ライフスタイル

好かれる人の特徴とは「正直な心」にある

正直に、真摯に自分の気持ちを伝えてくれたら、否定的な言葉だとしても、悪い気持ちにはなりません。
むしろ、言いづらいことをよく言ってくれたなと、逆に相手への信頼度も増すのではないでしょうか。

あなたは常に周りの人に素直に接していますか?

今回は、「正直な心」を持つことについてお話ししたいと思います。



Sponsored Links
 

好かれる人の特徴は、正直な心にある


k22

心の許容量を増やすためには、自分を偽らないことです。
正直でいることです。
背伸びをして格好よく見せようとすると、どうしても欺瞞がにじみ出てしまいます。

他の人にイヤなことをされても、心の広い人はそう簡単には怒りません。
自分が弱く、無力だと思ってる人だけが、相手を拒絶しようとします。

また、心を閉ざしている人は、他人を拒絶するばかりか、自分をも拒絶します。
それが正直になれないことの大きな原因です。

もし否定的な感情が起きても、それを悪いものであるかのように扱ってはいけません。
ムリにのみ込もうとしてもいけません。

否定的な感情も、やはり感じたままに受け止めましょう。
ただし、客観的に正しく評価することが大切です。

相手に対して否定的な感情が湧き起こったら、それを隠さずに相手に伝えてみてもよいです。
「そういう話し方をされると、とても悲しい気持ちになります」
「ご迷惑でなければ、私の本当の気持ちを述べてもよろしいでしょうか?」

このように、自分の気持ちに正直になり、包み隠さず本音を出すようにすると、相手もあなたのことを信用してくれるようになります。
なぜなら、そうした発言には誠実さが溢れているからです。

否定的な感情が起きたとき、それを我慢してつくり笑いをするのはやめたほうが良いです。
どうしてもこわばった表情になってしまうし、相手にも「何か隠し事をしているな」と見抜かれてしまうからです。
したがって、否定的な感情をそのまま相手にさらけ出すほうが良いでしょう。

「私は、あなたのそういうところが好きになれない」
「そういう考えは、どうしても受けつけられません」

こんなふうにきちんと語りましょう。
これが自分の気持ちに正直になるためのコツです。
それによって、相手が不愉快になってしまったり、あなたのもとから去っていったりするのなら、それは相手のほうが心が狭かったということです。

ギクシャクした人間関係が早い段階で終わってくれたのだと、プラスの方向に解釈すれば良いのです。



関連記事

  1. 12日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  2. 7日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命…
  3. パワーストーン「サンストーン」の効果や浄化方法
  4. 2018年の初夢が悪夢…その意味(暗示)と対処法
  5. 端午の節句の由来や意味からわかる…実は「女の子」のお祭りだった?…
  6. 悪い言葉の影響を浄化するには「ツルカメ、ツルカメ」
  7. 心理学では無意識の「言い間違い」こそ本音だとされている?!
  8. 「イエスの弟子」たちの名前や人物像について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

姓名判断から占う「ファンタジスタさくらだ」と「BOSE」の結婚と離婚

タレントで実業家、女性エンターテイメント集団「あやまんJAPAN」の元メンバーの「ファンタジスタさく…

パワーストーン「シトリン」の効果や浄化方法

「シトリン(citrine)」は日本では「黄水晶(きすいしょう)」と呼ばれているように、黄金色の輝き…

ペルソナの意味を心理学から学んでみる

人は皆、仮面を被って生きています。皆、仮面を被ってそれぞれの役割を担っているから、社会は上手く成…

2017年天童市の人間将棋・天童桜まつりの歴史とアクセス(駐車場)

山形県は天童市の「天童桜まつり」で毎年4月中旬ころに催されるイベント…それが約8万人の人が来場す…

自分の顔が好きになれない場合はどうすればいいの?

可愛い子や美人な子はたくさんいるのに、なんで私はもっと美人に生まれてこなかったんだろう、親からもらっ…

月別アーカイブ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 達磨の「無功徳」の意味を知り自らをあらためる
  2. 「O型✖牡羊座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  3. 神経症の原因と主な症状について
  4. 我慢する力を育てる…真摯に向き合う事の大切さ
  5. 曹洞宗とは?…お経「南無釈迦牟尼仏」とその歴史
Sponsored Links
PAGE TOP