ライフスタイル

人はなぜ「負け惜しみ」を言うのか?

イソップ物語(イソップ寓話)の中に「すっぱいブドウ」という話があります。
お腹を空かしたキツネが、美味しそうなブドウがなっているのを見つけました。
ジャンプして取ろうとしますが、あと一歩というところで届きません。
そこでキツネは「どうせこのブドウはすっぱいに決まってる。誰が食べてやるものか!」と捨てぜりふを残して立ち去った…
というお話です。

早い話が、負け惜しみですが、このようにある行動に対し、後からもっともらしい理由をつけて自分の行動を正当化するのは「合理化」と呼ばれる心の働きです。

たとえば、好きでたまらない相手に「付き合ってください」と告白したところ、けんもほろろに断られたとしましょう。
すると、いきなりその人のことを「レベルが低すぎて自分にふさわしくない」と、不当に低く評価することがあります。

また、第一志望の大学を不合格になったとたん、「あの大学はダサいから、もともと好きになれなかった」などと言うこともあります。
また、苦労して手に入れたものが期待はずれだったときにも、合理化が行なわれます。

たとえばオークションでたくさんの人と競った結果、ようやく落札することができた美術品に傷があったとしましょう。
「高すぎた」「傷ものだった」ということを認めてしまうと、ショックあまりにも大きいため、「傷があった方が風情が出る」「これこそが本物の証」などと自分に都合よく考えます。

また、仕事などに失敗した場合は「これだけ努力したんだから、成果が出なくても充分だ」、「誰がやっても成功しないことだったんだ」などと自分を納得させるのです。

これを「甘いレモンの理論(苦労して手に入れたレモンは甘く感じる)」と言います。
このように考えることによって、私たちは心の不安を解消しているのですね。



関連記事

  1. 終末観の意味や思想とは何なのか?
  2. 「桐だんす」が日本で重宝されるわけとは?
  3. 今のままのあなたで幸せになれるのです
  4. 四大宗教の「金持ち」や「お金儲け」の考え方
  5. 自閉症の様々な種類と症状…自閉症をとりまく誤解とは?
  6. 神社での「おみくじの読み方」・「絵馬のつづり方」・「お札・お守り…
  7. 奈良「大神神社」のパワースポットとご利益
  8. 今日やるべきことを今日やろうとする時間の考え方とは?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

男子が好きな女の子にしかしない3つの言動があった!?

小さい頃に、あなたのことをいじめてきたり、意地悪なことを言ったりしてきた男の子が…

男が彼女を家族に紹介してくれない理由とは?

彼と長く付き合っていると、「結婚」という文字が必然と出てきます。そこで、結婚を考え始めたら、…

iPS細胞とキリスト教の微妙な関係とは?

iPS細胞…正式名称は人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう)といいます。この…

仕事が嫌になる時にはこう考え方を変えてみましょう

世間を見渡すと、仕事で悩み、精神的に参ってしまう…そんな人が増えているといいます。あなた…

彼との距離感は「サーモスタット効果」が大切?!

アメリカで行われた40組のカップルを対象にした親密度実験によると、マジックミラー越しに女性が他の男性…

月別アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 武田舞香(振付師)と中居正広の結婚を「姓名判断」から占う
  2. 好きな人とうまく話せない?好きな人を振り向かせる方法とは?!
  3. 挨拶(あいさつ)からわかるその人の性格とは?
  4. ディスティニーナンバー「5」を持つ人の使命と天職とは?
  5. パワーストーン「ルチルクォーツ」の効果や浄化方法
Sponsored Links
PAGE TOP