ライフスタイル

「秋ナスは嫁に食わすな」の由来と意味とは?

わが国にはいろいろな言い伝えが残っています。
たとえば、「夜に口笛を吹いてはいけない」とか「合わせ箸がマナー違反」などです。

しかし、その言い伝えは知っていても、その意味をあまりよく知らない…という方は多いです。
その意味を知ることにより、改めてその言い伝えを新鮮な気持ちで迎えることができるのではないでしょうか。

さて今回は「秋ナスは嫁に食わすな」…
この言い伝えの由来と意味について、探っていきたいと思います。




Sponsored Links
 

「秋ナスは嫁に食わすな」の由来と意味とは?



「秋ナスは嫁に食わすな」という言い伝えがあります。
この言い伝えの意味には諸説ありますが、もっとも一般的な解釈は姑の嫁いびりでしょう。

ナスは貴族に愛された野菜で、京都のナス栽培の歴史は古く、賀茂ナスいう特産のナスもあります。
ナスの旬は夏から秋にかけてで、とくに秋ナスは皮が柔らかくて味が良いのです。

そんなおいしいものを嫁なんかに食わせてやるか!…
そんな姑の思いが垣間見られるようです。
昔は、嫁は姑に仕えるというのが当たり前で、離縁の一番の理由が姑の嫁いびりだったそうですから、うなずける説ではあります。

一方、まったく逆の説もあります。
漢方ではナスは体を冷やす食べ物だとされています。

秋は季節の変わり目で体調を崩しやすいので、体を冷やす秋ナスは控えた方が良いのです。
嫁は跡取りを生んでくれるのだから、大事にした方がいいという、嫁いびりとは180度逆の解釈です。

16世紀の中国の代表的な薬草解説書「本草綱目(ほんぞうこうもく)」には、ナスをたくさん食べると腹痛や下痢を起こす、秋ナスはその作用が強いと書かれています。

また、江戸時代の本草学研究書の「本草綱目啓蒙」(小野蘭山・おのらんざん)にも、同様の内容が書かれています。
そこから考えると、秋ナスの食べ過ぎは体によくないと、嫁の体を心配する言い伝えのようにも思えてきます。
ですが本当に姑が嫁のことを心配していたのでしょうか。

さらに、こんな説もあります。
「古事記」や「日本書紀」の昔から、人々は大事な作物をネズミに食い荒らされるネズミ被害に頭を悩ませていました。

ネズミは大黒様の使いで、人の言葉を理解できると考えられていましたから、ネズミのご機嫌を損ねないように、「嫁御」とか「嫁さま」などと呼ぶ習慣がありました。
つまり、おいしい秋ナスをネズミに食べられるなという警句だという説もあるのです。


関連記事

  1. 自浄作用を高めるには「ダンスを踊ってみる」と効果あり!?
  2. 過去の辛い記憶のせい「今を楽しめない」と感じる人へ
  3. なぜ男の趣味は理解できないものが多いのか?
  4. 妻が夫を邪険に扱うと夫は早死する法則があった?!
  5. 無事是貴人(ぶじこれきじん)の意味を知り純粋な魂と出会う
  6. 「13」が縁起が悪い理由などなかった?!
  7. サンタクロースには「聖ニコラウス」というモデルがいた?!
  8. 「涙を流す」ことは浄化やスピリチュアル的に大きな意味を持つ?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

高尾山「火渡り祭」で諸願の成就

真言宗智山派の関東三大本山の一つで、登山でも有名な高尾山にある寺院…高尾山薬王院(たかおさんやく…

仕事をやらされている感が抜けない人はこうすればやる気が出る?!

多くの人にとって、仕事は嫌なもの…というイメージがあるかもしれません。「…

ほうきを踏んではいけない…と言われるワケとは?

こんなことわざを聞いたことはありませんか?…「ほうきを踏んではいけない」、「妊婦はほうきをまたい…

ブスだけどモテる女は男を落とす方法を自然とマスターしてた?

ブスだけどモテる女…あなたの周りでもそんな人はいませんか?なんであの子がモテるの?……

いい人だけどミスが多いのはなぜ?困った人に多い心理とは?

あなたの周りにこんな人がいませんか?何かと失敗やミスが多い…待ち合わせや職場で遅刻をする…

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 日本の「お年玉」の起源はお餅だった?!
  2. 占星術から占う「蛯原友里」と「ILMARI」の結婚と離婚
  3. AB型の女性が恋愛・人間関係・お金の面で得を呼び寄せるには?!
  4. 心や体の浄化に効果的な朝夜にすべきこととは?
  5. 美容整形をするとやはり人生変わるのか?
Sponsored Links
PAGE TOP