ライフスタイル

夢や目標には絶対的に期限を設定した方がいい理由とは?!




あなたは夢や目標を持った時、期限を決めずに「いつかきっと叶えるぞ」という気持ちで始めていませんか?

「いつかきっと」では、いつまでも叶いません。

例えば、英会話ができるようになりたい、という目標を持った時、今年中には日常会話は完璧に話せるようになる。
ダイエットをしよう、と決めたら、3ヶ月後には5kg痩せている。

このようにその夢や目標のタイムリミットを設けることがとても大切な理由をお話ししたいと思います。




Sponsored Links

夢や目標には絶対的に期限を設定した方がいい理由とは?!


仕事上でいうと、「この書類を、明日の夕方までに仕上げるように」と上司に言われたら、大抵の人は、そのタイムリミットを守って書類を作成しようとするでしょう。

でも、「時間があるときに、仕上げておいて」と言われたら、すぐには手をつけないでしょうし、もしかしたら、うっかりして忘れてしまうかもしれません。

その理由は単純です。
タイムリミットがあると、脳が本気になるからです。
逆に「いつでもいい」となると、なかなかエンジンがかからず、着手できないもの。

だから夢や願望にも、タイムリミットを設けましょう。
「いつかきっと」と思うだけでは、脳がダラけてしまい、”本気度”が薄れてしまいます。

資格をとりたいと強く願っていても、今年なのか、来年なのか決めていなければ、目先の本日限りのバーゲンセールに行きたくなったり、「今を楽しもう!」といったキャッチコピー付きの旅行の誘惑に負けてしまうでしょう。
これらも、たくみにタイムリミットを利用しているのです。

でも、「今年中に合格する」と期限を決めれば、自ずと今やるべきこともわかってきます。
やる気も高まり、「ショッピングや旅行は、合格してから」と思え、勉強に集中できるのです。

ひとつのことに集中しなければ、モチベーションが低下し、情熱や信念も揺らいでしまうのが人間の習性ですが、一方で、目の前のいろいろなことに意識が広がっていくのもまた、人間の習性です。

そこで、意識が散漫になるのを避け、集中力を高めるための、一番簡単な方法が、タイムリミットを設けることなのです。

あなたはいつまでに、その夢を叶えますか?
気楽な気持ちで、スパッと決めましょう。
なんとなくでOKです。
決めれば、不思議と実現できてしまうものなのです。

このように締めきりを設定することで、1分1秒をムダなく過ごせるようになり、夢や目標に大きく近づけます。




Sponsored Links


関連記事

  1. 「演技性人格障害」の人が有名人の名前を出す理由
  2. 「目撃証言」の信憑性ってかなり低いの?
  3. 気にならないようにする生き方
  4. 豆まき(節分)の由来と豆知識
  5. 熊本県のパワースポット「阿蘇神社」の功徳とは?
  6. 聖母マリアとはどのような人物なのか?
  7. 2018年の復活祭(イースター)は「4月1日(日曜日)」
  8. ペットが人の健康を左右する?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

聖母マリアとはどのような人物なのか?

カトリックの大切な聖母、イエスのお母様である方がマリアなのはご存知かと思います。…

火星の人面岩(ピラミッド)の原因は「パレイドリア」だった?!

火星を探査していたバイキグ1号が1976年7月25日に撮影したある写真が、大反響を呼んだことがありま…

美人でも結婚できない30代女性の特徴と共通点に衝撃!?

30代・40代でも年齢を感じさせないほどとても美人な女性はたくさんいます。そんないつまでも美人の…

仕事が見つからない…と不安を抱えている人が縛られている考え方とは?!

周りは順調に仕事を見つけるのに、自分はなかなか就職先が決まらない…突然のリス…

「O型×天秤(てんびん)座」男性の取り扱い説明書

気になる人や好きな男性の性格、恋愛観を知りたい!と思ったことはありませんか?…

月別アーカイブ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. A型の女性が恋愛・人間関係・お金の面で得を呼び寄せるには?!
  2. 「AB型✖魚座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  3. 子どもが制服の仕事に憧れるのは心理的影響からくるものだった?!
  4. 秋保大滝不動尊春例大祭の見どころとアクセス
  5. 元彼と今カノを別れさせるための3つの「秘密のおまじない」
Sponsored Links
PAGE TOP