ライフスタイル

なぜ菅原道真は「天神様(てんじんさま)」と呼ばれるのか?

菅原道真と言えば、平安時代の貴族であり、学者や漢詩人、政治家として能力を発揮した人物です。
そして菅原道真と言えば、もう一つ「天神様(てんじんさま)」という呼び名があることでも知られています。

ただ、この「天神様」という呼び名…
なぜなぜ菅原道真はこう呼ばれるようになったのでしょうか?




Sponsored Links
 

なぜ菅原道真は「天神様(てんじんさま)」と呼ばれるのか?



菅原道真(すがわらのみちざね)は、「学問の神様」として学業成就や合格祈願を求める人々の支持を集めています。
その一方で「天神様」とも呼ばれ、全国の天満宮や天神社に祀られています。

菅原氏は学者を輩出した一族で、道真も宇多天皇(うだてんのう)の信頼を得て、出世街道を駆け上りました。
そして、次の醍醐天皇(だいごてんのう)のときに右大臣に昇進します。

当時、右大臣は、左大臣・藤原時平(ふじわらのときひら)に次ぐ、朝廷ナンバー2の地位です。
ところが突然、罪を犯したとして九州の大宰府に左遷されてしまいます。

どのような罪で左遷されたかは定かではありませんが、左大臣だった藤原時平とはライバル関係で、時平の中傷によるものであるとも、道真を重用した宇多上皇と醍醐天皇の対立によるものであるともいわれています。
道真はほぼ軟禁状態で仏事と詩作に没頭し、左遷されてから11年後に病没し、大宰府に埋葬されました。

道真の左遷後、藤原時平は権力を独占しましたが、道真の死から六年後に39歳の若さで亡くなります。
さらに14年後、時平の娘を母とする醍醐天皇の皇太子が21歳で亡くなると、「菅公の霊魂宿忿(恨み)」の仕業との噂が流れるようになりました。

醍醐天皇は道真を元の右大臣に戻し、正二位を追贈(死後に位階を贈ること)するとともに、大宰府左遷の詔(みことのり)を破棄しました。
これは、公式に道真の祟りを認めたことに他なりません。

さらに、事件は続きます。
政務が行われていた宮中の清涼殿に落雷があり、大納言の藤原清貫(ふじわらのきよつら)ら数名が命を落としました。

清貫は、大宰府で道真の監視役だった人物です。
このことから、道真は雷を操る「天神」とみなされるようになったのです。

そのため、朝廷は道真の怒りを鎮めようと京都の北野に北野天満宮を創建し、道真を天神様として祀るようになりました。
ここが天神信仰の発祥地となり、全国の天満宮の総本社として現在も崇敬されているのです。




Sponsored Links

関連記事

  1. 洗心(せんしん)の意味を学んで心を清らかに…
  2. 男性と女性で違う?「腕を組む人」の心理状態を探る
  3. 「苦労は買ってでもしろ」と言われる本当の意味とは?
  4. 茶柱の縁起の由来は「柱」だった?!
  5. 運命の人を引き寄せる自分磨きの方法とは?…
  6. 悪い言葉の影響を浄化するには「ツルカメ、ツルカメ」
  7. 意外とやっている「お金に対する4つの誤解」とは?
  8. 如来・菩薩・明王・天部衆の違いと仏としての地位

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

なぜウマが合う人合わない人が存在するのか?!うまくやっていくためには?

あなたは過去の人間関係で、この人とはどう頑張っても仲良くなれなかった…

行列に並ぶときに出るその人の心理や性格とは?

彼と映画館やテーマパークに行きました。するとチケットを取るだけでも大行列…さて、そんなとき彼…

結婚式のご祝儀は「奇数」でなくてもイイの?

結婚式や披露宴に招待された時ご祝儀の額で悩む人が多いのではないでしょうか?…世間的には会社の同僚…

「話を聞く姿勢」からわかる人の心理とは?

体にも感情は現れます。そのため姿勢を見るのも、相手を探る上で非常に参考になります。ここでは、…

メガネの夢占い…夢にメガネやサングラスが出てきたら?

夢に眼鏡(メガネ)やサングラスが出てきたことはありませんか?それは何かを意味しているのでしょうか…

月別アーカイブ

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 夢占い…王子・王女になる夢を見たら?
  2. 風水で「思い通りの人生」を送ることはできるのか?
  3. 「運がいい人」と「悪い人」の違いとは何か?
  4. 絶対に○○を持っている?!ダメ男に騙される女の特徴と共通点
  5. 「A型×乙女(おとめ)座」男性の取り扱い説明書
Sponsored Links
PAGE TOP