ライフスタイル

苦しい時こそ笑顔でいる効果とは?

苦しい時は、何事もプラスに物事を考えられなくなってどんどん落ち込み、悪循環に陥るばかり・・・。

そんな時でも少し頑張って明るく笑顔でいようとするだけで、あら?不思議と苦しい気持ちを忘れていく・・・。
最初は無理して笑ってたけど、何だか本当に楽しくなってきた!

そう・・・笑顔でいるってすごいパワーを生んでくれるんです。

今回はそんなお話をしていきましょう。



Sponsored Links
 

苦しい時こそ笑顔でいる効果


k5

恋愛、仕事、友人関係、家族関係などの悩みを解決しようと考えるとき、心理状態が落ち込んでいるときの暗い発想からは、自分の望む結果を出すことは難しくなってきます。
毎日楽しいことだらけだったら、どんなにいいかと思いますよね。

でも、悲しみや苦しみ、つらさといった苦しく落ち込むことがない人生も、考え方によっては味気ない人生なのではないでしょうか。
楽しいことやうれしいこと、喜びも経験ならば、つらさや苦しみ、悲しみもかけがえのない経験でしょう。

すべては考え方次第です。

プラスの感情やマイナスの感情も心が動き感動しているという状態。
これは生きているからこその思いなのだと受け入れてみると、マイナスの感情がさほど怖くなくなってくるのです。

彼とデートで手をつないで幸せを感じることからと同じように、彼とささいなことの行き違いが原因でケンカをし、誤解を解いて仲直りする過程で経験する悲しみ、怒り、不安や恐れからの気づきや学びも尊いものなのです。
悲しいからと悲しみに流されている状態は、さらに苦しみや悲しいことを引き寄せてしまうのです。

仕事で失敗し上司にガミガミお説教をされた直後に、今度は彼ともささいな言い合いからケンカになり険悪なムードに……。
これは仕事上での失敗を引きずって、明るい気持ちで彼とデートができなかった心理状態がまさに呼び寄せた状態といえるのではないでしょうか。
類は類を呼ぶといいますが、感情もそうなのです。

明るく楽しく過ごしてモチベーションが高い時は、次々に楽しいことが起こり、充実した一日を過ごせたという経験は一度や二度、誰もがお持ちでしょう。

悲しいときや、つらく苦しいときこそ明るくしていると、悲しみを忘れて楽しく過ごせていたりします。
苦しくても明るく努めているとその気持ちが楽しいことを引き寄せてくるのだと実感したことでしょう。



Sponsored Links
 

苦しいとき、鏡に向かってニッコリしてみよう


k6

泣きたいときは泣きたいだけ泣いていいのです。
でも、泣き疲れるくらい気のすむまで泣いた後は、気持ちを切り替えて明るく過ごす努力をしてみてください。

ニコニコと笑ってみるのです。

笑顔です。

笑えなくても、多少は無理してでも笑ってみてください。
幸せを引き寄せるために。
鏡に自分の顔を映して、最初は口角だけでもいい、ニッコリとしてみてください。

それができたら、次は鏡に映っている自分にもっとニッコリしてみるのです。
少しずつ何段階にも分けて徐々に顔全体に広げていくと笑顔になれていきます。

そうすると、笑っている自分がいとおしくなり、自然に笑顔が出てきます。

自分の笑顔がどんなに心までも癒すことができるかに気づくことができ、さらに幸せが感じられるのです。

顔だけでも笑うと、心も笑顔になっていますよ。

毎日楽しくうれしいことばかり集まってくるように、幸せになるためにも、どんなにつらいことがあったとしても明るく笑って過ごしてください。

笑っていると悲しみもいつの間にか忘れてしまえているものですよ。
苦しいときに笑って過ごすことは大変ですよね。だからこそ、明るく過ごすのです。

あえて難しいことにチャレンジするのです。

常に心を積極的にしてください。
いつも心を積極的にしていると、人生の喜びも苦しみもすべて自分次第なんだと気づけるのです。

気づけると、つらいからこそ、幸せになりたいからこそ、今日も笑っていたくなってくるのです。



関連記事

  1. 更年期障害と心の変調について…
  2. 運命は変えられるのか?…その答えを探る
  3. マイナスエネルギーを生んでしまう人は「所作」や「動作」に問題あり…
  4. 仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?
  5. 予定がないと不安になる「スケジュール依存症候群」について
  6. 声なき声…隻手音声の意味とは?
  7. こっそり幸せになる女性が続けている3つの習慣
  8. バカ笑いする人の心理と大声で話す人の心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

イエス・キリストの出生地と幼少期

スピリチュアルと関連の深い宗教への理解を深めるには、開祖について知ることが近道です。誰もがご…

「でも」「しかし」が口癖の人の性格や心理

つい口癖で「でも…」から始まってしまう人、あなたの周りにも多いのではないでしょうか。「でも」や「…

「3月20日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

死んだペットが夢に出てくる…その夢占いの意味とは?

ペットを飼っている人にとって愛するペットは家族の一員です。しかし動物…

パワーストーン「ヘマタイト」の効果や浄化方法

ヘマタイト(hematite)はメタリックな輝きを放つ結晶です。ギリシャ語でヘマは、「血」を意味…

月別アーカイブ

2020年12月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. ぶりっ子の友達がうざい…そんな友達とうまくやっていく3つのスキルとは?
  2. 「O型×蟹(かに)座」男性の取り扱い説明書
  3. 男が彼女に突然冷める瞬間と時期…あなたは知ってる?
  4. 姓名判断から占う「石田亜沙己」と「猿川真寿」の結婚と離婚
  5. 金運を上げるにはお札の番号を控えるべし!
Sponsored Links
PAGE TOP