ライフスタイル

人はなぜ「負け惜しみ」を言うのか?

イソップ物語(イソップ寓話)の中に「すっぱいブドウ」という話があります。
お腹を空かしたキツネが、美味しそうなブドウがなっているのを見つけました。
ジャンプして取ろうとしますが、あと一歩というところで届きません。
そこでキツネは「どうせこのブドウはすっぱいに決まってる。誰が食べてやるものか!」と捨てぜりふを残して立ち去った…
というお話です。

早い話が、負け惜しみですが、このようにある行動に対し、後からもっともらしい理由をつけて自分の行動を正当化するのは「合理化」と呼ばれる心の働きです。

たとえば、好きでたまらない相手に「付き合ってください」と告白したところ、けんもほろろに断られたとしましょう。
すると、いきなりその人のことを「レベルが低すぎて自分にふさわしくない」と、不当に低く評価することがあります。

また、第一志望の大学を不合格になったとたん、「あの大学はダサいから、もともと好きになれなかった」などと言うこともあります。
また、苦労して手に入れたものが期待はずれだったときにも、合理化が行なわれます。

たとえばオークションでたくさんの人と競った結果、ようやく落札することができた美術品に傷があったとしましょう。
「高すぎた」「傷ものだった」ということを認めてしまうと、ショックあまりにも大きいため、「傷があった方が風情が出る」「これこそが本物の証」などと自分に都合よく考えます。

また、仕事などに失敗した場合は「これだけ努力したんだから、成果が出なくても充分だ」、「誰がやっても成功しないことだったんだ」などと自分を納得させるのです。

これを「甘いレモンの理論(苦労して手に入れたレモンは甘く感じる)」と言います。
このように考えることによって、私たちは心の不安を解消しているのですね。



関連記事

  1. 人のテリトリーにグイグイ来る人への対処法
  2. やっぱり幽霊は怖い!克服する方法はあるの?
  3. 表情と感情の関係を心理学の面から考える
  4. 塩で歯磨きをすると体の浄化に効果があるって本当?
  5. キリスト教などの「懺悔(ざんげ)」とは何か?
  6. 「色」の好みでわかる性格診断
  7. 鳥居をくぐるときの「一礼」と「足」について
  8. 9日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

2018年湯沢「犬っこまつり」の由来やアクセス(駐車場)

約400年もの長い間続いたといわれる湯沢地方の民俗行事「犬っこまつり」…毎年20万人ほどが訪れる…

全然違う?!…30代女の婚活と40代女の婚活の決定的な違い

婚活…と一言で言っても、婚活をする年齢が30代のときと40代のときでは違ってきます。そこで今…

「そこをなんとか…」が口癖の人は要注意?!

あなたの周りにもいませんか?「そこをなんとか…」が口癖の人が・・・「気持ちはわかるけれど…

ディスティニーナンバー「6」を持つ人の使命と天職とは?

ディスティニーナンバーに「6」を持つあなたの役割は、人々に奉仕することです。それは身体を使って尽…

なぜ泣く(涙を流す)とスッキリするのか?

つらかったことを正直に告白し「わたしはつらかった」と泣いたら、心のどこかでホッとしたということはない…

月別アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 携帯電話の電源を切る事で得ることとは?
  2. 姓名判断から占う「木村カエラ」と「瑛太」の結婚と離婚
  3. 6日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  4. 1日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  5. キリストを貫いたとされる「ロンギヌスの槍」とは?
Sponsored Links
PAGE TOP