ライフスタイル

なぜ三途の川には「六文銭」が必要なのか?

この世(此岸・しがん)とあの世(彼岸)をへだてる川こそ、「三途の川」です。
臨死体験をした人の中には、きれいな花が咲く川のほとりに立っていた、向こう岸から亡くなった知り合いが手招きしていたと話す人もたくさんいますから、三途の川は日本人の死生観に深く刻み込まれている風景ということなのでしょう。

昔は、亡くなった人の棺の中に、三途の川の渡し賃として六文銭を入れていました。
平安時代からはじまった風習ですが、なぜ六文銭を入れたのでしょうか?

三途の川は、平安時代の書物「地蔵十王経(じぞうじゅうおうぎょう)」に由来します。
三途の川には三つの流れがあり、生前の行いにより、善人は金銀七宝で作られた橋を渡り、罪の軽い人は浅水瀬(山水瀬・さんすいせ)といわれる浅い流れを渡り、罪の重い人は強深瀬(江淵深)と呼ばれる水深い難所を渡るとされました。

しかし、悪人こそ救済の対象とする浄土真宗が一般に普及した室町時代頃になると、罪の重さによって三つの異なる瀬を歩いて渡るというものから、渡し船に乗って渡るという考え方に変わってきたのです。
このときの乗船賃が六文というわけです。

なぜ六文かといえば、「六道輪廻(ろくどうりんね)」の思想に関係しています。
仏教では、人が死ぬと生前の行いに応じて、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道という六道を輪廻転生すると考えられています。
この六道から救済してくれるのがお地蔵様で、六道それぞれを担当する六地蔵へのお布施が六文銭なのです。

六文銭を持たない者は、三途の川の渡し場で奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんえおう)という鬼婆、鬼翁に身ぐるみはがされてしまいす。
はいだ衣装を木の枝にかけると生前の罪の重さがわかり、どの流れを渡るか決められるのです。
しかし、今では棺の中に金属類を入れて火葬することは禁じられているので、紙に印刷された六文銭が納められています。



関連記事

  1. 「ここだけの話ですが…」が口癖の人ってどんな人?
  2. 自分に自信がなく劣等感を感じてしまうのはなぜ?
  3. イエスの教えとは?山上の垂訓で示された教えの真髄
  4. 初期のキリスト教とはどんな教団だったのか?
  5. キリスト教における「ヤハウェの神」とは?
  6. 「秋ナスは嫁に食わすな」の由来と意味とは?
  7. 11日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  8. クリスマスはイエスキリストの誕生日ではない?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

初対面の人との話の切り出し方はこうするべき!?

初対面の人との会話....なかなか気まずいですよね。人見知りの方にとってはなおさら何を話していい…

「3月13日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

仕事の楽しみ方は自分で決める!そのコツとは?!

仕事はどうしても嫌なもの、楽しくないもの、というイメージがありますよね。…

自信を持つために大切なことは謙虚さと経験である

自分に自信を持ちたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、…

自分の仕事を完璧にこなしている自信はありますか?

たとえばあなたが、ずっと楽しみにしていた素敵なレストランに友達を連れて行ったとし…

月別アーカイブ

2020年1月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 言葉遣いは相手との距離感を左右する貴重な武器になる
  2. キリスト教の三大宗派の違いについて
  3. 「ありがとう」の言葉で幸せな毎日をつくる
  4. 「おかげさま」の意味や由来を知れば明日から使いたくなる
  5. 「まいった」「キツイ」などが口癖の人ってどんな人?
Sponsored Links
PAGE TOP