ライフスタイル

子供のいじめの対策として親ができることとは?

子供同士のいじめの問題はいつの時代になってもなくなりません。
最近は、いじめの内容がさらにひどくなり、自殺者が増加しています。

子供は大人と違い、生きている世界が狭く、経験が浅い為、なかなか一人で解決することが難しいのです。
しかし、親が子供のいじめに気づいてあげられず、自ら命を絶ってしまうことが実に多く発生しています。

一番はこの世から、いじめをなくすことが大切ですが、なかなか簡単にいきません。
そこで、いじめに耐え、相手に向かっていける力をまずつける為に、少なからず親ができることがあります。

それではどのように子供を育てれば良いのでしょうか?…




Sponsored Links
 

子供のいじめの対策として親ができることとは?


いじめを受けたことが引き金になって自殺をする子どもたちが後を絶ちません。

こうした事件があると必ず「死ぬ前に、誰かに相談すればよかったのに」という声が上がります。
確かに、そこまで思い詰める前に周囲の親しい人にSOSを出せなかったのか、と不思議に感じることもあるでしょう。
けれどこれには、子ども自身の心にストッパーが働いているという事情があるのです。

子どもは10歳ごろから思春期を迎えます。
すると自我が急速に発達し、心のなかに”自分だけの世界”を作るようになります。
つまりプライバシーを持ち、周囲に触れさせない秘密ができます。

たとえば、幼い子は自宅では平気でドアを開けたままトイレに入ったりしますが、この年齢になると、ドアをキチンと閉めてカギまでかけるようになります。
心のなかでもこれと同じようなことが起こっているのです。
すると、親など親密な人にも心の核の部分を話したくない、という気持ちが芽生えます。

一方、これとほぼ同時期に相対的道徳観が芽生えます。
これは、相手の立場に立って思いやれる気持ちのことです。
それまでは自分の感情を中心にした絶対的道徳観だったものが成熟するのです。
すると、親の立場に立てるようになり、「心配をかけるんじゃないか」などの気持ちが出てきます。

どちらも健全な心の発達です。
しかし、この2つが働くことで、周囲の親密な人に打撃を与えるような辛い体験などを話せなくなります。
物事を正面からとらえる真面目な子どもほど、こうした気持ちは強くなります。
いじめに傷ついても誰にも打ち明けられないのはこうした気持ちが働いているのです。

では、いじめに苦しむ子どもを作らないためにはどうしたらいいのでしょう。
もちろん陰湿ないじめをする子どもを作らないのが絶対条件ですが、いじめに負けない子にする方法はあるのでしょうか。

いじめに遭っても、その反応は人により違います。
死を選ぶ子もいれば、親や教師に相談できる子、いじめる相手に向かっていく子、転校などの解決策を自ら選べる子もいます。
その違いはなんでしょうか。

1つにはフラストレーション耐性の差があります。
フラストレーション耐性とは、欲求不満を引き起こすような葛藤状態におかれたときに、耐える力のこと…
これが強い人ほど問題が生じたときの耐久力や解決能力が高いのです。

この力を身につけるには、小学校入学前の幼少期に小さなフラストレーションを多く体験・解決しておくことです。
たとえば「お菓子が食べたい」と言って母親に「ご飯の前だからダメ」と拒否されたとします。

そのとき、泣き叫んだり、強く要望したり、「ご飯の後ならいいか」「1つだけならどうか」と交渉したりと、子どもなりに解決を試み、乗り越えようとします。
こうした経験を重ねることで、フラストレーション耐性の強い大人に成長できます。

もう1つがソーシャル·スキルです。
いじめられたときにどう対処すればいいか、というのは人間関係の処世術。
いくらやさしい子でも、成績のいい子でも、スキルがないと解決できないのです。

こうしたスキルはスポーツや勉強と違って、教えようと思って教えられるものではありません。
親や周りの大人たちがお手本となり、コミュニケーションの仕方を身につけさせてあげることが大切です。



関連記事

  1. コミュニケーション能力を高める為に必要な考え方とは?!
  2. 自分を好きになれない場合はどうしたらいいの?
  3. 花祭りと甘茶の由来を学んでみましょう
  4. パワースポット「榛名神社」の属性と効果
  5. 秋田の祭り「なまはげ」が抱える危機とは?
  6. 口元から見るその人の心理とは?
  7. 終末観の意味や思想とは何なのか?
  8. 塩釜市・鹽竈神社「帆手祭」の由来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

結婚のタイミング・・・後悔したくないあなたへ

彼と付き合って何年か経つと、次はどうしても次のステージ・・・・結婚を意識するのは当たり前ですよね。…

「O型で兄弟姉妹が一人の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。そし…

パワーストーン「クリソプレーズ」の効果や浄化方法

「クリソプレーズ」古代ローマでは、浮き彫りをほどこしたカメオの装身具や置物などとして用いられた、澄ん…

引越しするのにベストな時期ってあるの?

出張が決まったなど、即引越しをしなければいけない場合は、考える暇もなく、引越しの準備を進めていかなけ…

他人の評価が全てではなく自分の評価を大切にしてみよう

人はどうしても周りのことを気にしてしまう生き物です。社会で多くの人と関わりあっている以上、競争心…

月別アーカイブ

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 女は臭い方がイイ?臭い女が好きな男性の秘められた心理
  2. 集団パニックが起こる心理や原因とは…
  3. お金を貯めるために必要な心理(マインド)
  4. ルルドの泉からあふれる奇跡の水のご利益とは?
  5. 「ライフパスナンバー2」はどんな人?
Sponsored Links
PAGE TOP