ライフスタイル

心と体のバランスを整える呼吸法と良質な睡眠をとるには?!




ストレス社会であるこのご時世、人付き合いやオーバーワークなどで心や体に支障をきたしている人も多いのではないでしょうか。

心や体が疲れている…でもなかなか息抜きができない、十分に休めている気がしない…という方へ。

生きている上で欠かせないもの…
ヨガなどでも必要不可欠な要素である呼吸法、そして、体の回復には欠かせない良質な睡眠方法をご紹介します。

日常において少し意識して行うことによって、心と体が元気になりますよ!




Sponsored Links

心と体のバランスを整える呼吸法と良質な睡眠をとるには?!


呼吸は、生きていく上で水と同じくらい、なくてはならないものですよね。

しかし、呼吸は無意識でもできるため、あまり意識していない人が多いものです。
けれど、呼吸の秘密を知ると、素晴らしいことが次々と起こるんですよ!

呼吸をするには、まず「ふーーーーーっ」っと、お腹を引っ込め、肺もからっぽにするつもりで吐き出します。
吐き出しきって、3秒止めたら、「すーーーーーっ」っと、胸一杯、お腹一杯吸い込みます。
吸いきったら、また3秒止めて、吐き出します。

できれば、窓を開けて、新鮮な外気を入れてやってください。
数回やるだけで、汗ばんでくるはずです。

そして体中に酸素たっぷりの血液が巡るので、顔色もよくなり、頭の回転も早くなります。
腹筋を使うので、腸のマッサージにもなります。

また、副交感神経が優勢になり、リラックスホルモンのセロトニンも増えるので、数分後には、とてもリラックスしているでしょう。

人は、イライラしているとき、呼吸が浅くなっています。
また、ドキッとしたり、ビクビクしているときもそうです。
だから、そういう気分を一掃するのにも深呼吸は役に立つのです。

心が波立っていたら、自分の呼吸に注意を向けてみるようにしましょう。
呼吸が乱れていたら、できるだけ長く吐いて、それからできるだけゆっくり吸うようにしてみるのです。
そうすると、だんだん気持ちが落ち着いてくるのを実感できるでしょう。

「呼吸」というのは、「出して」「入れる」ことです。
出すことが少なければ、入ってくるものも少なくなります。

要らないものは、思いも邪気も出しきってしまいましょう。
そうすると、新たなキレイなものがたくさん入ってくるようになります。

また、呼吸と同じくらい大事なのが、睡眠です。

1日の約3分の1は睡眠で費やしているので、質のいい睡眠をとることは、心にとっても体にとっても、さらには魂にとっても大切です。

日中、動いていると、体の筋肉が疲労したり、細胞が傷ついたりします。
夜のゴールデンタイムと言われている10時から午前2時は、それを修復する成長ホルモンの分泌が盛んになるので、なるべくその間は体を休めていたほうがいいのです。
遅くとも、12時前には床につきましょう。

たっぷり睡眠をとっている人は、お肌もプルプルですよね。

また、脳も休めてあげないと、脳から分泌されているセロトニン、ドーパミン、アセチルコリンなどのさまざまな脳内物質がバランスよく動かなくなり、心の働きも悪くなります。

さらに江原啓之さんは、眠っているとき、私たちの魂は、スピリチュアルワールドに里帰りして、休息をとったり、エネルギーを充電していたりすると言います。
だから、啓示的な夢を見たり、夢の中でアドバイスをもらうこともできるんですね。

人生の転機などは、とくに眠くなるそうです。

また、「春眠暁を覚えず」と言いますが、季節の変わり目など、体が変わるときも、体は睡眠を多く要求します。
そういうときもなるべく体を休めましょう。

寝る前に、頭や体が興奮して、交感神経が優勢だと、眠りにつきにくくなります。

リラックスするためには、ぬるめのお風呂に入って体をほぐし、明るいディスプレイのパソコンやテレビを見るのは控えましょう。

いろいろな考えで頭が冴えてしまっていたら、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。
考えから心を離し、温かい海の中にたゆたって、そのまま体が溶けるようなイメージをすると、だんだんリラックスして、いつの間にか眠っていますよ!

日常において、呼吸法と質のいい睡眠を意識することによって、体も魂もキレイに、そして健康的になりましょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. イスラム教の聖典「コーラン」の内容を声に出す理由
  2. 終末観の意味や思想とは何なのか?
  3. 自分に自信がなく劣等感を感じてしまうのはなぜ?
  4. 仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?
  5. 心理状態に影響する色の性質
  6. 2018年凧市(王子稲荷神社)の時間とアクセス(駐車場)
  7. 2018年…七草粥と七草爪(爪切りの日)はいつなのか?
  8. やはり美人というだけで運がいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

マイナスエネルギーを生んでしまう人は「所作」や「動作」に問題あり?!

ご存知でしょうか。実は普段の「所作」や「動作」にも、エネルギーの良し悪しがあります。エネルギ…

仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?

仏(ほとけ)、もしくは悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を仏陀と言います。仏陀はサンスクリット…

2018年「日高火防祭」日程とアクセス(駐車場)

岩手県奥州市水沢区にて、毎年4月28日(前夜祭)、4月29日(本祭)に日高神社例大祭に実施される火防…

女性も男性も使える恋愛の4つのステップアップ

あなたは自分が恋愛に至るまで、どのようなステップを踏んでいますか?なんとなく付き合ってみた……

「3月10日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

月別アーカイブ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 天中殺の過ごし方は?してはいけない事とした方がいい事
  2. メシア(救世主)とは何を意味するものなのか?
  3. 「3月17日」生まれの人の性格や適職とは?
  4. 嘘つきの目線はいつも右上?!嘘つきを見抜く視線の法則
  5. 「3月12日」生まれの人の性格や適職とは?
Sponsored Links
PAGE TOP