ライフスタイル

夢や目標には絶対的に期限を設定した方がいい理由とは?!




あなたは夢や目標を持った時、期限を決めずに「いつかきっと叶えるぞ」という気持ちで始めていませんか?

「いつかきっと」では、いつまでも叶いません。

例えば、英会話ができるようになりたい、という目標を持った時、今年中には日常会話は完璧に話せるようになる。
ダイエットをしよう、と決めたら、3ヶ月後には5kg痩せている。

このようにその夢や目標のタイムリミットを設けることがとても大切な理由をお話ししたいと思います。




Sponsored Links

夢や目標には絶対的に期限を設定した方がいい理由とは?!


仕事上でいうと、「この書類を、明日の夕方までに仕上げるように」と上司に言われたら、大抵の人は、そのタイムリミットを守って書類を作成しようとするでしょう。

でも、「時間があるときに、仕上げておいて」と言われたら、すぐには手をつけないでしょうし、もしかしたら、うっかりして忘れてしまうかもしれません。

その理由は単純です。
タイムリミットがあると、脳が本気になるからです。
逆に「いつでもいい」となると、なかなかエンジンがかからず、着手できないもの。

だから夢や願望にも、タイムリミットを設けましょう。
「いつかきっと」と思うだけでは、脳がダラけてしまい、”本気度”が薄れてしまいます。

資格をとりたいと強く願っていても、今年なのか、来年なのか決めていなければ、目先の本日限りのバーゲンセールに行きたくなったり、「今を楽しもう!」といったキャッチコピー付きの旅行の誘惑に負けてしまうでしょう。
これらも、たくみにタイムリミットを利用しているのです。

でも、「今年中に合格する」と期限を決めれば、自ずと今やるべきこともわかってきます。
やる気も高まり、「ショッピングや旅行は、合格してから」と思え、勉強に集中できるのです。

ひとつのことに集中しなければ、モチベーションが低下し、情熱や信念も揺らいでしまうのが人間の習性ですが、一方で、目の前のいろいろなことに意識が広がっていくのもまた、人間の習性です。

そこで、意識が散漫になるのを避け、集中力を高めるための、一番簡単な方法が、タイムリミットを設けることなのです。

あなたはいつまでに、その夢を叶えますか?
気楽な気持ちで、スパッと決めましょう。
なんとなくでOKです。
決めれば、不思議と実現できてしまうものなのです。

このように締めきりを設定することで、1分1秒をムダなく過ごせるようになり、夢や目標に大きく近づけます。




Sponsored Links


関連記事

  1. 実は危険が潜む人の強い意見に同調しやすい傾向について
  2. 聖母マリアとはどのような人物なのか?
  3. 禅語「冷暖自知」とはどのような意味か?
  4. あなたが逆境に強い女性になるための3つのコツ
  5. こんな事もうつ病のきっかけになることがあるの?
  6. 自浄作用を高めるには「ダンスを踊ってみる」と効果あり!?
  7. 霊や魂などの存在をどう解釈すればいいのか?
  8. 自分と対話する方法とその効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

心の病気かも…引きこもりの原因と症状

あなたの周りに引きこもりの人はいませんか?今や引きこもりという言葉をよく聞くようになりました。…

知っておくべき?!彼氏の宗教の見極め方と聞き方

人の信仰や宗教観は人それぞれです…たとえ家族であっても強制されるものではありません。しか…

学校でのいじめの原因は○○の可能性もある?!

いじめはいつの時代もなかなかなくならない深刻な問題の一つであると言えます。い…

気分が乗らない時の対処法は屋外で食事をするといい?

仕事で嫌なことがあった、またはなんだか最近様々なことが上手くいかない・・・・など、気分が乗らなくてモ…

集団パニックが起こる心理や原因とは…

実は人は不安や恐怖(ストレス)などから混乱した心理状態に陥り、パニック…つまり集合的逃走を起こす…

月別アーカイブ

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. あがり症を克服するためのリラックスの法則
  2. 「3月27日」生まれの人の性格や適職とは?
  3. 出会いや結婚における運気アップのための風水術とは?!
  4. 夢占い…綺麗な蝶の夢(空を飛ぶ蝶・蝶が花の蜜を吸うetc)
  5. 「AB型✖天秤座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
Sponsored Links
PAGE TOP