ライフスタイル

十八番を「おはこ」となぜ呼ぶのか?

よくカラオケなどで、「この曲はオレの十八番なんだよ!」、「これは私のおはこなの!」という言葉を耳にしたことはありませんか?
実際にこの言葉をよく使っている方もいらっしゃるかもしれません。
ここで使われている「十八番」も「おはこ」も同じ意味で、「じゅうはちばん」と読まずに「おはこ」という人もいるかと思います。

では、十八番をなぜ「おはこ」と呼ぶのでしょうか?




Sponsored Links
 

十八番を「おはこ」となぜ呼ぶのか?


その人がもっとも得意とするものを「十八番」といいます。
いちばん得意なものであるのに、なぜ十八番なのでしょうか?

これも歌舞伎からきた言葉です。
江戸時代、七代目市川團十郎は、市川宗家のお家芸として十八番(一八種類)の演目を選定しました(歌舞伎十八)。
そこから、もっとも得意とする技を十八番というようになったのです。

十八番と書いて「おはこ」と読ませることもありますが、これは歌舞伎十八番の台本を箱に入れて大切に保管していたからという説と、骨董品などを鑑定する鑑定家が真作と認定した証として箱に署名したことから、認定された芸ということで「おはこ」と呼ぶようになったという説があります。




Sponsored Links

 

歌舞伎十八番とはどんな演目なの?



歌舞伎十八番の演目は、「外郎売(ういろううり)」、「嫐(うわなり)」、「押戻(おしもどし)」、「景清(かげきよ)」、「鎌髭(かまひげ)」、「関羽(かんう)」、「勧筵帳(かんじんちょう)」、「解脱(げだつ)」、「毛抜(けぬき)」、「暫(しばらく)」、「蛇柳(じゃやなぎ)」、「助六(すけろく)」、「象引(ぞうひき)」、「七つ面(ななつめん)」、「鳴神(なるかみ)」、「不動(ふどう)」、「不破(ふわ)」、「矢の根(やのね)」の十八番となります。

初代團十郎、二代目團十郎、四代目團十郎が得意とした荒事が中心ですが、台本が散逸してすでに内容がよくわからないものも含まれていたようです。
そういう演目は、明治以降、わずかに残る資料や口承、錦絵などをもとに復元され、復活上演されました。

歌舞伎十八番の中で、上演回数が多いのは、「助六」、「勧進帳」、「暫」の三番です。
簡単に内容をご紹介しましょう。

【助六】
「曽我もの」と呼ばれる演目の一つで、曽我兄弟の仇討ちで有名な曽我五郎が、源氏の宝刀友切丸を探すために助六という侠客に身をやつし吉原に潜入する。三浦屋のおいらん揚巻と恋仲になった助六は、吉原で豪遊するある老人が宝刀を持っているという話を聞き出し、奪い返すというストーリー。

【勧進帳】
頼朝に都を追われた義経は弁慶などの家来をつれ、山伏に扮して奥州に逃れる。その途中の関所で、関守·富樫左衛門から「山伏なら勧進帳(寺に寄付を募るお願いが書かれた巻物)を読んでみよ」と命じられる。絶体絶命のピンチに、弁慶が何も書いていない巻物を勧進帳だとして読み上げる。富樫は通行を許可するが、富樫の部下が義経を疑うと、弁慶は義経を激しく打ち据える。その弁慶の痛切な思いに、富樫は通行を許した。

【暫】
武将、清原武衡(きよはらのたけひら)が、自分の意に従わない者を家来に命じて斬ろうとするところへ、「しばらく」という声とともに鎌倉権五郎が登場し、人々を助けるというストーリー。顔見世興行で、一座の俳優を披露する際に上演される。

「助六」は、初演から100年以上たっている演目で、七代目團十郎が現行の体裁に落ち着かせました。
「勧進帳」は七代目團十郎が書き下ろしたもの、「暫」は、明治期に入って九代目團十郎が現行の形を完成させたものです。

いずれも市川宗家のお家芸というより、新作といっていい演目です。
非常にわかりやすいストーリーで、歌舞伎初心者も大いに楽しめます。



関連記事

  1. 夏至の日の食べ物が「タコ」である理由とは?
  2. 人間がパニックに陥りやすい集団心理について
  3. 自分が正しいと思い続けている人は危険!?
  4. パワースポット「鹿島神社」の魅力
  5. 2018年京都市左京区「貴船神社」で行われる雨乞(あまごい)祭
  6. 宗教にハマる人の特徴やその心理とは?
  7. また会いたくなる人の特徴とは?!○○の力のすごさがものを言う?!…
  8. ブランド品を選ぶ人はどんな性格なの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

夢占い…井戸に落ちる夢を見たとき

夢で井戸に落ちる夢を見た…井戸の水をくむ夢を見た…など。井戸に落ちる夢を見たら、何か悪い…

気になる人から目をそらしたくなる意外なホンネ

会話をしている際に「目を見て話す人」、「目を見ないで(反らして)話す人」がいるかと思います。あな…

「AB型で兄弟姉妹が二人以上の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。そし…

「廊下」・「階段」・「壁」で絶対にやってはいけないNG風水とは?

あなたは家における風水を気にしたことはありますか?家電、家具の位置や、冷…

初期のキリスト教とはどんな教団だったのか?

ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教…それが「キリスト教」です。さて、この…

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 禅語の明珠在掌(みょうじゅたなごころにあり)を知る
  2. 「昔の恋人が忘れられない…」という想いを断ち切る方法とは?
  3. 疲れが取れない時は邪気が溜まっている?…邪気を徹底的に払う方法について
  4. 「十字軍遠征」の結果や影響はどんなもだったのか?
  5. 座る場所でわかるその人の心理とは?
Sponsored Links
PAGE TOP