ライフスタイル

「猫を殺すと七代祟る」と言われる理由とは?

「猫を殺すと七代祟(たた)る」という言い伝えがあります。
昔から、猫は執念深い生き物と考えられていたようです。
有名な「鍋島の化け猫騒動」は、その典型的な例と言えるでしょう。

肥前佐賀藩の鍋島光茂(なべしまみつしげ)は暴君として知られていました。
碁の相手を務めていた臣下の龍造寺又七郎は、ひょんなことで光茂の機嫌を損ね、斬り殺されてしまいます。

知らせを聞いた母は嘆き悲しみ、飼い猫に胸中を語った後、自害…
母の血をなめた猫は化け猫となり、城中に入り込んで夜な夜な光茂のもとに化けて出ますが、忠臣の小森半左衛門に退治されるという物語です。

これは鍋島藩の家督争いにまつわるお家騒動をもとに作られた話ということですが、化け猫の話にしたということは、そもそも猫が執念深い性格で、化けて出るものという認識があったことがうかがえます。

では、なぜ猫は執念深く、不吉な存在だと思われるのでしょうか?…
猫は神秘的な動物です。

明るいところでは瞳孔が閉じて細長くなり、暗いところでは開いて丸くなります。
また、夜、猫に出会うと、光を反射して目がキラキラと光ります。
目を凝らすようにじっとこちらを見つめ返す姿は、確かに執念深そうでもあります。

猫はもともと狩猟にたけた動物です。
人に慣れた家猫でも、しばしばネズミや鳥などを獲ってきて、ハンターとしての腕前を見せつけることがありました。

また、犬のように飼い主が帰ってくると、喜びを全身にあらわして喜ぶようなことはせず、どこか悠然としていて、人間にすべてを委ねないような雰囲気があります。

こうしたことから、猫はどことなく不気味で、超自然的な存在ととらえられたのではないでしょうか。
七代祟るというのは、執念深そうだというイメージから来ているのでしょうが、実際の猫はそれほど執念深くありませんし、慣れるととても人なつこい動物なのですが…



関連記事

  1. キリストが日本 で暮らしていたという伝承がある?!
  2. 夢占い…惑星(水星・木星・金星・土星・冥王星・天王星・海王星)
  3. イエスが悪魔と戦った荒野の誘惑とは?
  4. 禅語の「両忘(りょうぼう)」の意味を学んで曖昧さを楽しむ
  5. 性格を簡単に変える方法はあるのか?
  6. 心理状態に影響する色の性質
  7. 目が大きい人の性格は温和?それとも粗暴?
  8. 法隆寺小会式・四天王寺聖霊会の歴史とアクセス(駐車場)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

四柱推命「比肩」の仕事運と金運

四柱推命「比肩」の仕事運と金運について…また月柱の天干宿命星との関係についてご紹介しましょう。…

「トイレの神様」は実際するかもしれない?!

日本には八百万神(やおよろずのかみ)がいらっしゃるとされています。八百万神とは、数多くの神、すべ…

儲け話の詐欺にあう人ってどんな傾向にあるの?

例えばこんな話を耳にしたことがありませんか?「ひと月で何十万も稼げます」…「これに投資すれば…

豚肉NGなイスラム教徒は日本ではどうしてるの?

日本ではあまり馴染のないイスラム教…私たちも知らないことが多いかと思います。しかし、イス…

相手に的確に伝える力のポイントはこれだ

仕事上で上司などに報告する際、伝え方が曖昧で、結局何が言いたいのかがわからないとなり、上司に怒られて…

月別アーカイブ

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 「でも」「しかし」が口癖の人の性格や心理
  2. 「裸になる」の夢を見た…その意味とは?
  3. シク教とは?シク教の特徴と歴史について
  4. 人生に疲れないための魂の休息方法
  5. 「3月15日」生まれの人の性格や適職とは?
Sponsored Links
PAGE TOP