恋愛・結婚

この気持ちはライクorラブ?見分け方がわからない人へ

彼の事、すごく好きは好きなんだけど….。
この気持ちは、友達として….なのか、もしくは愛情がある好き….なのか。

う〜ん。何度考えても答えが出ない!

そんな時、簡単なテストで自分の本心を確認してみませんか?

そしてテストをした結果、この気持ちはやっぱりラブだったんだ!となった方へ。
その先へ進む方法をお教えします!




Sponsored Links
 

この気持ちはライクorラブ?見分け方がわからない人へ


「好き」という感情には、さまざまな種類があります。
家族への愛情、友情、仲間としての好感や信頼、憧れや尊敬の対象、そして異性への愛情などなど….。
なかでもあいまいで、迷いが生じやすいのが、「友達として”好き”なのか、異性として”愛してる”のか」。
ライクかラブかの判断ですね。

相手のことを本当に好きなのか、それとも友達の延長なのか、自分の感情の中でももっとも見極めが難しいのがこの問題でしょう。

とくに男性は、気に入った女性に対して、この、ライクかラブかの判断がつきにくくなることが多いようです。
「かわいいし、性格もいいみたいだし、なんかデートもできそうだし」というあいまいな理由でも、「惚れちゃった」となってしまいます。

その点女性は「いい人ね」「素敵な人ね」から、「愛してる」となるまでの段階が長く、ハードルも高い傾向があります。
男性が、好意的に接してくれる女性に対してその気になってアプローチをしたら、「そんなつもりじゃないのに」と引かれてしまった、というようなすれ違いは、この線引きの違いによるのでしょう。

さて、下記の項目は、アメリカの心理学者ルービンが老棠したライクとラブの指針です。
( )の中に特定の誰かの名前を入れて、それぞれの項目のような感情が湧くか、チェックしてみましょう。
1〜6の感情はライクと判定できる種類のもので、7〜12がラブと判定できる感情です。

気になる人が現れたら、その思いがライクなのかラブなのか確認してみましょう。
勘違いで自分の心を見失わないよう、くれぐれもご注意を。

ライクとラブの指針

ライク
1.( )は順応性があると思う。
2.( )は他人から賞賛されるような人になれると思う。
3.( )の判断力を信頼している。
4.( )をグループの代表に推薦したいと思う。
5.( )と私は、お互いによく似ていると思う。
6.( )と一緒にいる時、2人は同じ気持ちでいられる。

ラブ
7.( )と一緒にいることができないなら、みじめだろう。
8.( )のいない生活はとても辛いだろう。
9.( )が嫌な思いをしている時には、元気づけるのが私の役目である。
10.( )のためなら、どんなことでもするつもりである。
11.( )になら、どんなことでも打ち明けれそうな気がする。
12.( )と一緒の時、かなり長い時間、彼(彼女)をただ見つめていることがある。

さて、ライクではなくラブを感じた相手なら、友人から一歩抜け出して、恋人同士になりたいもの。
どうすればそのハードルを越えられるのでしょうか?

そんな悩みに効果のある方法をお教えします。

まず、アメリカの心理学者ザイオンスが実証した単純接触の効果を利用します。
これは何度も会う人には好意を持つようになる、という理論を証明した実験です。
彼は、10人の顔写真を用意し、被験者にランダムに見せる実験をしました。
顔写真によって5回、10回、20回と見せる回数を変えたところ、明らかに数多く見た写真の顔に好意を感じることが確認できたのです。

つまり会う回数が増えるにつれ、それだけ好意を持たれる可能性が高くなるということです。
これは、実際の人との対面でも行われましたが、同様の結果が得られました。
これを熟知性の原則といいます。

ただしこれは、相手の自分に対する第一印象が否定的ではないことが前提です。
初めに悪いイメージを持たれた場合、逆に会えば会うほど嫌われる可能性が高くなってしまうのです。

その逆の実験でも、興味深い結果が出ています。

アメリカのフィラデルフィアに住む5000組のカップルを調査した結果、3分の1が結婚を決めた時点でお互いに5ブロック以内の場所に住んでおり、また12
のカップルがすでに同居していました。
反対に、婚約中に離れて住んでいたカップルほど、結婚にゴールインできた比率が減っていました。
つまり、なかなか顔を合わせられない遠距離恋愛だと、愛も醒めてしまいやすい、ということです。
これをボッサードの法則といいます。



関連記事

  1. 木村文乃の結婚相手…千葉大樹(演技指導講師)との相性を占う!
  2. 一人暮らしが長い男とは結婚できないワケとは?
  3. 女性が失恋から立ち直る方法とは?
  4. 出会いがなくて心配…どうすればいいの?
  5. アラサー女性が「年下男性」に異常にモテるワケとは?
  6. DV彼氏と別れられない女の意外な特徴…「私は大丈夫」が1番危ない…
  7. 「B型で兄弟姉妹が二人以上の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!…
  8. あなたはズバリ浮気願望のある女性ですね?!浮気願望がわかる心理テ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

あなたの人生にはある人が大きく影響していた?!

名前とは何か?と聞かれた時に、多くの人は、ものを特定し、それを他のものと…

寿司を一貫、ニ貫と数えるようになった由来とは?

米飯と主に魚介類を組み合わせた日本料理…今や「SUSHI」と言っても海外で通じる「お寿司」のお話…

仏滅に結婚式を挙げるのってダメじゃないの?

日本には六曜(ろくよう・りくよう)があり、日によって先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口が決まっていま…

心臓疾患にかかりやすいタイプは性質でわかるってホント?

心臓疾患・・・・。恐ろしい病気ですよね。心筋梗塞などは何の前触れもなく、突然倒れたりする…

「3月25日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 姓名判断から占う「吉木りさ」と「和田正人」の結婚と離婚
  2. ことわざ「人を呪わば…」の「穴二つ」の意味とは?
  3. コスプレをする人の心理とはどういったものなのか?
  4. 「AB型✖牡牛座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  5. 夢占い…刑務所に行く・刑務所を脱獄する夢を見たら?
Sponsored Links
PAGE TOP