ライフスタイル

福島県「信夫三山暁まいり」の歴史

福島県の伝統行事、健脚・旅の安全を願うといわれている「信夫三山暁まいり」…
旧正月14日にあたる毎年2月10日から11日に福島県福島市中心部にある信夫山で行われる祭事です。

ここでは福島県「信夫三山暁まいり」の歴史についてご紹介しておきましょう。

祭事名:信夫三山暁まいり
開催期間:2018年2月10日(土)~11日(日)
場所:福島県福島市羽黒神社
お問い合わせ:福島市役所商業労政課
TEL:024-535-1111



Sponsored Links
 

福島県「信夫三山暁まいり」の歴史



江戸時代から300年あまりにわたり受け継がれてきた「信夫三山暁まいり(しのぶさんざんあかつきまいり)」は、巨大なわらじを奉納することで知られています。
福島市のシンボルである信夫山に鎖座する羽黒神社の例祭であり、毎年2月10日、11日に行なわれています。

羽黒神社には仁王門があり、安置されていた仁王様の大きさに合った大わらじを作って奉納したのが始まりだと言われています。
その後、伊勢参拝などの長旅に出かける人々から健脚、旅の安全などを祈って羽黒神社境内の足尾権現にわらじを奉納するようになりました。

大わらじは、地元御山地区の御山敬神会が五穀豊穣、家内安全、身体強健などを願って毎年製作しています。
大わらじのサイズは長さ12メートル、幅1.4メートル、重さ2トンで日本一ともいわれています。

この大わらじを白装束の若衆が約100人で担ぎ上げ、福島駅前など市内約11キロを練り歩いたのちに羽黒神社へ奉納します。

「暁まいり」という名のとおり、羽黒神社に大わらじが奉納されると、夕刻から翌未明にかけて参拝者が次々と暗い参道を登ってきます。
山頂の神社にわらじを奉納して健康、とくに健脚を祈願します。
昔は個人もわらじを奉納していたが、最近は靴が奉納されます。
とくに目立つのが子どもの靴で、わが子の健康を願う親の気持ちが伝わってきます。

ちなみに地元では、大わらじを3年続けて担ぐか3年続けて参拝すると願いごとがかなうといわれているようです。
境内や参道では、縁起物のマサル・だるま・金のわらじ付き破魔矢や干支にちなんだ絵馬・ゆず飴等の露店が軒を並べ、夜半から翌朝にかけて多くの参拝者が訪れます。

機会があったらぜひ足を運んでみてくださいね!



関連記事

  1. 自分の話ばかりする人の心理と自慢話が多い人の心理
  2. 自宅を「パワースポット化」するにはどうしたらいいの?
  3. 夜に爪切りするのはNGという言い伝えは迷信だった?!
  4. 我慢する力を育てる…真摯に向き合う事の大切さ
  5. 表情や仕草から嘘を見抜くマル秘テクニックとは?
  6. 友人と一緒にいるときや食事の注文の仕方で性格が見抜ける件
  7. 携帯電話の電源を切る事で得ることとは?
  8. 「頼みごと」をされたらできる限り協力する方が幸せか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

禅の言葉「行住坐臥」の使い方を知り心を育てる

禅の言葉「行住坐臥」をご存知でしょうか。今回は、「行住坐臥」という言葉に関してご紹介します。…

あなたは「風水」の本当の意味を知っていますか?

今や「風水」は私たちにとってとても身近な存在になっています。それは「始めやすい」、「誰にでも簡単…

パワーストーン「カヤナイト」の効果や浄化方法

「カヤナイト」はギリシャ語のカヤノス(青色)が語源とされ、この石は、洞察力と直感力を高めて、精神を変…

「色の好み」からわかる性格分類

心理学者のルッシャーによると人は無意識のうちに、気分に応じた色を選んでいるそうです。暗い気持ちの…

クリスマスはイエスキリストの誕生日ではない?!

ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている…12月25日の「クリスマス」は、子…

月別アーカイブ

2021年1月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 邪気を出し運気を上げる食べ物とは?!
  2. 青森県「黒石よされ祭り」の歴史とアクセス(駐車場)
  3. 夜爪を切ると親の死に目に会えない…その由来とは?
  4. 聖書の著者は誰なのか?
  5. 見返りを求めない人ほど運がいい?!
Sponsored Links
PAGE TOP