Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ライフスタイル

「お稲荷さん」の狐や祟りの由来と何なのか?

日本における神の1つに「稲荷大明神(いなりだいみょうじん)」と言います。
一般的には、「お稲荷様」や「お稲荷さん」とも言いますね。

そんな「お稲荷さん」と言えば「狐」や「祟り」の話があったりします。
今回はその由来についてお話したいと思います。




Sponsored Links
 

お稲荷さんの狐の由来とは?


「江戸名物、伊勢屋、稲荷に犬の糞」という言葉が江戸時代に流行りました。
江戸の市中を歩いていると、犬の糞と同じくらい、伊勢屋という屋号の店と稲荷社を目にするという意味です。

神社本庁の調査では、日本でもっとも多い神詿八幡神社とされていますが、街中の小祠(しょうし・小さなお社)まで含めると、稲荷社がダントツで、その数は全国に2万とも3万ともいわれています。
農村はもとより、商業地でも住宅地でも、はたまた個人宅の庭先にも、お稲荷さんの祠を見ることができます。
それほど、稲荷信仰は全国津々浦々まで広がっているということです。

稲荷社にはキツネの像が置かれているため、キツネを祀っている神社と思っている人も多いようですが、実は「稲荷」という名前からも想像がつくように、稲作=農業の神様です。

荷社の総本社は、渡来系の秦氏(はたうじ)が開いたといわれる京都の伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)です。
稲荷大神のご神徳を神名化した五柱の神々が祀られています。
農業の神様ですから、もともとは五穀豊穣(ごこくほうじょう)が願われて呈したがしだいに商売繁盛、万病平癒、学業成就など、あらゆる現世利益(げんせいりやく)にきく神様として信仰を広げていきました。

稲荷社のシンボルとして扱われているキツネは、稲荷大神に仕える使者です。
キツネは人里の田畑によく姿をあらわすため、農業の神である稲荷大神の使いと考えられるようになりました。

そのキツネと稲荷大神が混同されるようになったのは、平安時代の神仏習合によって、稲荷大神が仏教のの守護神・荼枳尼天(だきにてん)の化身であるとされたことによります。
荼吉尼天は、辰狐王菩薩(しんこおうぼさつ)ともいわれ、キツネの精とされていました。
こうしたことから、稲荷大神がキツネの神様であるという誤解が広まっていったようです。




Sponsored Links
 

お稲荷さんの祟りは稲荷行者が広めた?



お稲荷さんは、人々に広く親しまれる神様であると同時に、さまざまな祟(たた)りや怪異を起こす存在とも思われているようです。
油揚げをお供えすることをやめたら、立て続けに不幸に襲われたとか、宅地開発のためにお稲荷さんを動かしたら、何人もの死者が出たなど、都市伝説のような話が昔から語られています。
こうした話は、稲荷大神とキツネが混同されたことと、稲荷行者と呼ばれる人たちによる稲荷信仰の布教が影響しているようです。

稲荷行者は、稲荷信仰を広めるために全国をまわりました。
彼らは、ときにキツネ憑(つ)きを落とすための加持(かじ)や魔障(ましょう)を退散する祈祷(きとう)などを行い、稲荷信仰を説いていったのです。

このような布教活動によってお稲荷さんは強い霊力を持っていると信じられるようになり、きちんと祀らないと、たたりとなって返ってくるという都市伝説につながっていったのかもしれません。



関連記事

  1. 壬生狂言(※大念仏会)の2018年の日程と時間
  2. 禅語の「両忘(りょうぼう)」の意味を学んで曖昧さを楽しむ
  3. 心臓疾患にかかりやすいタイプは性質でわかるってホント?
  4. 2018年「いわて雪まつり」の日程と詳細
  5. 魅力的な人になるになるにはどうすればいいの?
  6. 自分と対話する方法とその効果
  7. なぜ男性は「おだてられる」と頑張るのか?
  8. 自分の話ばかりする人の特徴や心理とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

名前には魂が宿る…その考えとは?!

人間誰しもが名前を持っています。どんな人でも名前を持っていない人はいません。…

2018年東京の「うそかえ祭り」は亀戸・湯島天神・上野五條天神がおすすめ

1月7日に福岡県の太宰府天満宮で行なわれる鷽替え神事(うそかえ祭り)は、参加者が「替えましょ、替えま…

夢占い…カメラに撮られる夢の意味とは?

「カメラに撮られる夢」を見たことはありますか?…カメラの夢(夢占い)は、何かしらに対するあなたの…

空気が読み方がわからなくなってしまった人へ…

最近では当たり前のように使われる言葉に「空気が読めない」というものがあります。いわゆる「KY」と…

結婚式の定番曲を歌った女性歌手に離婚が多いワケとは?

結婚式では様々な音楽が使われます。しかし、よほど音楽に詳しかったり、その業界に精通していない場合…

月別アーカイブ

2021年2月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 言い訳をしない事と引き換えに得られるもの
  2. 「目撃証言」の信憑性ってかなり低いの?
  3. 気分が乗らない時の対処法は屋外で食事をするといい?
  4. 「AB型×双子(ふたご)座」男性の取り扱い説明書
  5. なぜ男は終わった恋を引きずるのか?
Sponsored Links
PAGE TOP