ライフスタイル

自分自身への破壊願望を持ってしまう原因とは?

日本国内の自殺者数は、平成10年以降急増し、減少の気配はうかがえません 。

ニュースでもよく目にしますし、昨今では人事事故で電車が止まり、足止めを食うことも頻繁にあります。

日本では、10万人あたりの自殺率は20.9人、と言われています。
また、世界保健機関(WHO)は2011年の時点では、日本の自殺率を世界10位(21.7%)と報告していました。

現在においても一向に後を絶たない自殺。
その原因となるものは一体どのようなところから生まれてくるのでしょうか。




Sponsored Links
 

自分自身への破壊願望を持ってしまう原因とは?


自殺とは、自分自身を破壊してしまいたい、という攻撃的な欲望に支配されて起こる行為です。

フロイトは、人の本能には生きることや成長することを求める生の本能(エロス)と、死や苦痛などを求める死の本能(タナトス)がつねに混在していると考えました。
この2つはバランスをとりながら融合していますが、なにかのきっかけで死の本能のほうが強くなってしまうとき、人は殺人や自殺について考えるようになります。

また、この死の本能は、攻撃力や破壊力と深い関係があるため、自分を傷つける自傷行為をしてしまうこともしばしばあります。

最近問題となっている若年層のリストカットや薬物中毒などは、この自傷行為にあたるもので、その延長線上には自殺という最悪の行為があります。

では、なぜ近年、この死の本能へと駆り立てられる人が増えているのでしょうか。

大きな要因の一つとして経済不況をはじめとした、社会不安があります。
自殺者が急増した平成10年頃は、企業による成果主義の導入など労働環境が激変し、サラリーマンにとっては精神的にストレスフルな社会転換がありました。
自殺者の年代別比率を見ると、50代以降が半数以上を占めていますが、彼らの自殺理由に、病苦と並んで多いのが、失業や倒産、生活苦などの経済問題なのです。

警察庁の統計資料によると、平成28年度中の自殺者の動機としては、1位は健康問題(自殺者数11014人・50%)、2位経済生活問題(自殺者数3522人・16%)、3位家庭問題(自殺者数3337人・15%)、4位勤務問題(自殺者数1978人・9%)、5位その他(自殺者数1148人・5%)、6位男女問題(自殺者数764人・3%)、7位学校問題(自殺者数319人・1%)となっています。

こうした大きな不安感が死の本能と結びついたとき、人の攻撃力や破壊力は、自分に向けられてしまうことがあるのかもしれません。




Sponsored Links

関連記事

  1. 禅の言葉「行住坐臥」の使い方を知り心を育てる
  2. ヒンドゥー教(バラモン教)の歴史と神々
  3. 時宗とは?…時宗の開祖「一遍」の踊り念仏
  4. 無事是貴人(ぶじこれきじん)の意味を知り純粋な魂と出会う
  5. 「なんでモテないんだろう…?」という男に優しくその答えをわからせ…
  6. 都会の人が「冷たい」と言われる心理的な理由とは?
  7. 人の性格を変えるには柔軟な発想が大切
  8. 2018年花山鉄砲まつりの概要とアクセス(駐車場)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「運がいい人」や「幸せな人」が毎日必ずやってることって?!

最近何かに対して感謝の気持ちを持ちましたか?「一日に何回も感謝の気持ちを…

十八番を「おはこ」となぜ呼ぶのか?

よくカラオケなどで、「この曲はオレの十八番なんだよ!」、「これは私のおはこなの!」という言葉を耳にし…

明るい服を着ると運気が高まるのはなぜ?

皆さんは「色の明るさ」に関して、普段から意識していますか?明るいもの、明るい色というのは、マイナ…

「3月2日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

あなたの人生にはある人が大きく影響していた?!

名前とは何か?と聞かれた時に、多くの人は、ものを特定し、それを他のものと…

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 身振り手振りでわかるその人の深層心理とは?
  2. O型男性の特徴と恋愛における攻略法とは?!
  3. 通勤電車の中でいつも見かける知らない人は気になる存在?
  4. おまじない…いつも彼氏に振られる女性のために
  5. 「でも」「しかし」が口癖の人の性格や心理
Sponsored Links
PAGE TOP