ライフスタイル

パワースポット鞍馬寺の効果と石(焦石)の関係

京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺…
また源義経(牛若丸)が幼少の頃に修行した寺、そして650万年前に金星から飛来したという魔王尊を魔王殿にお祀りしていることで有名なお寺こそ、鞍馬弘教総本山「鞍馬寺(くらまでら)」です。

毘沙門天をお祀りする本殿金堂、実はここは本当に龍穴の上にうまく建てられていて、砂と案山となる山がきれいにこの地を囲んでいます。
本殿金堂の前は開けていて、前の案山がちょうどいい高さに見えます。

そして、特筆すぺきことは本殿金堂の前に埋もれながらも少し頭を出している大きな石です。
もしかしたら毘沙門天様はこの石を目標に降りてこられるのではないでしょうか。

実は風水的に説明すると、龍穴の前に大きな石があるのは穴の気が洩れていかないように守る働きがあり、特殊な龍穴でのみこういう形が見られます。
専門的には「焦石(しょうせき)」と呼びます。

寺のある山はきれいな形の木星の山です。
発展や成功という意味と力を持っています。

ですから、事業の発展とか会社をお守りいただくという内容の願い事にはいいでしょう。
ただし、有名な魔王殿の方に行くと、強い磁力のために宇宙から入ってきている本殿金堂前とは正反対の場ができてしまっています。

時には人々の願い事や念が昇華されずに残ったりもするのです。
このパワースポットでは、大きなミスが続いた時、嫌な相手と別れたい時、訴訟問題やトラブルを抱えている時に訪ね、その嫌なものを魔王殿のご本尊に吸い取ってもらうのもいいかもしれませんね。


関連記事

  1. パワースポット恐山で悪縁を断ち切る
  2. 空気が読み方がわからなくなってしまった人へ…
  3. パワースポット住吉大社の属性は「水」
  4. ブランド好きの人にはどのような心理が秘められているのか?
  5. 30日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  6. 曹洞宗とは?…お経「南無釈迦牟尼仏」とその歴史
  7. 京都市上賀茂神社で行われる土解祭(ごげさい)について
  8. ファッションなどの流行を追い求めてしまう心理とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

針供養するなら2018年は東京都内のどこに行けばいい?

2018年2月8日(木)は「針供養」の日ですね。針供養では、1年間使った針を供養する…また縫…

男性がよく喋る…その心理にはこんな意味があった!?

職場や友人など、あなたの周りにも良くしゃべる人はいませんか?そしてそ…

「3月8日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

カラーセラピーと日本人

「桜の薄いピンクを見ると、なんとも言えず幸せな気分になる」…ピンク色には、安らぎやリラックス、健…

パワーストーン「アンバー」の効果や浄化方法

アンバーは穏やかなパワーを発する、蜂蜜色の結晶です。日本では「琥珀」と呼ばれています。数百、…

月別アーカイブ

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 占星術から占う「菅原小春」と「三浦春馬」の相性と結婚
  2. 壬生狂言(※大念仏会)の2018年の日程と時間
  3. 6月12日は「恋人の日」…女性は恋人がいない期間の過ごし方が運命を決める!
  4. 日蓮宗とは?…その歴史や本尊について
  5. 熊本県のパワースポット「阿蘇神社」の功徳とは?
Sponsored Links
PAGE TOP