

キャリアアップしたい…など女性のための願いを叶える風水テクニックとは?!

運気を良くしたいと思い、今までに風水を試された方も多いのではないでしょうか。…

花火には鎮魂の意味が込められている?!

スターマイン(速射連発)や綱仕掛(ナイアガラ)…水中仕掛に立火仕掛など、「花火」は私たちの目を楽…

時間管理ができない人はどうしたらそのルーズな習慣が直るのか?

あなたの会社にも何度注意しても、なかなか時間を守れない人はいませんか?あれだけ注意しているの…

疲れが取れない時は邪気が溜まっている?…邪気を徹底的に払う方法について

最近体がだるい…寝ても寝ても疲れが取れない…そんな時はあなたの体に邪気が…

ことわざ「人を呪わば…」の「穴二つ」の意味とは?

「人を呪わば穴二つ」…このことわざを聞いたことはありませんか?人に害を与えようとすれば、…

月別アーカイブ

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. パーソナリティーナンバーに「6」を持つ人の印象とは?
  2. 塩釜市・鹽竈神社「帆手祭」の由来
  3. 忙しい彼からメールが来ないときにはこう考えてみる
  4. 心理学による夢分析で隠れた本心を探ろう!
  5. 自分を幸せにするハッピーな考え方
Sponsored Links
PAGE TOP