Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/appcom/eyespi.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ライフスタイル

学校でのいじめの原因は○○の可能性もある?!




いじめはいつの時代もなかなかなくならない深刻な問題の一つであると言えます。
いじめが原因で自殺に追い込まれてしまう…そして最悪の場合、死に至ってしまう事件はニュースでもよく目にします。

「いじめをなくさなければ!」…と口で言うのは簡単ですが、いじめ問題を解決することは非常に複雑で大変な課題ですよね。

文部科学省は平成29年10月26日、平成28年度(2016年度)の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果の速報値を公開しました。
それによると、小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数は、323,808件(前年度225,132 件)と、前年度より98,676件増加しており、児童生徒1,000人当たりの認知件数は23.9件(前年度16.5件)となっています。

なくなるばかりか、増加してしまっているいじめ問題ですが、いじめというと、何となく少年少女達ばかりに焦点があたっているような気がします。

そして親や先生は相談先、と行ったようなイメージがありますが、実はその先生がいじめの原因になっている場合もあるのです…

それでは先生のタイプ別に、いじめの原因となる所以は何なのかを見ていきましょう。




Sponsored Links

学校でのいじめの原因は○○の可能性もある?!


先日行なわれた内閣府の調査によると、「最も問題だと思う少年非行はいじめ」という結果が出ました。

なかなかなくならないいじめ問題。
それは決して許されざる行為です。

冒頭でもお話しましたが、いじめの原因を少年少女達にだけ押しつけていると、対応を誤る可能性があります。
なぜなら、先生が原因でいじめが発生しやすくなることもあるからです。

ここで、先生のタイプ別に説明しましょう。

大まかに先生のタイプは3種類に大別することができ、いじめが発生するリスクは次の通りとなります。

①専制型:先生が独断で意思決定を行ない、それを生徒たちに命令します。

例えば、クラスで一つの課題に取り組む時も最終目標は教えず、担当すべきことだけを命じます。
また、成績の良し悪しで生徒をひいきします。

このタイプの先生が担任になると、成績の向上は見られますが、生徒たちは強いストレスを受けます。
そのストレスを先生に直接向けることができないため、不満はスケープゴートにぶつけられることになり、いじめが起こりやすくなります。

②民主型:必ず生徒たちの意見を聞いて意思決定をします。

課題に取り組む場合も、最終目標を全員に伝え、困っている生徒のことを必ず助け、ほめながら課題に取り組ませます。
また、成績の良し悪しでひいきすることもありません。

このような先生が担当したクラスではいじめが起きにくく、生徒の成績も向上する傾向があります。
先生方全員が、このようなタイプを目指してくだされば、いじめは確実に減るはずです。

③放任型:充分な判断力が身についていない子供の場合、先生の指導は大切ですが、このタイプの先生は「生徒の自主性を尊重する」と言って生徒にアドバイスを与えようとしません。

どのようにして課題に取り組めばいいのかわからず困っている生徒がいても放任したまま。
このような先生のクラスでは生徒の成績はよくなりませんし、「◯◯さんがいじめられています」という報告を生徒から受けても、対応しません。

いじめは、少年少女達だけの問題でなく、このように先生が原因となっている場合がありますので、対応を誤らないようにしましょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. 「ペットロス症候群」の克服の方法とサポート
  2. 赤飯がお祝いで出される由来や意味とは?
  3. 簡単な開運方法…「バンザイ」と「グリコダッシュ」
  4. 「演技性人格障害」の人が有名人の名前を出す理由
  5. 鵺払い祭りの歴史と伝統(静岡県伊豆の国市)
  6. キリスト教の神父・牧師・司祭の違いとは?
  7. デートの「待ち合わせ場所」でわかる相手の心理と性格
  8. 最後の晩餐にはどんな意味があったのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「価値観の合わない人との付き合い方」はこう考えるべし

世の中には自分と全く同じ人間はいません。そして考え方が似ていても、全く同じということはありえませ…

初対面の人に平気で話かけられる心理って一体…

最近は婚活パーティーやお見合いパーティーなどが盛んに行われていると聞きます。パーティー会場で、初…

恨みを買わない生き方をすればお金が貯まる?!

ことわざに「金持ち喧嘩せず(かねもちけんかせず)」という言葉があります。喧嘩をしない、つまりhは…

夢占い…歌が上手い・歌声が聞こえる夢を見たときは?

あなたは今日どんな夢を見ましたか?人が寝ている間にみる夢には、現在の心理…

「ここだけの話ですが…」が口癖の人ってどんな人?

「ここだけの話ですが…」と前置きしてから話す人…あなたの周りにもいませんか?そんな前置き…

月別アーカイブ

2021年2月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 「B型✖牡牛座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  2. ブッダに多くの信徒が集まったのはなぜか?
  3. 風水の五大要素について
  4. 財布はピンク色が1番?!2018年「金運の上がる」財布の使い方
  5. 「色の好み」からわかる性格分類
Sponsored Links
PAGE TOP