ライフスタイル

節分に豆を食べるのは大晦日だった?!

雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと…
それこそ「節分(せつぶん・せちぶん)」です。

現在、每年2月3日の節分では、各地で煎った豆を巻いて鬼を払い、年の数と同じ(一部では年の数より一つ多い)数だけ豆粒を食べます。
なぜ、このようなことを節分に行う風習が生まれたのでしょうか?…

実は元々、この風習は大みそかに行うものであったのです。
それがなぜ節分に行うようになったのでしょうか?…

旧暦の1月1日は、太陽暦に換算するとほぼ2月4日にあたります。
2月4日が立春と呼ばれているのはそのためで、昔は春の始まりが一年の始まりだったのです。

立春の前夜、2月3日はかつての大みそかであり、暦が変わった今もその風習が受け継がれています。
では、なぜ大みそかに豆をまいていたのでしょうか?…

豆は魔滅に通じ、鬼など人を害する存在を払う力があるとされたことから、旧年の魔を払って新年を迎える意図がありました。
豆を煎らなければならないのは、豆や鬼が陰陽五行説の属性で金に相当するからです。
陰陽五行説では金は火に弱いため、鬼になぞらえた豆を火で煎って封じ込め、人が食べてしまうことで鬼を退治するのです。

年の数だけ豆を食べるというのは、昔の人の数え年では誕生日ではなく元旦に年を一つ増やしていたことに由来するとされます。
年の数だけ豆を食べ、一つ年齢を増やす儀式としたのです。



関連記事

  1. 「かわいい」や「すごい」を連呼する女性 の心理
  2. 言葉遣いは相手との距離感を左右する貴重な武器になる
  3. 儲け話の詐欺にあう人ってどんな傾向にあるの?
  4. トラウマによる後遺症は気の強い人ほどかかりやすいって本当?
  5. 法隆寺小会式・四天王寺聖霊会の歴史とアクセス(駐車場)
  6. キリスト教における「七つの大罪」とは何か?
  7. 磐梯山(ばんだいさん)の自然エネルギー
  8. お金を貯めるために必要な心理(マインド)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

天台宗とは何?…祖・最澄と天台宗のこれまで

大乗仏教の宗派の一つ…天台宗(天台法華宗や法華円宗とも呼ばれる)についてご紹介しましょう。…

九星から占う「降谷建志」と「MEGUMI」の結婚生活や離婚の可能性は?

ミクスチャー・ロックバンド「Dragon Ash」のボーカル兼ギターの「降谷建志」さん…元グラビ…

キリスト教における終末観とは?

「終末観(しゅうまつかん)」という言葉はご存知でしょうか?「終末観」とは、世界の最後や人類の最終…

「AB型✖双子座」の性格や芸能人と言えばコレ?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。ここでは「AB型✖双子座…

AB型男性とB型女性の相性は?2人の付き合い方に秘密があった!?

血液型で男女の相性や付き合い方に関してみていきましょう。特にその中でも今回は…「AB型男…

月別アーカイブ

2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 神社にはなぜ「杉の木」が植えられることが多いのか?
  2. 大人になれない大人が増えている?
  3. パワーストーン「エメラルド」の効果や浄化方法
  4. 男が「愛してる」と嘘をつく時に見破る3つのポイント
  5. なぜ人は他人と同じ行動を取りたがるのか?
Sponsored Links
PAGE TOP