ビューティー

やはり美人というだけで運がいいの?

誰しもができれば美人に生まれてきたかった、と思いますよね。

人は見た目ではないですが、やはり美人はそれだけでちやほやされますし、特ですよね。

ではそもそも美人は、もうそれだけで運勢がいいのではないか・・・・。
もっと美人に生まれてきたかった!と思っている人にとってはそう感じてしまいますが、本当のところはどうなのでしょうか。




Sponsored Links

 

やはり美人というだけで運がいいの?


美人は運勢がいいという法則は、まったくありません。
美人だとか不美人だとか、そういう見方は今すぐ捨ててください。
そんな小さなことにこだわっていたら、幸運の神様がどんどん遠ざかってしまいます。

運勢の法則では、「美人というのは自分の中のどこかを磨いている人。そういう美人には運が開ける」というルールがあります。

たとえば、いつもピカピカに磨いた靴を履いている、いつ会ってもヘアスタイルが整っている、洋服のセンスがいつも素敵、リップをていねいに引いている、眉毛がきれいに手入れされている・・・・。
こういうふうに、自分のどこか1か所でかまいませんから、そこを磨くのです。
霊魂の世界では、それができる女性こそが美人なのです。

そういう美人には独特のオーラが漂い、幸運の神様の目につきやすいんですね。
ですから、自然と引き立ててくださる。
それで運勢がよくなっていくわけです。
あなたの周りにも、そういう女性がいませんか。
そういう女性は幸せをつかんでいることが多くありませんか。

ここでついでに、もう一つ関連した話をしておきましょう。

女性の場合、「美人はトク」というのと同じくらいひんぱんに言われるのが、「年をとったらおしまい」という固定観念です。
「年をとると運勢が下がってくるということがあるのではないか」と思っている方もいます。

そういうことは、断じてありません。
年をとってからの運勢も、先ほどの美人のルールがちゃんと適用されるからです。
自分の中のどこかを磨いている女性なら、運勢は絶対に落ちません。
霊魂の世界では、顔の美人・不美人も年齢もいっさい関係ないのです。

ある日、八十歳の知人の女性と車に乗りました。
彼女はその車の中で化粧ポーチを出されたんです。
そのポーチが実にエレガントで可愛らしくて、感心しました。
こんなに素敵な化粧ポーチを持っているなんて、なんてこの方はチャーミングなんだろうと。
そして、そのポーチから口紅を出して、さっと化粧直しされたんですね。
あらためてその方を拝見すると、ビシッとスーツを着こなし、胸元にはセンスのいいブローチをしていらっしゃる。
このようにいくつになっても女性としてのたしなみを忘れず、自分を磨いている人は、運勢も決して衰えないのです。
その方は八十歳で現役のキャリアウーマンです。
五センチのヒールを、人前では必ず履かれています。
「足が痛くなりませんか?」という問いに、彼女はこう答えてくださいました。
「もちろん痛いわよ。でも、これが私の生き方なの」。

こんな女性が増えてほしいですね。
顔が良かろうが悪かろうが、若かろうが老いようが、そんなことは関係ありません。
あなたも今日から運勢をあげる正しい美人の法則を、実践してみてください。



関連記事

  1. 預言者モーセの生涯と十戒
  2. キリストの墓は「インド」にある?!
  3. 自己暗示の効果を心理学の面から考えてみる
  4. ジューンブライドの由来や意味について
  5. 8日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命…
  6. キリスト教が日本に伝来したのは奈良時代?!
  7. 京都府亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」
  8. 「般若心経(はんにゃしんきょう)」とは何か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

B型の性格や特徴あるある…積極的というより衝動的?!

血液型が「B型」の人って、どんなイメージを思い浮かべますか?「自由奔放」、「マイペース」、「楽天…

バカ笑いする人の心理と大声で話す人の心理

あなたの周りにいませんか?バカ笑いする人や大声で話す人…あなたの周りにいなくとも、カフェ…

夢占い…エレベーターが故障する・エレベーターで上がる夢を見たら?

エレベーターが故障する夢を見た…エレベーターで上がる夢を見た…夢占いでは、このような夢にも意…

2018年の初夢が悪夢…その意味(暗示)と対処法

2018年の初夢で縁起が良いのは「一富士二鷹三茄子」…それなら問題はないでしょう。しかし…

キリスト教における「ヤハウェの神」とは?

キリスト教(および、その源流となったユダヤ教)で神とされる「ヤハウェ」は、もとは中東のシナイ山で信仰…

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 仕事が見つからない…と不安を抱えている人が縛られている考え方とは?!
  2. 男女の友情は脳科学的にも心理学的にもあり得ない!?
  3. 髭(ヒゲ)を伸ばしている男子は自信がない?…男の知られざる心理
  4. パワーストーン「ヘマタイト」の効果や浄化方法
  5. DV彼氏と別れられない女の意外な特徴…「私は大丈夫」が1番危ない
Sponsored Links
PAGE TOP