風水・開運

どんどんお金が貯まる財布にするには財布をパワースポットにしてしまおう!




世の中お金ではない…!と言いたくとも、やはりお金は大事です。
できることならお金持ちになりたい、と誰もが思っているのではないでしょうか。

しかしお金を稼いだり、貯めることは決して簡単ではありません。
日々どんどん消えていくお金に対して、どうやったらお金は貯まるんだろう…と切実に悩んでいる人も多いでしょう。

そこで簡単にできる金運をアップさせる方法をご紹介したいのです!

その方法とは、あなたが普段持ち歩いている財布をお金にとって居心地のいい場所してしまおう、ということなのです!

それではその方法を詳しくみていきましょう。




Sponsored Links

どんどんお金が貯まる財布にするには財布をパワースポットにしてしまおう!


よく風水などで幸運を呼び込むにはお家をパワースポットにすると良い、と言いますが、それと同じでお金にとってのお家であるあなたのお財布も、パワースポットにしてしまいましょう!

あなたのお財布をお金が安らげる居心地のいい場所にすれば、お金は喜んであなたのお財布に入ってきます。

考え方は人の場合と同じです。

お財布は毎日持ち歩くものなので、汚れが付きやすく、また様々な「気」に触れています。
できるだけ清潔に保ち、邪気を入れないようにしましょう。

さて今、あなたのお財布には何が入っていますか?

お金やキャッシュカードのほかに、身分証や会員証、ポイントカード、病院の診察券や無料クーポン券などが入ってパンパンに膨れてはいないでしょうか。
今やどこのお店に行ってもポイントカードを作らせるお店が多く、なんだか作らないと損な気がして、至る所でポイントカードを作ってしまう人も多いのではないでしょうか。

私も気がついたら、財布がパンパンになっていて、整理したらどこのお店のものかも覚えていないようなカードが出てきたり…

お財布の中にはお金以外の物を入れてはいけないというわけではありませんが、しっかりと整理されていることが大切です。
乱雑に放り込まれたり、入れたまま忘れてしまっているものが溜まっていると、それらが発する邪気に影響されて、無駄な浪費が多くなってしまいます。

そこでできれば毎日、次のようなお財布浄化の時間を持つと良いでしょう。

●その日に入れた領収書などを整理して、不要なものは捨てる。
●お札の向きを整える。
●テッシュや布でお財布を軽く拭く。

そして月に1回は使わないカード類やクーポンなどが入っていないか見直す時間を持ちましょう。

また、お財布のお守り代わりに、「金運パワーが強いお札」を常に入れておくのも良いかもしれません。
それは、記番号の末尾が「8」のお札です(末尾でなくても記番号に「8」が多く入っているお札も良いでしょう)。

「8」は、日本では「末広がり」という意味でよく使われますし、中国の風水では数字の「8」には「利益を生む」、「財を発生させる」という意味があります。
さらには、龍神様が「∞(無限大)」無限のループを描いて飛ぶイメージもあり、限りのない豊かさをもたらしてくれる数字なのです。

この8が入ったお札を見つけたら、使わないお金(種銭(たねぜに))としてお財布に入れておきましょう。

そうすることで楽しくお金を貯めることもできますし、さらに運気も良くなってどんどん「8」のお札があなたの元にやってくるようになります。

そして最後に、これも大事なことですが、お金を支払う時は、気持ち良く手放しましょう。

その時できれば、心の中で「欲しいものを買うことができてうれしい。あなたのおかげです。ありがとう!」とお金にお礼を言うのを忘れずに。

あなたの良い波動を浴びているお財布には、お金も循環し、必ずすぐに新しいお金が喜んで入ってきてくれることでしょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. 「O型✖牡羊座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  2. パワーストーン「ジンカイト」の効果や浄化方法
  3. 毎日簡単にできる邪気払いの方法とは?!
  4. パワーストーン「グリーンフローライト」の効果や浄化方法
  5. パワーストーン「ピンクカルサイト」の効果や浄化方法
  6. パワーストーン「マラカイト」の効果や浄化方法
  7. パワーストーン「モルダバイト」の効果や浄化方法
  8. パワーストーン「コーラル」の効果や浄化方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

福島県「信夫三山暁まいり」の歴史

福島県の伝統行事、健脚・旅の安全を願うといわれている「信夫三山暁まいり」…旧正月14日にあたる毎…

好きな人ができない30代女子は下着が悪い!?

30代になってもいまだに彼氏がいない・・・・思い返してみると、今まであまり好きな人ができない・・…

後の祭りの由来は「祇園祭」だった?!

平安時代(へいあんじだい)は、都に疫病や災害が起こり、人々は恐れおののきました。この世に恨みを遺…

なぜ宴会の最後には「手締め」がお決まりなのか?

最近の若い人や若い人が多い会社・組織ではあまりなじみがないかもしれません。しかし一昔前までは、宴…

2018年湯沢「犬っこまつり」の由来やアクセス(駐車場)

約400年もの長い間続いたといわれる湯沢地方の民俗行事「犬っこまつり」…毎年20万人ほどが訪れる…

月別アーカイブ

2020年5月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 占星術から占う「市村正親」と「篠原涼子」の結婚と離婚
  2. 季節における風水との関わり合いとは?!
  3. 彼氏と別れそうになる夢を見た…その意味や対策とは?
  4. 夢を現実に近づけるとっておきの方法とは?!
  5. お風呂の掃除してる?風水で絶対やってはいけない7つのNG!
Sponsored Links
PAGE TOP