恋愛・結婚

恋愛においてなど人の態度や発言で一喜一憂してしまうのはなぜなの?

友達からの一言、職場での上司からの発言、また恋愛において好きな人、または彼氏の態度、発言で一喜一憂をしてしまう人は多いのではないでしょうか。
特に恋愛において一喜一憂してしまう人は非常に多いと思います。

人からのたった一言でいちいち一喜一憂していたら身がもたないし、一喜一憂しないために何か方法はないの?・・・・と模索してしまいそうですが、そもそも一喜一憂してしまうのは、なぜなのでしょうか。

そして一喜一憂してしまうことはよくないことなの?

さっそく見ていきましょう!



Sponsored Links
 

恋愛においてなど人の態度や発言で一喜一憂してしまうのはなぜなの?


自分の中に二人の自分がいる、とよくいわれます。
確かにその通りで、自分の中には、自分の何かを確信した自分と、それに対して「異議を唱える」もう一人の自分がいるのです。
異議を唱える自分は、何かを確信した自分よりも感情が激しいのです。

人の態度や発言で一喜一憂しているのは、このもう一人の自分なのです。
何かにつけ異議を唱えて、確信した自分を迷わせるのです。
しかし意地悪で迷わせているのではなく、自然な感情がそうさせているのです。

何かを選択するとき人は迷います。
その迷うときに二人の自分が現われるのです。
確信する自分は、直感力があります。
もう一人の自分は、過去の体験からのデータなどを瞬時にさぐる能力を持っています。
その二人の自分がそのとき会議をするのです。
さらに、他人の態度や発言など、その会議にはさまざまな横やりが入るのです。

ですから、一喜一憂というのは思考中であるという合図ともいえるのです。
一喜一憂しながら自分がどうすべきか、どうふるまうべきかをさぐっているのです。

意識してもう一人の「異議を唱える」自分を感じてください。
自分の中で、もう一人の自分を感じられるようになると、冷静に状況判断ができるようになります。
この感覚が大切です。

一喜一憂することは、ただ単にそのときどきで喜んだり悲しんだりしているのではありません。
一喜一憂している間に、あなたは、自分の確信に向かって何かをさがしたり、過去の自分と比べたりするプロセスにあるということです。
他人の意見にどっぷり影響を受けているのではなく、他人の意見によって自分はどうすればいいのかを模索している状況です。

自分の中にいる二人の自分を感じてください。
きっとあなたは自分の中の確信と、そうではない別の意見や考えを発見していくはずです。



関連記事

  1. 「AB型×射手(いて)座」男性の取り扱い説明書
  2. 男女の友情は脳科学的にも心理学的にもあり得ない!?
  3. A型男性とA型女性の相性は?2人の付き合い方に秘密があった!?
  4. 「AB型×水瓶(みずがめ)座」男性の取り扱い説明書
  5. 「O型で兄弟姉妹が一人の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!
  6. ストーカー心理と「5つのタイプ」
  7. こだわりのある男とこだわりのない男がどっちがイイのか?
  8. 「O型×双子(ふたご)座」男性の取り扱い説明書

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「A型×天秤(てんびん)座」男性の取り扱い説明書

「A型×天秤(てんびん)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、ど…

口元から見るその人の心理とは?

人の表情には言葉以上にその人の心理が表れていることがあります。「口元」もその一つです。で…

21日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命

スピリチュアルの世界において誕生日…特に「生まれた日」の数字は大きな意味を持っています。…

幸運を呼び込む人の考え方を昔話から考えてみる

あなたは何かを始める前に「こうなったらどうしよう…」、「ああなったらどうしよう……

「運気が悪い…」と感じた時に運気を上げる方法とは?

最近あまりいいことがない…大好きだった彼に振られて立ち直れない…毎日同じことの繰り返しの日々…

月別アーカイブ

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 女性も男性も使える恋愛の4つのステップアップ
  2. 手術の成功をお願いする…東京の神社5選
  3. 「ライフパスナンバー3」はどんな人なの?
  4. ストレスが溜まると病気になってしまう?!
  5. 運気を維持するための日々の習慣
Sponsored Links
PAGE TOP