ライフスタイル

キリスト教における「ヤハウェの神」とは?

キリスト教(および、その源流となったユダヤ教)で神とされる「ヤハウェ」は、もとは中東のシナイ山で信仰されていた火山の神であり、戦争の神であったと考えられています。
それが次第にユダヤ民族の神となっていき、世界や人間を創造し、万物を司る唯一全能の神と見なされるようになっていきました。

ユダヤ民族の文字であるヘブライ語でヤハウェは「YHWH」と表記され、この四文字は「神聖四文字(テトラグラマトン)」と呼ばれています。
しかし聖書の中に「神の名をみだりに唱えてはいけない」と記されているため、ユダヤ民族はヤハウェのことを「アドナイ(我が主)」とだけ呼びました。

これを引き継ぎ、キリスト教でもヤハウェは、基本的には「神」や「主」とだけ呼ばれています。
ちなみに、キリスト教・ユダヤ教の神をエホバと呼ぶこともありますが、これはユダヤ民族が世界に散らばっていった過程で、次第に「YHWH」の正確な読み方がわからなくなり、誤読されるようになった結果生まれた呼び方なのです。

ところで、ヤハウェはユダヤ教においては、気まぐれで残酷であり、ときに人間に罰を与える恐ろしい神として認識されていました。
人類を大洪水で滅ぼそうとした「ノアの方舟」の逸話は、その典型的な例です。

しかしキリスト教では、ヤハウェは慈愛によって人々を救う神と見なされています。
ここにも、「愛の宗教」であるキリスト教の特徴が現われているといえるでしょう。



関連記事

  1. デートの「待ち合わせ場所」でわかる相手の心理と性格
  2. 18日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  3. 奇跡は1ヵ月に1度起きている…リトルウッドの法則
  4. 高層階に住んでいる妊婦は流産の可能性が高いって本当なの?!
  5. 恋愛成就ならココ!六本木のパワースポットと神社で恋愛運UP
  6. 青森県「黒石よされ祭り」の歴史とアクセス(駐車場)
  7. 「色即是空」の意味を簡単に学ぶ
  8. パワースポット「霧島神宮」の属性と効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

花祭りと甘茶の由来を学んでみましょう

お釈迦様のお誕生日を祝う「花祭り」をご存知でしょうか?別名で「灌仏会(かんぶつえ)」、「花会式(…

「朝蜘蛛は親の仇でも殺すな 夜蜘蛛は親でも殺せ」の由来とは?

ところによって、あるいは人によって評価がまったく異なるというのはよくある話ですが、時間によって扱いが…

「いじめ」がなくならない理由とは何か?

文部科学省の調査によると、小・中・高・特別支援学校における「いじめの認知件数」は32万3,808件と…

長谷部誠と佐藤ありさの結婚は「人間関係」に注意!2人の名前に理由を発見

ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属で日本代表の長谷部誠さん(32歳)。そして、フ…

初対面の人と会話が上手く続かないのはなぜ?

様々な場所で様々な出会いがありますが、そこで初対面の人とは、なぜかいつも会話が上手くいかない・・・・…

月別アーカイブ

2021年1月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 恋愛成就ならココ!六本木のパワースポットと神社で恋愛運UP
  2. 「イエスの弟子」たちの名前や人物像について…
  3. 「お稲荷さん」の狐や祟りの由来と何なのか?
  4. 高御産巣日神のご利益と神話における役割
  5. 新潟県魚沼市の「浦佐毘沙門堂裸押合祭(2018年)」について
Sponsored Links
PAGE TOP